駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏の思い出

狭小対策パンタグラフの・・・◆マーク東京駅で撮ってた・・・

スポンサーサイト

ホームの柱で見つけたもの

ある晴れた夏の日、私は門司港駅のホームの柱を見ていました。
なぜなら・・・私は門司港駅の黒い柱が大好きだから・・・。
今回は、上を見ます。
下の3枚の写真は、クリックすると大きくなります。
木の柱に、古いレールがつけてあります。これはどうしてかな?なんて思いながら
よ~く見てみると・・・何か書いてある白いものを見つけました。
ん?あれは・・・
『建物財産標』・・・鉄・・・そう書いてあります。
門司港 第2乗降場・・の横には何と書いてあるのか・・ちょっと(・・?!??
大正3年に建てられたのですね。
検索してみると、(他の駅ですが)駅舎や待合室にも建物財産標が貼ってあるのですね。
今度訪れた時には、他の場所も探してみようと思いました。
見つめる私・・・

古いレールが、ほんのちょっとだけ形を変えて、駅を守ってくれています。
レールは、いつでもどこでも・・さりげなく鉄道を支えているのですね。
もうちょっと近づいて写真を撮ればよかった・・・


もじこう・・・という文字が見えなければ、どこのホームなのかわからい・・そんな写真です
大好きなホーム・・・

いつの日か・・・大好きな駅のホーム、そして線路、車両を素敵に撮ることができますように・・・。

駅って・・鉄道って素敵ですね。415系
私もこの駅から、素敵な想いをレールに乗せてゆきたいな・・・そう思っています。

レールのお話し☆双頭レール?

今日はレールのお話しです。
大好きなレールのお話しから、双頭レールのことにつなげて記事を書きたいと思います。
すみません、レールのこと・・よくわからないままですが、書きます・・。
まるで子供の夏休みの自由研究と同じ感覚のようです。

このレールは、普通のレールです。(果たして、『普通・・』という書き方でよいのか・・。)
3月の機関車のイベント鉄道部品販売会場で購入したレールの輪切りです。
私の大切な宝物・・・こうやって眺めたり、たまに触ったりすると・・落ち着くから不思議です。

普通のレールは、底部よりも頭部の方が小さいですよね。レールはみんな同じ・・そう思っていた私だったのですが、先日、鉄道記念館で「ある1本のレール」をよ~く見てみると・・・・
ピカピカに光っているものもあったけれど、私が言ったのは・・・「一番汚れてて・・古そうなのください!」販売してあった方の驚いたお顔が忘れられません。だけど、一生懸命に探してくださいました。 saraの大事なレール。輪切りだけど宝物。本当はもっと長いのが欲しい。レールに触れていたい。

↓下の写真をクリックすると大きくなります。
あれれ・・・頭部と底部が同じ形になっています。これは何?どうして? 
実は、これは『双頭レール』といって、頭部が摩耗したら上下を逆にして使用することが考えられていたそうなのですが、実際には座鉄に接する下部が摩耗していたので使用できなかったそうです・・・ということは、今現在はこのレールは無いということなのですよね。
このレールは、鋳鉄製チェア(座鉄)上に木のくさびで固定して使用していたそうです。
(『座鉄』これはちょっとわかりませんでした。)

双頭レール・・・・呼んで字のごとく・・・どちらも頭でよいのかな・・・なんて思いながら説明を読みました。
このレールは・・・
【国名】イギリス 【製造会社】ダーリントン 【製造年】不明 【発見場所】長崎保線区
重さ:1mあたり 29.8kg(60ポンド )、 1本の長さは 7.315m (24フィート)

駅、そして鉄道記念館にも、何度も足を運ぶたびにいろんな発見をして帰ってくる私です。
他のレールのお話しもあるのですが、それはまた後日・・・。

私がいつも助けてもらっている鉄道の本です。
右に実物大の50kgレールの絵が描いてあります。私が持っているレールの輪切りと合わせてみると、大きさが全然違うので、私のレールは30kgレールなのかな・・・なんて思いました。
こちらの写真もクリックすると大きくなります。
付箋がたくさん付けてあるでしょう?(^^;
保線だけでなく、車両のこともたくさん書いてあるのですよ。
わからないことが一杯なので、いつもパソコンの近くに置いています。
(後ろに写っているのは楽譜です。おたまじゃくしが一杯ですね。)o(*^^*)o
この本、初心者の私にはとてもわかりやすくて助かっています。
 [ 2007/08/26 15:55 ]  線路のことから | TB(0) | コメント(9)

品川駅でポスト発見♪

品川駅で素敵なポストを見つけてしまいました。 品川駅のポスト
あまりにも可愛くて、そこでじ~っと見つめてしまった私。これは電車の形・・ですね。

横に書いてある説明を読んでみました。
これは、国鉄時代に活躍した荷物兼郵便車『クモユニ』(すみません、私にはよくわかりません・・。)をイメージした形に、東海道線電車の湘南色(これはわかります。)で仕上げ、鉄道発祥の地「品川」に相応しい『郵便車型ポスト』としたそうです。

見つけた瞬間、そこから動けないほどでした。だって、可愛い・・。

そして、よく見てみると・・・なんと、この電車のポスト・・・レールの上にいるのです。
レールが見えますか?すごいですよね!私、とっても嬉しくなりました。私も・・欲しいなぁ・・。
レール付き電車型ポスト・・・。九州にもあったらいいな・・なんて思いました。
ね?すごいでしょ?

感激して、こちらからもパチリ・・・。
(通り過ぎる人のを気にしながら撮影。←こんな感じ。)
ちょっと横向き加減でパチリ・・。 東京駅起点・・そう書いてあります。

そうそう、ここには 『郵便ポスト&0kmポスト』 そう書いてありました。

それから、品川駅でお弁当を買ってしまった私・・・これも嬉しくて・・。
実は、そのお弁当の包みの裏に「品川駅創業記念碑」のことが書いてあったのです。
(だけど、創業記念碑って・・どこにあったのだろう・・。←わからないまま帰ってしまった私です。)
お弁当は、またの機会にアップしますね。

駅のホームで見つけたもの

ここは品川駅の(確か・・)1番のりば。抹茶
平日の金曜日←すみません、土曜日の朝でした。(暑さで思考回路がマヒしている私。)
人がいっぱい・・・迷子になりそう。←実は、品川駅のある場所で
迷子になってしまった私です。
この日は、もう夕方には羽田に向かわなくてはならないから・・急いで行動しなくちゃ・・・。
そう、涼しい午前中のうちに・・・なんて思っていた時に・・・
「こ、こ、これは・・・。」 なんとティラノくんではありませんか・・・。
どうしてホームにティラノサウルスの絵が描いてあるの?
まさかここで発掘されたわけでもないし。
(娘に聞いてみたけれど、(・・?!??←本当に悩んでいる・・。)
よく見ると、鉄道発祥の地・・そう書いてあります。
円の中の三角の形はティラノくんの足跡になっています。
じーっと見ている間に、電車は行ってしまいました。抹茶
品川3
御茶ノ水駅の電車の絵と同じで、あまりにも可愛くて、この絵を踏めない~
・・・・・・そんな気持ちになってしまいました。
もしかすると、他の駅のホームでも何かが見つかるかもしれませんね。

品川駅では、他にも・・とても可愛いものを見つけました。
(可愛いという表現って・・いけないのかな。)
今回のお気に入りなので・・・・どんな風に記事を書こうかな、なんて思っています。

抹茶・・・今回はケーキにちなんで、このような名前にしてしまった私です。(^^;

ガチャガチャ・・・ぽんっ☆(山手線)

春に作った抹茶ケーキと同じ電車を撮りたくて、ここにきました。抹茶
上野にて。国立科学博物館には寄ることができなかったけれど、昨年と同じ場所から。抹茶色の電車・・・きれいに撮ることができませんでした。



そして、ここで登場するのがカプセルプラレール。
大事に大事に・・・あ、緑色が見える。もしかすると・・・。
オレンジ色とピンク色のカプセルの中には、いったい何が入っているのかな・・。


C11・・ここなのかな・・・新橋駅

今回の東京行きは本当にハードスケジュールで、一番の目的地以外は、今振り返るとどうやって移動してどんなふうに写真を撮っていたのか、自分でもあまり覚えていないほどでした。
そんな中、2日目は朝からとても暑かったのですが、新橋駅のホームに降りて、後ろを振り返った瞬間・・・私の目に飛び込んできたのは・・・そう、あれは、蒸気機関車!!もしかすると・・・
(↓クリックすると大きくなります。)
うるるさん、ここかな・・・そうだったらいいな。同じ場所だったらどんなに素敵だろう。


実は、私のブログを覗いてくださっているある女性が、私の過去記事の九州の石炭資料館の展示車両C11の記事を読んで (その方がよく通る公園に蒸気機関車があって)それがC11だったのですよとコメントを書いてくださったのです。違うかもしれないけれど・・ここなのかな。
ここは新橋駅前です。駅前広場・・だったかな。

急いで降りていって、近くで見てみました。(この日はとっても暑かったです。)
東京の公園?他の広場にもC11が置いてあるところって・・あるのかな。ここだといいな・・・。
今回の旅は、いろんな場所で同じことを思いました。
屋外に展示されているのにとてもきれいでした。そして、周りにはお花が植えられていて、どなたかがお水をかけてありました。きっと、周囲の人たちから大切に見守られているのだろうな・・・・
そう思いました。
黒い車体に太陽の光が降り注ぎます。 C11・・ねぇ、教えて・・あなたの仲間は、他の公園や広場にいるの?

もしも、この場所だったら・・・そう思い、いろんな角度から見てきました。たとえお会いできなくても、ブログで知り合えた方と同じ場所で、同じものを見ることができる・・・たとえそれまでの時間や距離はあったとしても、同じものに『共感』する気持ちはきっと変わらない・・・私はいつもそう思っていました。(今回の旅では、いろんな場所で、そして駅でそのことを感じました。)
だけど・・

訪れてよかった・・ 汽笛を聞きたかったな・・

今はビルに囲まれた蒸気機関車・・だけど、私は違った意味で違和感が無いと感じました。
それは、蒸気機関車は鉄道の始まりからその時代を駆け抜けて、歴史を物語っているから・・・
彼らが頑張って走っていた時代に、この国は少しずつ栄えていったのだから・・・。
緑の中でひっそりと体を休めている蒸気機関車、都会の中で多くの人に見つめられて過ごす蒸気機関車・・・その黒い車体からは、きっと何かを伝えているのだろうな・・そう思った私でした。

線路から思うこと

毎日暑い日が続きますね。
今日は、ニュースや新聞から二つほど・・そして、線路を見て感じたことを書きたいと思います。

8月15日の午後に、暑さで線路が歪む・・というニュースが入りました。
埼玉県小川町の東武東上線小川町―森林公園駅間で、線路の一部で暑さのために膨張したとみられるゆがみが見つかったそうです。(線路が数メートルにわたって外側に最大約5センチ膨らんでいたということです。)
作業員の方約20人が線路に水をかけて冷やした後、ゆがみを補修されました。
この日の気温は、約38.5度・・・線路も暑さと戦っているのですね。そして、それを管理する人たちも・・・そう、安全を守るために・・・。暑い中での保線作業、本当にお疲れ様です。
くれぐれもお体に気をつけられてください。

そして、8月16日の西日本新聞から。☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
東京のある駅の近くの車両基地(東京地下鉄の東西線←私はよくわかりませんが。)、
炎天下でスパナを握り、焼けたレールと格闘している保線作業員の方の写真が掲載されていました。
この方は九州出身の方で、思わず新聞を見入ってしまった私です。
摩耗するレールを研磨機でならし、油を塗る・・その作業は、山仕事の枝打ちや下草刈りと似ているそうで、手を抜けば木はやせる・・・『大事なのは愛情と毎日の世話』 レールも生きものだ・・・そう書いてありました。
私の祖父も毎日の仕事から帰って、そして休日にも田畑や山の手入れをしていたそうです。
レールも生きもの・・・祖父も同じように思っていたのではないだろうか。
ふとそんなことを思いました。
人間だって、気温の変化で体調不良になります。レールも・・同じ。暑さ、寒さ(雪も)・・・
その度に作業が必要になるのですね。(他にもたくさんの点検・管理などがありますよね。)


ここからは、私の線路の(・・?!??です。
東小金井駅で、線路をじっと見ていて・・・「あれ?」 (写真は2枚とも大きくなります。)
これは「ささえ継ぎ」・・・だけどその部分だけが木のマクラギです。
私、コンクリートのマクラギの中で、継ぎ目だけが木というのは初めて見ました。
思い出に・・そう思って撮ろうとしたら・・・
同じ駅で・・・あ、こちらは「かけ継ぎ」です。
疑問がどんどん出てきます

線路を見ていると、いろんな発見がありました。
他にもあるのですが、今回はこの辺で・・・。
 [ 2007/08/18 16:06 ]  線路のことから | TB(0) | コメント(10)

下関駅、ふく、電車、うどん・・・そして・・・

JR下関駅のホームです。柱などは、かなり古いのかな・・・
そう思いました。
長くて大きなホームだなって思ったのですが、なぜかちょっと淋しい雰囲気・・・そう思ったのは私だけなのかな。
「しものせき」・・・この文字を見るだけでいろんな想いが募ります。
この場所に立てたこと・・・。そして、生前・・亡き父が毎年車で休憩をとりながら
連れてきてくれた場所・・・「下関」。
しものせき・・・なのです
私は・・ここに立ったのは初めてです。
その時です、ローズピンクの車体がチラリと見えました。もしかすると・・・。
下関駅のホームです。昔と同じですか?
そうです!春に門司港駅で見た、あの415系がいました。
あ、415系だ!!門司港駅で見た、あの415系・・。
信じられない・・下関で会えるなんて。うれしい、とってもうれしい。
暑い中、必死で写真を撮っている私を・・運転士さんは不思議そうに見ていました。
↓私・・珍しい???(すみません・・写真も斜めになっていますよね。体も・・ナナメでした。)
涙が出るほど・・うれしい。本当に・・・
そして、下関駅なのですが、今はこのような感じです。正直、どのように撮ったらよいのかわかりませんでした。難しい・・←私だけ・・?
下関駅です。 昔の駅を知らない私・・・今はこのような感じです。

駅前には、大きな建物が。これはホテルかな?(近くまで歩くこともできない状態・・。)
駅前にはこのような建物が・・・・
暑くて、もうどうにかなりそう・・そんなときに「ふく」発見・・。
リアルすぎて、ちょっと怖かったりして。(^^;
そして、びっくりしたのが・・・・これ そう、『ふく』・・・・これはいったい・・何?


もしかすると・・そう
これは日時計でした。
『ふく』の日時計でした。
黄色い車両、初めて見ました。これは・・気動車なのかな。
「はじめまして、こんにちは♪」思わずそう呟いてしまいました。
はじめまして、こんにちは♪
そして、ここがホームにある「うどんやさん」です。
ここです・・・
下関名物、ふくてんうどん、そば。450円。食べたい・・だけど、やっぱり無理だ・・・。
でも、食べたい・・どうしよう・・残すと悪いし。今回は諦めよう・・。saraの葛藤でした。
せめて、ふく天の写真だけでも・・・・思い切りズームアップして、ふく天を撮りました。
食べたい・・・ まぼろしの「ふく天うどん」・・・・

ふく天うどん、食べたかった・・・残念。
下関のホームにて。さりげなく・・手を洗えますね。
手を洗うところ?

下関駅で、「JR西日本」の文字を見たときに、また感激。
こうやって記事を書きながら、思い出すと嬉しくて・・・ここから先に進みたくなる自分を止められない・・・そんな気持ちです。(進めるのは気持ちだけなのですけれど・・・。)
カテゴリーの中に『下関駅』を追加したのもそんな気持ちからです。絶対にここを通って・・
行くぞ・・そんな気持ち・・・・頑張ります。( ^ ^ )Y 
 [ 2007/08/17 22:05 ]  下関駅 その周辺 | TB(0) | コメント(4)

門司駅から(いよいよ・・関門トンネル)

東京でのいろんな発見はまだ残っているのですが、門司~下関間のことだけを先にお伝えしたいと思います。
お伝えする・・というよりも、私の感激、感動、発見、疑問の記事になってしまいますが・・・。(^^;
お時間がある方はよろしかったらお付き合いしていただけますか?

実は、今回は娘の希望で門司港に行きました。(←中学生になって、いろいろと思うところがあるようで・・。)プールや海に入れない娘ですが、海を見るのは大好きなのです。
東京から帰ってきてまだ2週間足らず、体調も完全に戻ったわけではありませんでしたが
ここは娘のために頑張ってきました・・・そう書きたいところですが、いつのまにかそれが自分のため・・・になってしまったという・・。←反省。m(_ _)m (鉄道記念館にも行ってしまったし。)

そうなのです、下関へ行こう!そう決めたのは門司港で海を見ていて急に思いついたのです。
「シルル、『ふく天うどん』 食べに行こう!!」 「うそぉ~!こんなに暑いのに?」
「ブルートレインの前に・・電車でトンネルを抜けよう!」

こうと決めたら台風がこようと、大雨が降ろうと即実行の私。
門司港駅から門司駅へ向かいました。
この絵の通り、本当に行きます。
本では見たことがあるけれど、トンネルはどこにあるのかな。
本当にこの先を通ると思うとドキドキします。
ここは6番のりばだったと思うのですが、真ん中の4番のりばからだともっときれいに撮れたのだと思いました。残念・・というか、そこまで走る時間がありませんでした。
鉄道の写真を撮る=体力が必要・・を実感
そして、問題の下の写真ですが(クリックすると大きくなります。)赤い○で囲んだところには
「交直切替」、オレンジ色の矢印のところ(柱)には「ここで転換」、黄色の○で囲んだところには
「交直転換」そう書いてありました。
切り替え、転換・・・えっと・・・
そして、ホームの柱で発見。これは?「港」「関上り」「関下り」関・・これは下関?
港・・これはもしかすると門司港?
暑いです、本当に暑い・・まるで岩盤浴みたいです。 これ、何だろう?

疑問を残しつつ、下関へ向かいます。車両の写真を撮る時間が無かったのですが
座席に座って上を見ると・・・。
下関行き。本当に下関に行きます。うれしいな・・。 車両の写真が撮れなかったので・・

そして、ここでびっくり!発車するちょっと前に、電気が消えてしまったのです。
これはなぜなのかな。下関から戻る時にも同じように電気が消えたのです。
近くで「停電??」という声が聞こえました。だけど、デッドセクションを通過している時は何事も無かったような気がしたのですが・・。
そして、窓の横を見ると・・・このような金具が。これは何かを掛けるものでしょうか。
あ、電気が・・・消えて、またついて・・。 この金具は何でしょう?窓の傍には必ず付いている??

車内から・・うまく撮れるかな。感激です・・なぜかというと・・飛行機や車ではなくて
鉄道を使って九州から本州へ行くのですから。475系
振り返れば、この1年・・鉄道から・・いろんな感動を分けてもらいました。
↓たった一つの場所が、言葉にできないほどの感動の通過地点だったりもする・・。
それはまるで、人生と同じなのかもしれませんね。
うれしい・・本当に通過するんだ。
そして、トンネルの中へ。線路が見えますか?本当は真っ暗だったのですが
明るさを修正すると線路が浮かび上がってきました。よかった。
トンネルの中です。
トンネルを抜けると、海とコンテナがたくさん見えました。
トンネルを抜けると  コンテナがたくさん見えました

私の小さな夢は、本当に少しずつ、一つずつですが叶えられてゆくような気がしています。
多少の困難はありますが・・・。

そして・・・下関のホームで、思いがけずに「またいつか会いたい!」
そう思っていた車両にめぐり会えました。
嬉しくて嬉しくて・・・その瞬間は元気いっぱいでシャッターを押しました。体はヘトヘトでしたが、ココロは車両の色と同じローズピンクのように明るくなった私です。(以前、門司港駅で見た415系・・正式な色は何色なのだろう・・。)
続きは・・・次回・・まぼろしの『ふく天うどん』と共にお伝えしたいと思っています。。

独り言☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
明日からお仕事再開です。(昨夜からたっぷり水分補給。回復してよかった・・。)
駅のおかげで、今年の夏も元気に過ごせています。( ^ ^ )Y 




 [ 2007/08/16 17:03 ]  門司駅 | TB(0) | コメント(4)

練習・・・?

この夏の暑い中、私の頭はちょっとおかしくなってしまったのか・・・。
だけど、ちょうどいい機会かな・・なんて思ってしまい・・思い切って決めてしまいました。
それも突然。
ちょっと無謀だったと思います。
だけど、これぐらい乗れなきゃ、ブルートレインには乗れない・・・。はやぶさ
そう、練習です。
まずは・・・九州から出てみなくちゃ。電車に乗って・・・。475系
 [ 2007/08/15 21:34 ]  下関駅 その周辺 | TB(0) | コメント(3)

思いがけなく・・・

思いがけなくうれしかったことがふたつ。
一つは東小金井駅で、オレンジ色の電車を待っている間に・・・・・
ふっと上を向いたら・・・遠くから薄紫色の電車が見えました。
思わずシャッターを押して、走り去るところをパチリ。
もしかして、もしかすると・・・これはスーパーあずさ??
遠くからだったのでよくわからなかったけれど、帰ってからよく見てみるとそうみたいですが・・。
そうだとしたら、振り子式車両ですね。近くで・・正面から見たかったな・・・。
だけど、偶然・・この場所で見ることができるなんて・・・神様、ありがとう・・そんな気持ちでした。
↓クリックすると大きくなります。
スーパーあずさ???違うかな・・・。

そして、もう一つの思いがけなかったこと。(ここは・・いったいどこなのやら・・。)
 [ 2007/08/14 20:40 ]  車両のこと | TB(0) | コメント(2)

オレンジ色の電車

昨年の夏のある駅との出あいから・・・鉄道のことを想うようになった私ですが、そこには時代の流れと・・それに繋がる何かがあったような気がしています。
初めて訪れた駅なのに懐かしい気持ちになったり、写真でしか見たことがなかった世界なのに、現実に目の前で見ることができた感動。
平凡な毎日の中で少しずつ変わりゆく街並み、駅、車両・・・そして、私たち人間も確実に年を重ねています。
東小金井駅では保線作業があっていました。ここには1時間近くいました。なぜかというとここがいちばん人が少なかったからです。201系とE233系を何度見送ったかな・・。本当はもうちょっとここに居たい気持ちでした。
私がどうしてオレンジ色の電車に乗りたかったのかは、いろんな理由があるのですが
置き換えが進んでいる今、どうしてもこの夏に行かなければ来年の春にはきっと後悔する・・
そう思っていたのです。

実際に見て、乗車して・・そして、私の気持ちです。


御茶ノ水にて

可愛い・・・。
か・か・か・・・かわいい・・・♪

九州のホームにも電車の絵を描いて欲しいな・・なんて思ったけれど、無理かな。
だけど、これなら間違えずに乗り換えができそう・・・。
すっごく可愛い・・なんて思うのは私だけなのかな。
とてもこの上にのれないよ・・・

この場所は、その昔 さだまさしさんの歌、『檸檬』の舞台となったところなのですね。
私は『檸檬』の歌詞を知らなくて、この場所で初めて聞きました。

喰べかけの檸檬聖橋から放る
快速電車の赤い色がそれとすれ違う


この歌詞は、きっとこの場所のことなのですね。(違うかな・・。)
クリックすると大きくなります。
ここから眺めたかったのです♪
東京に着いた当日はかなり無理をしてしまったので、御茶ノ水でしばらく休憩しました。
この日の夕方は台風の影響?なのか風が気持ちよくて、都会の夏の涼風が
私の頬を撫でてくれたような気がしました。

駅から歩いて・・・繋がる想い

武蔵小金井駅から東小金井駅へ・・・E233系に乗りました。
車内は鉄道雑誌で見た通り・・握り棒が通路側に湾曲していて、それが一番印象に残りました。
E233系に乗りました。

右の写真・・・いったい「何?」そう思われますよね。携帯でサッと撮影。
車内の写真が1枚欲しいなと思ったのですが、ここではこれが精一杯でした。
(答えは写真の上にマウスポインタを合わせてくださいね。)
もうちょっと乗っていたいな・・だけど・・わぁ、急がなくちゃ・・・閉まっちゃう。 携帯でこっそり・・E233系のシートです。

そして、着いた所は東小金井駅です。
東小金井駅 いよいよ・・・です。ドキドキしてきました。

駅の前に、大きな案内板がありました。あ・・、ここにもオレンジ色の電車が・・。
来年もこのまま残っているといいな・・そんなことを思いました。201系 sara
案内板にも・・可愛い・・。
ここはサクラの模様なのですね。私が住んでいるところは秋の花の模様です。
街を見渡しながら、なんだかとても住みやすくて落ち着くところだなって思いました。
九州から遠く離れた東京の地で、どんな風に青春時代を過ごしたのかな・・・いつもそう思っていました。
だけど、この街は・・・なんとなく似ているね・・・駅の近くに学校があるところも、緑があるところも・・・私はそう呟いていました。
(本当に、私が住んでいる街に似ていました。)o(*^^*)o
マンホール 消火栓

マンホール一つにしても、街の様子にしても気になってしまうのには訳がありました。

都市計画のこと、それはどこに住んでいようと どこにいようと・・気になるもの・・。

駅から・・・(武蔵小金井駅)

8月3日・・・台風の影響で飛行機が欠航するかどうかはギリギリまでわからないということで、朝6:30に空港へ向かった私でしたが、予定通りに運航するということでホッとひと安心・・。
無事に羽田に到着して、ある駅へと向かいました。
その場所は、私にとって初めて訪れるところ・・・だけど、ずっとずっと前から、何もかもが変わってしまう前に行きたかったところだったのです。
そう、そしてこの夏にどうしても乗りたかった電車で・・・
実は数週間前から、いろんなサイトで201系とE233系が半々ぐらいになっているのでは・・という記事を読んでいたので、もしかすると本当に?待っていても乗れないの?ちょっとだけそんな不安がありました。
そして、しばらくして案内が流れて・・オレンジ色の車体がホームに滑りこんできました。201系 sara
その時の気持ち・・・どう表現したらよいのでしょう。夢が現実に・・その言葉がピッタリかもしれません。
その電車に乗って、たどり着いた駅は・・・・・

(今回は、恥ずかしすぎる写真ばかりです。ブレていたり、きちんと撮れていなかったり・・・。)
駅は工事中で、北口から出てきました。えっと、緑の屋根の駅舎は・・?もしかすると・・もう無くなっちゃった?そんなことない・・反対側に行ってみよう。
私の夫が4年間過ごした街。様子は変わっていたけれど、そのままの場所が駅前にはありました。  大学2年か3年の時に、201系がここを走り始めたようです。今年、その電車が置き換えになり、駅の高架化工事も進み・・工学部のキャンパスも移動することが決まりました。

その時に、ガーっという音が・・もしかすると、「あ、201系だ!」走り去るところをパチリ。
あ・・遅かった・・・・ちょっとしか写っていない・・・。
実は、この写真は私が撮った1枚目・・なのです。(駅のホームにはたくさんの人がいらっしゃったので、ここではこの1枚だけ・・。東小金井駅で撮れるといいな、そう思っていました。)
オレンジ色の電車も駅もキャンパスも・・私が知らない青春時代を知っている・・・それが無くなってしまう。
そして、ぐるっと回ると・・・ありました、昔と同じだという緑色の屋根の駅舎が。
(建て替えられてしまう前に来てよかった。)o(*^^*)o
だから行きたかったのです。何もかもが無くなる前に。
「武蔵小金井駅」です。
間に合ってよかった・・心からそう思いました。 駅は・・昔のまま。

↓現在地(駅)の表示が立体的になっているのですね。これ、すごくわかりやすいですね。今まで気がつかなかっただけかもしれませんが、私はこちら(九州)では矢印だけしか見たことがないような・・。
ここから先にも行きたかったけれど、時間的に無理でした。o(*^^*)o

プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。