駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鉄道部品から・・・これは何?そして885系お鼻貯金

イベントといえば、楽しみなのが鉄道部品販売コーナーですね。
購入するしないは別として、いろんな発見をしたい私にとっては、ワクワクドキドキの瞬間です。
10/7は、たくさんの鉄道ファンの方の中に・・・私も娘と30分並びました。
駅長さんから、「頑張ってくださいね!」そう声をかけていただいてうれしい♪・・・そう思ったのも束の間・・・時間になると、みなさん、ダッシュ 「お母さん、甘いよ~。」←娘の呟き。
娘が言うには、「あのね、イベントに来るときはもう少し気合い入れなきゃ!今度からスニーカーにリュックよ!」ということらしいです。←本当かな?

今回は、大きなレールの輪切りと、右の写真の車両の行き先表示札?(みなさん、サボ・・とか言ってあったみたいですが、正式名称はあるのでしょうか。)を購入・・・門司港が欲しかったのです。
左のレールは、3月のイベントで購入したもので、先日調べていただいたのですが、30kgレールだそうです。今度購入した右のレールは、40kgレールかな?それとも50kgレールかな?
20071031134909.jpg 20071031134924.jpg

そして、今回、一番最初に私の目に入ったのが『これ!』でした。
「抽選、¥88,500・・・高いなぁ、何だろう、これ。」(抽選ということは人気があるのかな・・。)
 あれ?これ、もしかしてもしかすると・・・もしかしてじゃなくて、やっぱり!!
20071030143349.jpg

そうなのです、885系・かもめのお鼻でした。私が885系のこの部分が大好きなことは、みなさんご存知ですよね。半分だけど、885系のお鼻が目の前に!じぃ~っと見ている私に
娘がひと言 「これから885系のお鼻貯金すれば?」 思わず・・(笑)
だけど、半分で¥88,500完全な形だと¥177,000・・・これから考えても、車両にはどのくらいのお金がかけられているのかな?そう思ってしまった私です。
★追記★
今、気が付いたのですが、もしかすると・・885系だから¥88,500なのかな??
20071030143151.jpg
半分しかないけれど、885系のお鼻・・・そう思うとやはり、その場所に何度も行ってしまう私でした。お仕事始めたら、885系・お鼻貯金・・・しよう。
実は、私が写真を撮っていると、「これでいいですか?」JRの方が撮影しやすいように885系のお鼻を移動してくださったのです。本当に嬉しかったです。


ここから先は、(・・?!?? すみません、ただ写真を載せているだけです。
よろしかったら・・お時間のある方はどうぞ。( ^ ^ )

懐かしい扇風機の横には、踏み台のようなものがありました。そこに書いてある記号に・・・
あれ?オハネフ・・オハネ・・・「ネ」は確か寝台車。これは寝台車のどこかの部分なのですね。
(だけど、踏み台にしか見えない・・・。これはいったい何だろう?)
20071031140911.jpg
左は速度計、使用停止と書いてありますね。右は、お値段しかわかりませんが¥15,000。
20071030144331.jpg
左は木製のテーブルでした。たぶん、787系のではないかな・・なんて思っています。
20071030144219.jpg 20071030144301.jpg

こちらでは、「もうこれだけですよ。」そんな声が聞こえていました。
783系のこの部分なのかな。もしかすると、こちらのは古い時のものなのかな・・。
20071030144208.jpg 20071030144240.jpg

こちらは7/14に小倉工場で見たものですが、左はブルートレインの車掌室配電盤・・・そう書いてありました。私にはどのようなものかはわかりませんが、気になった部分があったのでちょっと写真を撮りました。
20071031133130.jpg
詳しく調べてからと思ったのですが、先にアップしてしまいます。
見えにくくなっていますが、上の方には駅名対照表・・そう書いてあるみたいです。
ここに書いてあるのは駅名ではないですよね。回送から番号がついていて、はやぶさ、さくらもあれば、ゆうづるやはくつるもあって・・・すみません、これはまだまだ先のお勉強にします。
20071031133152.jpg

今度は銘板が欲しいね・・・母と話している私です。
スポンサーサイト

クモヤ740のこと

はじめに・・・・いつも訪問してくださるみなさまへ・・・。
お休みしている間にたくさんの助言をいただきまして、本当にありがとうございました。m(_ _)m  
みなさまのお言葉の一つ一つをしっかりと受けとめながら、1歩1歩進んでゆきたいと思っております。本当にありがとうございました。
そして、「鉄道が好き。」この気持ちを、ずっとずっと大切にしてゆきたいと思っています。

こちらの記事は、実はお休みする前に書いていたのですが、少し追記して本日、更新しました。

10月14日の鉄道の日に行われた「小倉工場まつり」では、787系・「有明」の車内(運転室)の見学もあって、そこには多くのお客様が並んでありました。
ところが・・・その向こうの方に、何やら懐かしいような色の車両が見えました。
そのまた向こうの機関車の方にもたくさんの人がいるのに、そこだけ・・・なぜか・・静か。 
なんだか気になって、そちらへと向かいました。

古くて車体に傷みが目立っていたせいか、数人の方しか足をとめていませんでした。
(近くで、「これは古いなぁ~。」「ボ○だ~。」←(○にしてすみません。可哀想でそのまま書けませんでした。)そんな声が・・。
だけど、私は、なぜかこの色の車両に心が動いてしまうのです。なぜだかわかりませんが、
なぜか惹かれてしまうのです。そう思うと、私の変な好奇心がムクムク~っと出てきてしまって・・・・・観察

まず、見上げてみて、これはパンタグラフが屋根についてるからきっと電車・・(←すみません、素人考えですね。)・・なんて思いながら、よく見てみると・・・あれ?「クモヤ740」と書いてあります。ここで私は、???(・・?!??
20071017105508.jpg

「クモ」は、モーターがあり運転室のある車両で、「ヤ」は牽引車・試験車。
(「ヤ」のことは この場所ではわかりませんでした。)
「7」が交流電車で「4」が事業用車・・・そして、車体の側面を見てまた気になりました。
20071017105556.jpg

窓の横に、ルーバーがあります。思わず近づいて、ルーバーの横の窓から中を覗いてみると、大きな機器が積んであります。 「まるで機関車みたい!」私はそう思いました。
そして、車内半分は座席もなく、ガランとしています。「これは、何?」
私の中にたくさんの疑問が生まれてしまいました。
いろいろと調べていたのですが、その日も そして帰ってからも、この車両が何なのか
何のためのものなのかわかりませんでした。

電車のようなのに、車内に積んであるたくさんの機器と車体側面のルーバーが「機関車」を
イメージしてしまって、本に書いてある車両形式と照らし合わせれば合わせようとするほど
わからなくなってしまったのです。←これこそ、本当にですよね。
これは電車?機関車?(機関車ではないと思いつつ、もうこの時はすでに混乱状態・・。

↓(これから修復されるのでしょうね。きれいになってからまた会うことができるといいな。)
20071017105626.jpg

しばらく悩んでいた時に、鉄道にお詳しい方からクモヤ740のことを教えていただいて
やっとこの車両が何なのかがわかりました。
動力の無い車両を牽引したり、運転台の無い車両を制御したりするための
車両なのだそうです。
そして、直流電車からの改造なので交流用の機器が積んである・・・そのことを知って
やっと私の中の「なぜ?何?どうして?」が解決しました。
20071017105651.jpg

そして、こちらの銘板なのですが、たくさん付いているのは「なぜ?」その疑問も
製造・更新・改造とその度にきちんと付けられるということがわかりました。
銘板は、車両を製造したり改造して世に送り出す際に取り付ける大切なもの・・・なのでしょうね。
これから銘板を見る時には、また違った気持ちで見てしまいそうです。
(今まで見ていたのですが、何気なく見ていた自分に気がつきました。)
20071017105724.jpg
これを見て・・・あ、いけない・・・(積)と(空)の続きを書かなくてはと思いつつ、
そのままになっていました。(比較する写真はいろいろと撮っていたのですが。)
だけど、クモヤ740もこちらの写真と同じ(積と空が同じ。
・・・・これでは比較にならないですね
20071017105742.jpg
車体塗装は赤2号にクリーム色4号の全面警戒色・・・ここで色を覚えることができました。
そして、警戒色はこの色だけなのかなと思ってしまった私です。

初めて見た車両から、「何だろう?」・・・小さな疑問が生まれます。
大好きな車両のある部分を見て、その構造がどうなっているのかを知りたくなります。
知りたくて知りたくて・・・やはりそんな毎日です。

みなさまへ・・・本当にありがとうございました。
11月からはとても忙しくなりますが、時間を見つけては更新してしまいそうです。
ちいさな疑問から大きな好奇心を持ってしまう私ですが・・これからもどうぞよろしくお願いいたします。


お休みしている間に

2年前に本を片手にブログを始めた頃は、何も考えずにただ面白くてそれだけで書いていた私でした。
だけど、ある切っ掛けからブログについて考えてしまうことがあり、もう一度ブログについて調べてみました。すると・・・

☆ブログはネット上に公開する日記・・・「誰が見てもよい」と思う日記を書かなくてはトラブルの元になってしまうので注意が必要・・・。
★内容としては時事ニュースや専門的トピックスに関して自らの専門や立場に根ざした分析や意見を表明したり、他のサイトの著者と議論したりする形式が多く、従来からある単なる日記サイト(著者の行動記録や身辺雑記)とは区別されることが多い。

☆・・・わかってはいるものの、私は、何もかもを包み隠しながら表現することが苦手です。
そして、何よりも駅の写真を撮り始めた動機が「想う」ことを抜きにしては進むことができず・・・オブラートに包みながらの表現が、誤解されることにも含まれるのでは・・・そう思いました。(大好きな想いの駅・・どうしてカテゴリーに載せられないのか、それはとてもとても深い理由があります。逝ってしまった当時の状況と時代の流れ・・。私が大切にしたくて、そっと想う理由もここにあります。全てを表現できたら、どんなに楽でしょう。)

★・・・そして、このこと・・・これなのです・・・私が少し考えなくてはならないのかなと思ったこと・・・。ここでまたうまく表現できないと誤解されるといけないので控えますが、私の変な好奇心・・わからないままの好奇心だけで知識の豊富な方々から教えていただくだけのブログでよいのかどうか・・・。ただ深く考えずに、好きな駅と車両の写真だけをアップするだけにすれば誰が見てもよい日記・・になるのかな・・・とか・・いろいろ考えてしまいました。

☆と★を読んで、ブログに向いていない私は非公開設定にして、ノートに書くように進めてゆく方がよいのかなとも思いました。
それならば、その前に自分で頑張ってみよう・・・お休みしている間に、一人で分岐器のことをこっそり過去記事(覚え書き)として調べてみました。(コメントを受け付けない設定にして。)自分では慎重に書いたつもりでしたが、ある切っ掛けから・・・間違いを指摘していただいて「もしかすると!」そう思って見直してみると、やはり記事の本文中も間違ったまま書いていました。
その時に思ったのです。たとえ過去記事としてでも検索すれば多くの方の目に触れたかもしれない、それも間違えたまま・・・。だけど、私に知識が無いからこそ、公開することで専門的にお詳しい方が気付いてくださって教えていただけるありがたさを改めて感じた出来事でした。

そして、毎日のように考えていました。やっぱり、写真だけ載せよう、何も考えずに・・とか、
何も言葉を書かなければいいのかも・・とか。
先週まで、せっかく時間がたくさんあったのに・・鉄道の本も読まないようにしました。
だけど・・・・・
昨日、電車を待つ間にホームの端まで行って、「この分岐器は・・確か、分岐しない方の線路が直線だから・・もしかすると片開き?(でも、レールが曲がってる?こう書いていて間違っているかもしれません。)」 そんなことを考えてしまう自分がいます。


そして、先日小倉工場で見たたくさんの台車の中で、たった一つ・・883の数字を見たときに思わず「これはもしかすると・・。」そして走って尋ねに行くと、「883(パーパーサン)、そうですよ。ソニックです。」それを聞いたときの喜び・・。大好きな車両の一部、ソニックはボルスタレス台車・・・枕ハリがない台車と枕ハリ(ボルスタ)のある台車を本でしか見たことがなかった私は、
詳しいことはわからないけれど実物を見てとても感激してしまいました。
本には、台車は乗り心地を左右する大切な装置と書いてあったので、ソニックが颯爽と走る姿の下には、この台車が活躍しているのだなと思うと、家に帰ってからまた写真と本を見比べてしまいました。(そうしてもまだきちんとわかってはいませんが。)
20071026162710.jpg 20071026162636.jpg

まだ自分の気持ちは、これからどうやって記事を書いていったらよいのかわかりません。
だけど、駅のホームに立ってもレールや車両が気になって、それだけでは想いが・・止められないのは事実です。
写真だけでは・・・もの足りない、見ているだけでは・・イヤ!、知りたい、やっぱり知りたい、好きだから知りたいのです。線路だけ、車両だけ、一つずつ調べてゆけばいいのかもしれません・・
だけど子供と同じようなこの好奇心が、どうしても何もかもに興味を持ってしまうのです・・・。
20071026162536.jpg
もしも・・ここまで読んでくださった方がいらっしゃったとしたら・・
本当に長々とすみませんでした。
まとまりのない、何を書いているかわからない一方的な記事になってしまいました。

書かない・・のではなく・・書きたいけれど、いろんなこと(もう一つの子供と音楽ブログでのコメントでのトラブルで非公開にした件も含めて)が重なって、ネットで公開するという意味を考えるとなぜか書くことができなかった私のいろんな思いです。
 [ 2007/10/26 18:13 ]  いろんな想い | TB(0) | コメント(8)

10/19・お知らせの追記・・・・

今回、お休みするにあたって、やはり今の私の気持ちを正直にお伝えしておかないと、今までいろんなことを教えてくださったみなさんに申し訳ない・・・そう思いましたので、過去記事としてになっておりますが、こちらに書きたいと思います。

実は、これは何にしてでも・・・私の好奇心の強さがいけない方へ向いてしまうのです。最初はこのような気持ちになるとは思ってもみなかったので、ただ気になることだけの写真を撮って、何かな・・ぐらいの気持ちでした。
だけど、月日が経つにつれ 好きな車両や見たことがなくて「??」そう思ってしまうことに出あうと、知りたくてどうしようもなくなりました。
ひとつの「想い」からもっと知りたくて、広がりたくて駅のブログを作りました。みなさん、とても親切で丁寧に教えてくださって本当に感謝しております。多くの知識を持った方々とお話しをさせていただけることが本当に嬉しくて、いろんなことを知ってゆくうちに、私はどんどん記事を書きたくなりました。

だけど・・・気がついたのです。自分では頑張って調べているつもりでも、やはり深くまでは理解できないことがあり、勘違いしたまま長々とコメントをしてしまったりすることが多くて・・・それならば控えればよいことなのに・・・どうしても書いてしまう自分がいるのです。記事にしても・・・わからなさ過ぎるままに甘えて書いてる自分もいけないなと思い始めていました。

「駅」で書いていると・・・私は、また一つのことを深く知りたくなります。中途半端に調べて・・みなさんが丁寧に教えてくださるのにきちんと理解できていない自分・・・。
そして、みなさんのところへもお邪魔させていただくだけにすればよいのに、どうしてもコメントをしてしまう自分が・・・とても悲しいのです。そして、とても的外れなことを書いてしまうことが多いのです。
(これは言い訳になってしまいますが、これは私の体調から、学生時代まで公共の交通機関をあまり利用できなくて、親戚に鉄道関係者がいながら・・私の(鉄道の)知識は本当に幼い子供さんよりも無いかもしれません・・。)
その時は、嬉しくてついつい書いてしまう・・・だけど、あとで読み返すと・・・みなさんの大切なブログを私の変なコメントでコメント欄を汚してしまったような気持ちになってしまいました。
みなさん、とてもお優しいのでそれに甘えてしまっている自分がまた情けなくて・・。そして、このまま「駅」で続けてゆくとまたその繰り返しになりそうな気がして、「駅」から離れないといけないかなと思いました。

だけどやはり好きなのですね。何もかも・・・。昨夜、ゆふいんの森に乗車して、もう気持ちが溢れて仕方がありませんでした。
4時間半・・・ゆふいんの森という列車とその中でのふれあい・・やはり鉄道は優しくて(難しいですが)離れることができません・・。

忙しくなるのも事実なのですが、書きたい気持ちは一杯・・だけど、今は自分のこの気持ちと変な好奇心(これが一番の問題ですね。)をどう抑えてブログとつき合ってゆくか・・・もう少し考えてみたいと思っています。

最後に一つだけ・・・書いてもよろしいでしょうか。

鉄道を愛される方々の心は、本当にみなさん優しくて温かい・・・そう感じております。
もしもみなさんとお知り合いになれなかったら・・・私はきっと「駅」を続けてこれなかったと思います。
(実は、このブログを開設してから 来週の10/23で1年になります。)

それはまるでレールがどこまでも繋がってゆくのと同じで、年齢や性別や住んでいる地域が違っても・・・伝わ(え)ることができるのかな・・・私はそう信じたいと思っています。

本当に 心からありがとうございました。
こうやって書いている間にも感謝の気持ちで一杯です。
 [ 2007/10/18 00:00 ]  いろんな想い | TB(-) | コメント(4)

分岐器のこと・2

日付は10月17日として・・・・今日も過去記事として書いています。

2007・10/22
とても恥ずかしいことを発見・・・・自分でも気がつかずに入力していたのにはビックリしました。
それは何かというと、片開き分岐器なのに・・・「方」と入力していたこと・・。訪問先で指摘していただいて、思わず、「きゃぁ~~~!」←このような状態になってしまった私でした。
間違いを指摘していただけるということは本当にありがたいことです。
本当に、本当に・・・ありがたいことです。

そして・・・もしかすると、こちらの覚え書き『分岐器・1』(こっそり記事)にも間違いがあるかも・・・・そう思って見直してみると、「あー!やっぱり・・。」もう、本当にカラスがたくさん頭の上を飛んでいる気持ちになりました。
急いで訂正・・・。実は以前・・過去記事でシミュレーションのことを教えて頂いて訂正したことがありました。できることならばコメントを受け付ける設定にしたいけれど、やはり、それではまた甘えになってしまう・・・。でも、一人でこそこそ書いていると、私のことだから間違えたまま記事にしてしまうかもしれない・・・いえ、もうそうなっている。とにかく慎重に、ゆっくり書いてみよう・・・。

今日、知ったことです。
「転てつ器」はポイント部を表し、転てつ器を転換する機械そのものは「転てつ機」と呼ぶそうです。
よく考えてみると、本当にそうですね。
電気転てつ機、電空転てつ機(?????)、発条転てつ機(スプリングポイント)などがあるそうです。
スプリングポイント・・・どこかで見ました、読みました!!!今からお勉強に行ってきます。
確か・・・目印は「S」だったみたい・・・。

一つの言葉から何かが繋がる・・・線路と同じような気がします。

(漢字の間違い・・・ないかな。)

明日こそ元気になりますように・・・。
 [ 2007/10/17 23:42 ]  線路のことから | TB(0) | CM(-)

分岐器のこと・1

お休みしている間に、自分でこっそりと調べたり勉強するのは悪いことではないと思うから、過去記事としてこの場所を「分岐器」のことについて書いてゆきたいと思います。
せっかくわかりかけてきたことが・・・このままだとまた忘れてしまう・・・わからなくなってしまう。
今日から少しずつ、書きとめておきます。そう・・いつかこのブログを再開できるその日まで。

2007・10/21
今まで私は、普通分岐器の区別さえつきませんでした。持っている本には写真も無く、詳しい説明も無い・・・あるのは名称と名前だけ。私にはどんなに頑張っても全てが同じに見えました。
自分が撮影してきた写真を見ても、全くわからない。みなさん、どうしてもっと複雑な分岐器がおわかりになるのだろう・・・どこで区別するのだろう・・・・本を見てもわからない私って、本当におバカさんなのかも・・・そう思ってしまうほど悩んでしまいました。
なので・・もしも質問しても、理解できなかったらどうしよう・・・・そう思うと、自分から聞くことができなかったのです。

今日は、嬉しいことがありました。ある方のブログを拝見させていただいて、片開き、両開き、振り分け分岐器のことがやっとわかったのです。
今日は体調がよくないので、自分が撮ってきた写真と比べるのは後日にして、今日・・わかったことを書いておきたいと思います。

片開き分岐器分岐しない線路が直線のもの←この説明でハッキリとわかりました。
両開き分岐器=同じ割合で左右の線路が分岐しているもの
振り分け分岐器=左右の線路が異なる場合で分岐

そして、三枝分岐器を分けると、片開きと両開きの普通分岐器になること・・・それを写真と一緒に見て理解できた時は、とても嬉しくて仕方がありませんでした。疑問が一つでも解決できるとうれしい・・本当に嬉しい。
分岐器のことはどのくらい悩んだだろう。悩んで悩んで・・でもわからなくて。
これから少しずつ覚え書きとしてここに書いて、普通分岐器ならパッと見てもわかるようになりたいなと思っています。いつになるかはわからないけれど・・・。

曲線区間に分岐器を設けたもののうち、分岐線が内方へ分岐するものを内方分岐器、外側へ分岐するものを外方分岐器・・これももう少し調べてみようと思います。

疲れるといけないから、今日はここまで・・・。

続きは、『分岐器のこと・2』
 [ 2007/10/17 23:40 ]  線路のことから | TB(0) | CM(-)

787系の中に入ります♪

パッと見て・・・リレーつばめ! なんて思ってしまいそうですね。


こちらの車両は、787系なのですが・・・名前は 「有明」 です。
20071017223943.jpg 20071017224002.jpg

今回のイベントでは、車内(運転室も・・)が見学できました。
20071017225923.jpg
私は787系リレーつばめに乗車したことがないので、内装が同じなのかはわかりませんが
「有明」の自由席はこのような感じです。
20071017224238.jpg
こちらは指定席・・・・。
20071017225530.jpg
木製のテーブルが落ち着いた雰囲気ですね。
20071017230118.jpg 20071017224304.jpg

ミニテーブルが・・・可愛い。o(*^^*)o 座り心地・・よかったですよ♪
20071017232017.jpg
運転室です。
20071017230220.jpg
本当は座ってみたかったのだけれど・・・。
20071017230311.jpg

20071017230434.jpg

普段は正面からなんて撮影できないから・・しっかり見ておかなくちゃ。
20071017230956.jpg
787系・「有明」でした。☆彡  
20071017232932.jpg

約40分の待ち時間の間、私はやっぱり線路を撮っていました。( ^ ^ )Y
20071017231057.jpg

今回は、走って、走って・・・そんな感じのイベント報告でした。

小倉から☆フリーゲージトレインそして・・・

10月14日は鉄道の日でしたね。大宮の鉄道博物館もオープンして
全国各地で様々なイベントが行われていたようです。
私も、勇気と元気を出して、ある工場へ行ってきました。817系

まず、早起きしてお留守番の家族のお昼のお弁当を作って・・・今回は、母と2人で出かけました。(このお弁当箱に見覚えがありませんか?そう、車内で食べたお弁当・・の栗の容器です。)ところが、私・・間違えて快速に乗ってしまい、慌てて「戸畑駅」で降りて普通列車に乗り換えることに・・・
20071015154239.jpg 20071015154315.jpg

だけど、約10分間の待ち時間に、大好きな885系白いソニックを見ることができて、
「きっといいこと・・あるよ♪」なんて思いながら・・・
20071015154623.jpg
↓これ、実は工場で記念に頂いた下敷きの裏の一部なのです。表は今度アップしますね。


小倉駅の一つ手前の「西小倉駅」で降りて、日豊本線に乗り換えて「南小倉駅」で降りました。
20071015154714.jpg 20071015154729.jpg

迷いながら、やっと着きました。
20071015155103.jpg 20071015172351.jpg

駅から徒歩15分・・・大きな建物が見えてきました。ここは、JR小倉工場です。
小倉工場は鉄道の急速な発展に対応するために、明治24年(1891年)4月21日九州鉄道株式会社の車両工場として、ドイツ人技師長ヘルマン・ルムシュッテルの指導のもと 現在地に開設されました。
鉄道車両の検査・修繕及び改造、鉄道車両の技術開発、鉄道車両部品の製作、計量器、測定器の修繕・管理検査などが行われています。
20071015172222.jpg

同じ敷地内にある「旧小倉工場鍛治職場」 現在の自連バネ検修場 です。
大正2年(1913年)に竣工されたレンガ造りの工場です。
20071015191629.jpg
下の写真をクリックすると大きくなります。レンガはイギリス積み・・・内部は鉄骨トラスによる架構・・・説明を読んでみて、内部も見学できたらいいな・・・そう思ってしまいました。
20071015192022.jpg

まず最初に、フリーゲージトレインです。
工場内は立ち入り禁止でしたので、ロープの後ろから撮影しました。
「あっ!フリーゲージトレインだ!」青い車体を見つけて、子供さんから大人の方までそう叫んでありました。(←私もその一人でした。)
フリーゲージトレインとは、新幹線(レール幅1435ミリ)と在来線(同1067ミリ)の直通運転ができるよう、車両の車輪間隔をレール幅に合わせて変換できる電車のことです。
乗り換えの手間がなくなるため、利便性が高まる他に所要時間の短縮も図れるということです。
詳しくは、過去記事になりますがこちらに詳しく書いています。
20071015154032.jpg
フリーゲージトレインの顔は、ちょっと優しげな感じですね。
近くで台車のところも見てみたかったです。どんな感じなのかな・・。今の段階では難しい問題もあるようですが、いつの日か・・実用化されるといいですね。
20071015154136.jpg

工場内の広さに・・・ビックリしてしまいました。 フリーゲージトレインの車体の側面の近くに自転車が見えます。敷地内も広いので、自転車で移動されるのでしょうね。
20071015164101.jpg

下の写真は、蒸気機関車の中にあるものです。この部分だけではなく、蒸気機関車の仕組みと共にうまく記事にできればよいのですが、今はまだちょっと自信がないので、後日記事にできたら・・そう思っています。
こちら・・・↓のアップです。
20071015155934.jpg

小倉工場では、車両の展示も行われていました。その中で、いろいろとわからない部分もあるので、車両のことはもう少し調べてから、少しずつ記事にしてゆきたいと思っています。
(台車も見てきました。)

上の写真の蒸気機関車のことも、早く記事にしたい気持ちです。
撮影した写真と調べたことをまとめるって・・・本当に難しいですね。←これは私だけかも・・・。
書くことで知ることができて、覚えてゆける・・・今、心からそう感じています。

ぎゃらりい列車☆そしてキハ28系・58系

イベントから・・・キハ28系です。(そして、後ろに58系です)
気動車のことは詳しくわかりませんので、わかるところだけ・・・書きたいと思っています。
ところがすでに、ドアで転びそうになっています。(^^;
今回は、28系が食事スペース(休憩室)で、58系が連結してギャラリースペースとなっていました。
20071013120956.jpg 20071013121017.jpg

28系のドアなのですが、前にも後ろにも取っ手がついています。
これは・・・・手動?←すみません、大ボケなことを書いていたら許してください。ドア構造の歴史の本を見てみたけれど、載っていなかったのです。★訂正します。m(_ _)m  このドアは自動です。★20071013121535.jpg
昭和41年に製造されたのですね。
20071013121049.jpg 20071013121101.jpg

洗面所です。きれいでした。右横にあるものを押すと栓が閉まって水が溜まるのですよね。
蛇口の上の丸いボタンを押すと水が出てくるのかな。←違いますか??間違いがありましたらご指摘くださると助かります。m(_ _)m
20071013121122.jpg 20071013121137.jpg

車内の様子は、こちら(キハ28系とお弁当)でそうぞ。
20071013121514.jpg 20071013121446.jpg

そして、仲良しでくっついている58系に入ります。こちらも昭和41年生まれですね。
20071013133206.jpg 20071013133443.jpg

入ってすぐに目に入ったのは、これ・・「58654」鉄道がお好きな方は、すぐにおわかりになられますよね。そうなのです、SL「あそBOY」のナンバープレートです。
昭和63年8月30日に使用 そう書かれてありました。
20071013133221.jpg 20071013133317.jpg

車内です。深い茶色のシートの上に、たくさんの列車の写真が飾られていました。
車内が、素敵なギャラリーコーナーに・・・。とても素敵な企画だと思いました。
20071013133251.jpg
平成18年10月30日、31日 185系のお召し列車運転の時の御紋章です。
20071013133404.jpg 
ヘッドマークも展示されていました。さくら・・・なんて・・。(^^;
右の写真・・・昔、昔・・オレンジ色にベージュ(アイボリー?何色と表現したらよいのかな。)この車両を見ると、ディーゼルカーと呼んでいたような記憶があります。私の実家から線路はそう遠くはなかったので、走ってゆく姿を見ていたような・・。
20071013133336.jpg 20071013133431.jpg 

 
あかつき・・のヘッドマークです。私は「あかつき」のことはよくわからないのですが、その後ろの写真を見て、牽引している機関車がEF30であることに気がつきました。
関門トンネル専用なので、海水による錆を防ぐためにステンレスで車体が作られていた・・・ということを教えていただいたことがあります。
今、関門トンネルはEF81が牽引しているので、この写真はいつ頃のものなのか・・・調べてみるとわかるのですよね。(EF30は何年前まで走っていたのだろう・・沼に入ってこよう。)
20071013133522.jpg
そして、扇風機がありました。 よく見てみると・・・これは国鉄時代のマーク・・かな?
20071013133830.jpg 20071013133904.jpg
 
左は、帽子掛けですね。( ^ ^ )Y その下に何やらボタンがあります。何だろう・・・。
扇風機のスイッチでした。 
20071013133937.jpg 20071013133954.jpg

旧国鉄時代の駅長・副駅長・専務車掌さんの制服です。左が冬、右が夏服です。
20071013133637.jpg IMG_8448.jpg

左は、旧国鉄時代の新幹線の車掌さんの冬の制服、右は 当時の鉄道公安官の冬服です。
20071013133554.jpg 20071013140740.jpg


最後に・・キハ58系は国鉄ディーゼル動車の約三分の一を占める大勢力を誇っていたそうですね。その歴史を・・私はまだわかっていないので、少しずつ知ることができたらと思っています。

関係者の方々には、車両を使った多くの展示品の準備、後片付けなど大変な一日だったこととお察しいたします。
イベントから、鉄道についていろんなことを知る切っ掛けを作っていただいたことに深く感謝いたしております。m(_ _)m

アルミカート体験乗車☆そして・・・

この場所に立った時、「感激・・・・。」
だって、普段だと 絶対にこんな場所から写真なんて・・・撮れない。
イベント・・それは線路と近くなれる時間でもありました。
20071011134942.jpg

過去に、軌道自動自転車体験乗車ができなかったことを記事にしましたが
今回は、『アルミカート』 の体験乗車をすることができました。
体験乗車・・そう書いてあるけれど、本当にいいのかな? じっと見ていると、「どうぞ!」JRの方が声をかけてくださって、娘と乗ることができました。(JRのみなさん、本当にお優しいですね。)
20071011134637.jpg

ライトがついていますね。アルミ製ということは、カートの重量は軽いのかもしれませんね。
あ・・そういえば、もしも列車がきた時には、抱えてレールから外さないといけませんよね。
シートに座って、すぐ横についているロープ?を引っ掛けました。
(これはカートから落ちないようにですね。)
20071011140433.jpg

出発します。 すごい、すごい、線路の上を走っています。駅のホームが近くに見えてきました。               (あ、分岐器だ。)
20071011135518.jpg 20071011134505.jpg 

戻る時はどうするのかな・・そう思っていると、そのままの状態で・・後ろ向き・・というのかな?
バックして戻りました。前後どちらにも動くようにできているのですね。
20071011134557.jpg

横から見たところです。ご家族で乗車されていた方々がたくさんいらっしゃいました。
小さなお子さんも大喜び・・・。本当に素敵な企画ですね。
IMG_853860.jpg

私も体験乗車することができて、とても嬉しかったです。
イベント関係者のみなさま、普段は保線作業をする時に使用されるカートを
このように体験乗車させていただけたことに とても感謝いたしております。
また一つ、線路に・・鉄道に近くなれたような気がしました。


そして、そのお隣では・・・なんと門司港名物、バナナの叩き売りが・・。
そういえば、この日は門司港駅で『バナちゃん大会』が行われていたはず。
きっと、こちらのイベントに出張で来てくださったのですね。
20071011145044.jpg
「買って帰りたいね。」 母がそう言ったのですが、私の手には・・・鉄道部品販売で購入したあるものが重くて、「ごめんね、今回は諦めよう。」そう答えたのでした。
20071011145142.jpg 20071011145309.jpg

鉄道部品販売で何を買ったのかというと・・・今は内緒♪♪後日記事にしたいと思っています。
(その会場でのエピソードの方が面白いかも・・。

この日・・・やっと分岐器の写真を撮ることができたのですが、本で調べてみたものの・・・・
その分岐器が何なのかわかりません。
普通分岐器とは思うのですが、片開きなのか両開きなのか、はたまた振り分けなのか・・・・
内方分岐器、外方分岐器・・・本では違いがわかるのに、写真で見ると・・・わかりません・・・。
みんな同じに見えてしまうのです・・・どうしてかな。
いつか分岐器の記事が書けたら・・・そう思っていたのですが
まだまだ先のことになりそうです。(#´ο`#)
今からお勉強してきます

キハ28系とお弁当

列車の中で、お弁当を食べることができたらどんなに楽しいだろう・・・。
私は、ずっとそう思っていました。だけど、この日のイベントで・・・とても素敵なことがありました。
そう、私・・車内で駅弁を食べたのです。 動いていない車両の中でしたが、私にとっては最高の出来事であり・・・思い出になりました。

20071009111048.jpg

乗り物に乗る前は、朝から何も食べれない私・・・この日も朝から水分すらとっていませんでした。お昼は、駅の中のパン屋さんで大好きなベーグルを食べようかな・・それとも消化のよいうどんがいいかな・・・そう考えていました。

ところが、イベント会場マップを見てみると、なんと九州の有名駅弁が販売され そのお弁当を車両の中で食べることができると書いてありました。娘と話し合って、「帰る時間をちょっと遅くすれば、今食べても大丈夫。」・・・ということで、駅弁を買うことにしました。

九州の豊穣な土地で育った食材を、地元ならではの味わいでふんだんに盛り込まれた
駅弁・・・。どれにしようかな・・・迷ってしまいました。
(写真には写っていないけれど、まだたくさん並べてあったのですよ。)
20071009104854.jpg

娘と母と私の3人分のお弁当を持って・・・向かったのはこちらです。

キハ28系 国鉄の標準形急行用気動車として登場し、1,822車両が全国で活躍しました。
ワンマン化や近郊化の改造が行われ、今でもローカル線でその姿を見ることができます。
20071009104939.jpg

車内の様子は、後日 キハ58系と共にお伝えしますね。
20071009105640.jpg

小さなテーブルがあります。 私たち3人は、嬉しくてワクワクドキドキ・・。
20071009105703.jpg

娘は、鹿児島の『極 黒豚めし』 母は、人吉の『栗めし』 そして、私は・・・『つばめ弁当』
20071009104601.jpg 20071009104612.jpg

『極 黒豚めし』☆鹿児島黒豚は、サツマイモを主食として飼育し、甘みとコクがある肉質は
他の豚肉にはない深い味わいがあります。この黒豚を独特の醤油味で焼き上げ、ご飯は黒豚と相性抜群の和風だしで炊きあげました。
『栗めし』☆人吉盆地の甘い栗←(本当に甘くて、ほっこりとした食感でした。)を使用し、独特な栗の形をした容器に入っています。九州の人気駅弁の一つだそうです。
20071009104651.jpg

そして、『つばめ弁当』 福岡の筑前煮、熊本の高菜←(最高に美味しかったです。)
鹿児島の豚など「リレーつばめ」にちなんだ沿線の味がふんだんに盛り込まれています。
シンプルな素材を生かした手作りの味には、とても懐かしいものを感じました。
20071009104707.jpg

手前のグレーのまん丸・・・何と思いますか?実は、私は手作りコンニャクと思って食べてみると・・・何と「黒胡麻の葛餅」だったのです。
20071009104725.jpg

そして、「熊本高菜巻き」・・これは最高に美味しかったです。
こんなに爽やかなおにぎりは初めてでした。「熊本の高菜ってこんなに美味しかったんだ・・。」
九州にいながら知らなかった私は、駅弁から素敵な味を再発見させてもらいました。
20071009104742.jpg

こちらは、「つばめ弁当」のお品書きです。↓クリックすると大きくなります。
20071009111910.jpg

そして、娘が・・・
「栗のお弁当箱・・持って帰りたい。遠足の時にはこれに入れて!」そう言ったので
大事に持って帰りました。このお弁当箱を見るたびに、キハ28系の中で食べた駅弁のことを
思い出してくれるかな・・・私は、ふとそんなことを思いました。
だけど、一番嬉しかったのは・・・・私かもしれません。o(*^^*)o
20071009104628.jpg

それから・・・九州の駅弁のパンフレットを頂いてきましたので
いつかアップしたいなと思っています。

イベントのお話しは・・・まだ続きます。

長くなりましたが、もう一つ・・・これは私の (・・?!??・・・です。
お時間のある方は覗いてくださいますか?

イベントから☆憧れのSL?

2007年10月7日・・・今日は、うれしいことが一杯で
本当は全部記事にしたいのですが、一つだけ・・・お知らせさせてくださいね。

20071007220758.jpg

「大人も乗っていいですか?」 「どうぞ、いいですよ。」 
50円玉が切符になって私の手に・・・。だけど、大人一人で乗るのは
きっと私だけかもしれません。ちょっぴり恥ずかしいな。
20071007215713.jpg

『富士』のヘッドマークがついています。 なんだか嬉しい・・・。

20071007221253.jpg

石炭です。 そう、ここはその昔・・・石炭産業で栄えていた駅です。



あれ?・・・そう思われましたよね。 すみません・・m(_ _)m  実は、ミニSLだったのでした
だけど、煙も汽笛も・・小さいけれど立派なSL・・。
20071007215951.jpg

右の写真は、私・・一番後ろに乗っているところです。
(本当は、シルルに写して欲しかったのだけどな・・。)
思ったよりもスピードが速くて、ビックリしました。( ^ ^ )
20071007222404.jpg 20071007222326.jpg

ここで・・旧国鉄時代のSL機関士さんの制服をご紹介します。
通称、ナッパ服・・そう呼ばれていたそうです。
20071007222233.jpg
国鉄時代の制服やヘッドマークなどが展示してあった場所なのですが・・・
上の写真から何の中か・・わかりますか?ヒントは、写真の上の方に・・・。

とても素敵なことが一杯のイベントでした。
そして、私の夢が・・・思いがけずに この場所で2つ叶いました。

駅は、本当に優しくて温かくて・・・素敵な時間を過ごすことができました。
イベントのことは、次の記事へと続きます・・・。

軌道自動自転車

夏の出来事になりますが・・・・
昨年、九州鉄道記念館に初めて訪れた時に見た黄色い自転車・・・。これはいったい何だろう?
パンフレットを見て、『軌道自動自転車』ということを知ったのですが、どのようにして動くのかわかりませんでした。そして、8月に、この軌道自動自転車の乗車体験ができる・・ということを知った私は、大喜びでここへ向かったのですが・・・・なんと日にちを間違えて、このときには乗車体験が終わっていたのでした。←大ショック・・・。

だけど、本館前の線路に置いてあったので、写真だけ撮ってきました。
サドルが2つ・・ということは2人乗りですね。そして、ペダルがあります。


この白いタンクは、もしかして燃料を入れるのかな? 
バイクと同じ?(・・?!?? 免許とかいるのかな?
20071005103054.jpg

パンフレットの説明によると
巡回や小型作業道具運搬用の2人乗り4輪車です。水平軌道上を、足踏みなら25km/hで
モーター駆動時なら300kgを積載して40km/hで走行します。
そう書いてありました。

2人でペダルを漕ぐのって、大変ではないのかな。(息を合わせないといけない?)
だけど、一人で漕ぐのはもっと大変ですよね。
車輪を見てみると、レールの形にぴったりと合いそうですね。

20071005103112.jpg

↓ハイ、よい子は乗りません。 ←昔のよい子?
20071005103653.jpg

だけど、その日は鉄道模型やプラレールが展示されてあったので
ちょとだけ楽しんできました。
あっ!あれはもしかして・・・。もしかすると・・・。
20071005103354.jpg 20071005103414.jpg

そう、885系・白いソニックのプラレールでした。
暗くて、なかなかきれいに撮れなくて・・・。背中だけしかきちんと写っていませんでした。
ごめんね、ソニック・・・。(883系・青いソニックは、すべてピンボケでした。
20071005103429.jpg

追記
素朴な疑問です。
プラレールって・・・・もしかすると、プラスチックのレールだから
プラレールって言うのかな?  ご存知の方、いらっしゃいますか?(・・?!??
 [ 2007/10/05 16:15 ]  線路のことから | TB(0) | コメント(13)

10月の門司港レトロ(バナナフェア)&鉄道記念館

私が大好きな門司港駅周辺の、10月からの情報をお知らせしますね。

一つは、9月15日~10月28日まで 『第8回 門司港レトロ バナナフェア』が開催されています。
そして、九州鉄道記念館では、10月4日~12月13日まで『関門トンネル65周年展』 
北九州と本州を走った列車・街の表情などが写真で展示されます。

20071002154236.jpg

門司港といえば、「バナナの叩き売り発祥の地」ですね。
10月7日は、「門司港バナちゃん大会 2007」も行われます。
さらにビックリしたのが、10月28日には 『バナナ供養』 があるらしくて・・いったい、バナナ供養って、何をするのでしょう?(・・?!??
下の写真は、クリックすると拡大されますので よろしかったらご覧になってみてくださいね。
20071002154316.jpg

そして、海峡ドラマシップでは、10月6日~12月5日まで 『関門海峡と連絡船』の写真が展示されます。
20071002154331.jpg

山と海との自然・・・そして、レトロな街並みが残る門司港に
ぜひ一度・・・いらっしゃいませんか・・・・。

なんと・・バナナのお土産は・・・まだまだたくさんあったのです。
下の写真をクリックすると・・・バナナのお土産が・・一杯です。o(*^^*)o
20071002154255.jpg

プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。