駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

心にも体にも優しい・・・☆東水巻駅・3

駅は、心のふるさと・・・私はそう思います。悲しいことがあっても、苦しいことがあっても
切ない想いがあっても・・・立ち寄った人々の心を癒してくれるような気がします。
今の私も・・そんな気持ちです。駅に行きたい・・・そうすれば、きっと元気になれる・・・
今、そんな気持ちです。

東水巻駅☆1、2の続きです。

改札口を通り過ぎて、振り返ってみました。自動改札機が一つだけありました。


前を見ると、そこには階段が・・・。足の不自由な方も、階段が苦手な方も・・・
みなさん、心配しないでくださいね・・・大丈夫ですよ。
20070929211556.jpg

階段の横には、緩やかなスロープがあります。車椅子の方も安心ですね。
20070929205828.jpg

暑い日は、私も階段が苦手です。今回は、スロープを使ってホームに向かいました。うれしい・・とても楽です。 そして、周囲には緑が一杯です。
20070929205850.jpg

ホームに着きました。上から駅舎と屋根を眺めてみました。
20070929205918.jpg

20070929210033.jpg

のりばは2つだけ。 島式ホームになっています。←たぶん・・これでよいと思うのですが。
ホームを取り囲むように左右に線路があります。
20070929210100.jpg

ホームです。
20070929210131.jpg 20070929210149.jpg

雨が降っても安心ですね。
20070929210225.jpg 20070929210251.jpg

こうやって、線路が見えるとホームとわかるのですが・・・・
20070929210318.jpg

真ん中だけを見ると、ホームという感じがしませんよね。初めて車窓から見たときに、一瞬
「え?公園?」そう思ってしまった私です。
20070929211850.jpg

東水巻駅・・・ログハウス造りの木のぬくもりと、植物たちからの自然の安らぎ、そして・・・
さりげないバリアフリー・・・心にも体にも優しい駅でした。
20070929205719.jpg 20070929205740.jpg

駅は優しくて、本当に優しくて・・・・
切なくても、何も言わずに包み込んでくれる、そんな優しさ。
だから、私は駅に向かうのですね。

いつでも、どんなときでも・・・この場所では元気でいたい私です。
静かにそっと・・頑張ります・・・。
 [ 2007/09/29 22:00 ]  東水巻駅 | TB(0) | コメント(10)

木の香りがする駅舎☆東水巻駅・2

前回の記事「木の香りに包まれて☆東水巻駅・その1」の続きです。
これから駅舎の中に入ります。天井を見上げてみました。風が動いているのを体で感じます。
20070926164816.jpg
自動券売機が木の中に埋め込まれているけれど、違和感がありません。
どうしてなのでしょう・・。不思議です。
20070926164850.jpg 20070926164902.jpg

竣工記念の小鳥の飾りの下には、「木のぬくもりは自然のやすらぎ・・・」 
そう書いてありました。
右の写真は・・・何でしょう? 次の2枚の写真の下の方に答えが出ています。
20070926165102.jpg 20070926165043.jpg

木のベンチです。座っていると、居心地がよくて・・・・
もう少しこの場所に居たくて・・・実は、電車を1本遅らせてしまいました。
人は、自然の中にいると・・・心が落ち着くのですね。
20070926164932.jpg
駅舎の案内には・・・
『このログハウスは、皆様方に自然の鼓動と森の安らぎを感じていただくために計画しました。
ログ原木は、すべて日本三大美林の一つとして名高い「日田杉」を使用し、
建設にあたり【大分県日田郡森林組合 ログ・ハウジング】のご協力をいただきました。  
昭和63年3月13日 』   そのように書いてありました。
20070926164958.jpg

駅舎の窓から、向日葵が見えます。  ホームは・・・その上にあります。
20070926165222.jpg

みなさん・・・私と一緒に改札口を抜けてみませんか?次の記事では、ホームへと続きます。
20070926165205.jpg

駅舎の右横に見えるのは・・・何でしょう?(’’;???
20070926165751.jpg


 [ 2007/09/26 18:00 ]  東水巻駅 | TB(0) | コメント(7)

木の香りに包まれて☆東水巻駅・その1

秋の気配を感じる駅で、向日葵が最後の力を振り絞りながら
精一杯、空を見上げようとしていました。
向日葵
そこは、折尾駅の一つ手前の駅でした。
駅舎よりもホームの方が高い位置にあり、今まで気がつかなかった私でした。
今回、何気なく車窓から外を見た時に、ホームの様子がなんとなく違うことを発見しました。

東水巻駅1
ここで、降りてみたい・・・私はそう思いました。
ホームと駅舎までの様子は後日お伝えしますが、駅舎を見て・・・驚きました。
そう・・ログハウスの造りだったのです。
木の香りに包まれた瞬間、なんともいえないほど心が和んできました。

東水巻駅2
釘が使われていないですね。木が組み込んであります。

東水巻駅4
ここは、東水巻駅です。夏の花の向日葵と
秋の訪れを告げる彼岸花が同じ場所で咲いていました。
東水巻駅7 彼岸花

この駅舎の中に、入ってみたくなりませんか?次の記事で、中をご案内しますね。

東水巻駅5
この日は祝日でした。

東水巻駅6

うれしかったこと・・・・

ひっそりとした駅の中、他にはどなたもいらっしゃいませんでした。
母は、自分から駅長さんに話しかけていました。
「この娘(こ)が 電車の中から見つけて、この駅で降りたいと言ったのですよ。」
駅長さんは驚かれて
「この駅を見るためにですか?それはどうも・・・。」
笑顔で答えてくださいました。
母もずっと笑顔で、これからも駅の旅をしたいと言いました。

母にとっては、いつまでたっても私は「この娘(こ)」なのだな
そう思うと、母のことを大切にしなくては・・・そう思いました。

駅・・そして列車たち・・・素敵な想いをありがとう。

 [ 2007/09/24 18:01 ]  東水巻駅 | TB(0) | コメント(5)
プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-