駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パンタグラフのこと 11 パンタグラフの大きさ その1

今回は、パンタグラフの大きさのことについて書いてみようかと思います。
なぜ「その1」なのかというと、このままその2、その3(は無いかも・・。)につなげて、そこでパンタグラフの記事は終わりたいと思っています。
実は、今・・別のブログで他のこと(ビックリするほど初歩的なことなので、鉄道に詳しい方は見ないほうがいいかも・・・見てしまうと、「なんだこれはー!」って思うかもです。)も調べているので、こちらの記事・・・うまくまとめられないかもしれませんが、よろしかったら読んでくださいね。


ちょうどよいタイミングで、スイスの車両のパンタグラフの写真を見ることができました。
シングルアームパンタグラフが大きくて、とてもがっしりしているように見えました。
もう一つ驚いたのが・・なんと菱形(と思います)パンタグラフが横に仲良く二つ並んでついているのです。これにはビックリ!!架線も高い位置にあるのかな・・・そんな気もしました。
二つ並んでいるパンタグラフをご存知の方がいらっしゃいましたら・・・教えていただけると助かります。(←このこと、別ブログにも書いています。知りたい・・。)

それでは、私が調べたことでわかった精一杯(←最近何もかもが精一杯なのです。笑)のことを書きますね。

どうして大きさに違いがあるのか。それは架線の高さの変動の大きい路線ではパンタグラフが大きいのだそうです。
ちなみに、架線を低く張っている区間⇒トンネル、跨線橋など(←他にはどのようなものがあるのでしょうね。→) 架線を高く張っている区間⇒踏切など
この二つの区間が混在する路線では、パンタグラフが大きくなる・・・・ということです。
↑上記の理由によって、アメリカの電車のパンタグラフも大きいらしいのですが、スイスのも大きかったです。あ、そうです・・・ロシアのパンタグラフは2段式になっているみたいです。揺動フレームというものの上にパンタグラフが載っていて、架線の高さの変化に対応しているとか・・。
すごいですね。

パンタグラフが大きいと慣性力も大きくなり、追随性が悪くなる・・そして車両も重くなるということです。←これは・・・どうなのでしょう。あまり好ましくないと書いてありますが・・。

そして、新幹線のパンタグラフが小型にできるのは、架線をほぼ一定の高さに張ってあるから・・・・なのだそうです。
それでは、今回はここまでということで・・・・。(今度はもう一つのこと・・調べたいので。)

そうです・・・タイトルが「パンタグラフの大きさ」・・ということで、すごく可愛いパンタちゃんをご紹介しますね。
↓つばさ消しゴムに金太郎ボールペン・・・ソニック・・・こんな中でお勉強してます。
見えますか?ちいさなパンタグラフ・・・。
菱形が私の家にきてくれました・・。封筒を開けて、思わす・・・「可愛い・・。」

PS16・・・です。上げたり下げたり・・・してみました。
とても嬉しくて・・・頭につけて走ろうかなって思いました。(笑)
パンタグラフ・・・ありがとう  大切にします

このちいさなパンタグラフは、私に大きな力を与えてくれました。
鉄道から、レールから、パンタグラフから・・・そしてみなさんへ・・・
こんなブログに こんな私・・・わかっていないのに何でも知りたがる・・・だけど、これからもコツコツと調べて書いてゆきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

こちらでも記事が書けてよかったです。書けて・・・うれしいです・・・。( p_q) 
スポンサーサイト

パンタグラフ10 パンタグラフはどこに・・・

今回の疑問はパンタグラフって・・・屋根のどこについているのかな?・・・です。

実は、私・・JR九州の社歌『浪漫鉄道』の動画を見た時に、885系の頭にシングルアームパンタグラフがついているように見えて(正面からだったので)、思わず「可愛い!」そう思ってしまったのですが、その後よく見てみると・・・黄色の○のところにありました。
パンタグラフ・・・どの車両もこの位置にあるのかな?
かもめ・・・黄色い○のところ

本で調べてみると、先頭にパンタグラフがある車両は少ないらしく、その理由は
◆走行中にすり板が架線と接触するので、粉塵が先頭部分のおでこを汚してしまう。
◆近年の電動車はモーター8個を2両単位で制御するようになっているので、パンタグラフは
その2両の中央寄りにある方が高圧配線がやりやすい・・←今まで何も知らずに電車に乗っていた私です。
◆先頭には霜取りパンタグラフをつけるところもあるから。←霜取りパンタグラフはみんな先頭だ ったかな・・?
◆点検の時などは、先頭よりも連結部分の方が昇降しやすい。←考えてみるとそうですね。

だけど、先頭にパンタグラフがついている車両って・・ないかな?そう思っていたら、ありました。
東急5000系 5000系青ガエル 素敵な想い青ガエル5000系青ガエル 素敵な想いパンタグラフは先頭についていたのですね。
本も見てみたのですが、青ガエルのおでこについたパンタグラフはとても可愛くて、似合っているなと思いました。

そして、パンタグラフは1両あたりに1基ついていますが、電気機関車は2基ついていますよね。
交流電化区間は、2基装備していても1基だけ使用しています。
↓おでこのパンタグラフは畳まれていて・・・
渋いです・・・

後ろの方は上がっています。(よかった・・この時、後方のパンタグラフを撮影していて。)EF81 411
だから好きなんです
だけど、直流電化区間は2基上がっていますよね。
私が好きな「桃太郎」は、<  > ←こんな感じでパンタグラフが上がっていました。
この意味・・わかってくれる方・・いるかな・・・いらっしゃったとしたら・・嬉しいんだけど・・・。

そして、パンタグラフって・・・車体のどの位置についているんだろう?とてもわかりにくい絵でごめんなさい。m(_ _)m
ボギー車が曲線を通過する時の様子です。私も自分で描いてみながら、もう一度納得・・・。
台車はこのように動くのですよね。(早く模型やさんに行きたい。台車・・欲しい。)

架線は2本のレールの中央上に・・・だけど、円弧状に張れないからこのように架設しているそうです。(赤い線が架線です。)そしてパンタグラフが架線から外れないように、すり板を台車中心に一致させるのが理想的なのだそうです。
恥ずかしい・・・本当に下手な絵・・。子鉄に書いてもらいたいけれど、期末考査期間中なので拒否されちゃいました。

787系・リレーつばめ・・・台車の中心にパンタグラフがありますね。
787系リレーつばめ・・・台車の中心です

だけど・・・ちょっと(いえ、かなり)気になってしまった私は、鉄道ファンを出してきて・・・。
お持ちの方は一緒に見ていただけると助かります・・。
これは電気機関車ですが・・・
2007年3月号の国鉄車両イラスト名鑑のEF66 ・・・あ、本当です。台車の中心にパンタグラフがあります。だけど、2007年1月号のEF81・・・こちらは台車の中心にない・・。
これは・・・EF81は交直流電気機関車だから屋根上の機器の関係・・なのでしょうね。こうやって比べてみると、直流の電気機関車の屋根ってとてもスッキリしているのですね。

今日は記事を書くことができて嬉しかったです。
ここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたら・・・本当にありがとうございました。

?架線のこと?

今回の記事は、もしかすると後ほど下書き保存にするかもしれません。m(_ _)m

パンタグラフのことを調べていると、いろいろとわからない言葉が出てきて 今度はそれを調べるのにまた時間がかかって・・の繰り返しなのですが、パンタグラフの前に・・・私、架線のことが何もわかっていませんでした。
今回は架線のことを調べてみたいなと思います。(ノートに書くつもりで・・・。)
だけど、今回はあまりよくわかっていない・・というか、本で例にあげてあるものと実際に自分で見たものが違うようなので、本当に疑問ばかりになってしまうかと思います。
下の絵は、コンパウンドカテナリ式らしいのですが(・・・式ということは、他にもいろいろあるみたいです。)、新幹線で使われているそうです。(在来線でも使われているとは書いてあるのですが・・・使われているのでしょうか・・。)
補助ちょう架線が追加されているので、高速走行しても離線することが少ないということです。
架線図01
↓そして、このようになっているのですね。そこで、私は先日撮影した写真を見てみました・・・が・・・
架線図02

これは、ちょう架線⇒ハンガー⇒トロリ線・・・?なんだか・・とてもシンプル。
普通はこんな感じなのでしょうか。上の絵は、特殊なところだけかな・・。
普段は架線をじっと見つめたりしないので、今回初めてしっかりと見ているのですが・・。
架線01

↓これは、ハンガーですよね。絵と同じ・・。ちょう架線とトロリ線までの距離で形も違うのかな・・なんて思ったのですが、私・・全く違うことを書いているかもしれません。
ハンガー?01 これもハンガー?02

ハンガーは、ちょう架線や補助ちょう架線とトロリ線を結ぶための器具だそうです。絶縁が必要な部分には絶縁ハンガーが用いられることもあるのだそうです。(どこだろう・・・。)

まとまりのない記事ですみません。
何が書きたかったのかといえば、補助ちょう架線があるところは新幹線とどんな在来線なんだろう・・そう思ってしまったので。普通は写真のような感じなのかな・・と思ったり・・。
架線をじっと見つめたことのある方・・・いらっしゃいますでしょうか・・・。

ひと休みして 「・・・」はいかがですか?

◆パンタグラフのお話の途中ですが・・・◆
思わず・・・今日のココロは・・・なんて書いてしまいそうになりました。(^^;
意味不明ですみません。m(_ _)m
カッパが可愛いでしょう?

変なことではありませんが、このブログ・・・どんな風にしようかなって
ちょっと考えています・・・で、なぜこんな写真が?

お時間のある方は・・・どうぞ。
 [ 2008/06/14 18:11 ]  折尾駅 | TB(0) | コメント(5)

パンタグラフ 9 シングルアームパンタグラフ・・・そして

うまくまとめることができない管理人は、細切れ状態で記事を書いています。(^^;

今回は、シングルアームパンタグラフのことです。(写真は817系)
シングルアームパンタグラフはフランスで開発され、ヨーロッパではかなり前から使われていたそうです。日本で使われるようになったのは最近なのだそうですが、いつ頃から・・なのかは私にはハッキリとわかりません・・。←ごめんなさい。わかりましたら追記します。

シングルアームパンタグラフは、雪が降っても着雪する部分が少ないので 雪の重みでパンタグラフが下がって集電できなくなるということも少ないそうです。(そういえば、雪が降るとパンタグラフに雪が積もってパンタグラフが上がらないことがあるのですよね。それは菱形だけでしょうか・・・シングルアームは必ず上がるのかな・・・と、ちょっと疑問に思ってしまいました。)
817系シングルアーム01

そして、構造がシンプルで軽く、屋根で場所をとらない・・・ということで、逆走(私です・・)したときに写真を撮ってきました。金網に向かって・・・急ぎます。
ラッキー・・・シングルアーム(左)と下枠交差形(右)が並んでる・・。
金網が入るけれど仕方がありません・・・頑張ります・・
 比べてみると・・・本当ですね。 こんなに違います。
比べてみると・・

シングルアームパンタグラフは、ハーフパンタグラフとも呼ばれるのですね。
そして、私は貨物のカレンダーの「桃太郎」の6月の写真を見て・・・??・・思っていたことがあったのです。
シングルアームパンタグラフが二つついていたので・・・。本に書いてあったこと、このことかな?

『どちらの方向にもそのまま走れるが、1列車に複数基取り付ける場合は、ほとんどが互いに逆向きにつけられているのは、やはりちょっと方向性が気になるからだろうか。』

どうなのでしょう・・・。(・・?!??

パンタグラフ 8 

今回の記事・・ちょっとゴチャゴチャになってしまうかもしれませんが、見てくださる方がいらっしゃいましたら・・・どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m
(書きたい気持ち、知りたい気持ちはたくさん・・・だけどうまく書けない私です。)

集電装置・・・パンタグラフの前には、トロリポールとビューゲルが使われていましたが、この二つには共通の問題があったそうです。それは何かというと・・・終点で電車が折り返す時に向きを換えなけらばならないということでした。そして、もう一つは電車が速く走ると離線が多くなるので高速走行ができないということ・・・・で、登場したのが菱形パンタグラフでした。 (こんな風に書いてもいいのだろうか。)
最初の記事にも書いたのですが、パンタグラフは進行方向が変わっても集電できて、集電舟が垂直方向に架線を押し上げて架線の高さの変化に合わせて集電舟の高さを変えられるので離線が起こりにくい・・・つまり、電車の高速走行が可能になるということなのですね。

今まで何気なく見ていたパンタグラフ・・・。だけど、このことを知った時に「がしゃん!」の音がもう一度頭の中で響きました。だって、パンタグラフが開発されなかったら・・・電車はゆっくりゆっくり走っている?そして新幹線も走ることがなかった??(こんなこと、書くといけないですか・・?だけど、素直に書きます・・・パンタグラフって、すごいなぁ。)

パンタグラフの種類(菱形、 下枠交差形)は前にも書きましたが、シングルアームパンタグラフのことはまだきちんと書いていなかったので、次の記事で書きたいなと思います。

本当は続けて書きたいのですが、無理をせずにノートに書くような気持ちで書いてゆきます。

そろそろ・・・どこでつなげてゆこうかと考えています。
そして、ここから先は管理人のひとりごと・・・の疑問です。

管理人のひとりごと

パンタグラフの記事はまだ続くのですが、今回はちょっとした疑問を書きたいと思います。

「かぎ」がどこにあるのかな?  どんな風に引っ掛かるのかな・・そんな疑問が解決して
次にまた疑問に思ったのが・・・どうやって「かぎ」が外れるんだろう・・・???←素朴な疑問を感じてしまいました。
パンタグラフが上昇するのはバネの力で、下降はエアシリンダ・・・。
そして、次なんです・・・???「ひも」を引くなどして「かぎ」を外すとバネ力で上昇するって書いてあるのだけど、その「ひも」って車体の屋根より下にあるらしい・・・でも、わからない・・。「ひも」はいったいどこに・・・。
そして、もう一つ。「ひも」がわかっていないのに・・またわからないまま書く・・。
もう、ここから先は全く意味がわかりません。だけど、書きます・・。
「電磁かぎ外し」というものがあるらしいのですが、これだと編成全体のパンタグラフを運転台から一斉に上げることできるそうです・・・。←今、全部こうなっているのでしょうか。だとしたら
「ひも」は無い?
本には詳しく書かれていないので、後で検索して調べてみようかと思っています。
(かぎ外しのことが書いてあるサイト・・あるといいなぁ・・。)

そして、下書き保存にしている「パンタグラフ 5」の記事・・・ちょっと違った形になるかもしれませんが、もしかするといつか公開できるかもしれません。もう無理かなって思っていたのですが、調べてゆくうちにあることに繋がってきたのです。東京で撮影した思い出の1枚の写真が
パンタグラフの記事で復活できたらいいなと思っています。

◆追記◆
続けて独り言・・・
この記事を書き終わってから パンタグラフの「ひも」のことを検索したけれど
パンタグラフをひもでくくる・・とか、違うことばかり出てきてしまいました。
「電磁かぎ外し」も・・・・
どうして本にはもうちょっと詳しく書いていないのかなぁ・・・。( p_q) ・・( p_q) ・・( p_q) 
そして・・「電磁かぎ外し」で検索すると、このブログが出てきてしまいました。
そんなぁ~~~~。
私の検索力不足???




 [ 2008/06/03 19:30 ]  車両のこと | TB(0) | コメント(8)

パンタグラフ7  集電舟(そして振り子式車両のパンタグラフ)

(6月3日・振り子式車両の「やぐら」の疑問について・・・追記しました。)

こちらは787系・リレーつばめ の下枠交差形パンタグラフです。
そして、赤い矢印の二つの板のようなものが集電舟。
787系パンタグラフ

だけど、これではちょっとわかりにくいので813系の集電舟の部分だけを拡大してみました。
(実は、これも金網の隙間から撮影した写真です。屋根の上の写真・・なかなか撮れなくて苦労してます。)
ここで・・・もう一度確認・・・ホーンと呼ばれるもの・・・集電舟の両端が下がった枠体である部分と集電舟の真ん中にあるホースのように下がった部分・・このことを言うと思うのですが。
813系パンタグラフ01
そして、もうちょっとわかりやすいように、絵を描いてみました。えっ?わかりにくい?(汗)
赤い部分は「すり板」といいます。
集電舟
すり板は、電気伝導度がよく、潤滑性があって周囲を汚染せず騒音の少ないものが使用されるそうですが、ここで・・・ちょっと疑問。騒音のことは聞いたことがあったのですが、「汚染」というのは初めて知った私でした。

汚染・・って何だろう。(・・?!??
それは、走行中にすり板が架線と接触するので粉塵を発生するらしく、車両の屋根の上を汚染してしまうらしいのです。
そういえば、電車の屋根の上って汚れている部分があるなと気になってはいたのですが、それはパンタグラフによるものだったのですね。
そして、集電舟は、炭素の粒子を固めたものと銅合金の粒子を固めたものが使われているそうですが・・・私にはよくわかりません・・・。←またわからないまま書く・・。
余談ですが、すり板がカーボン系だと屋根上の汚染が大きいみたいです。カーボンって・・・私にはあのカーボンしか頭に浮かばない・・。

そして、すり板は材質にもよりますが、一般的に1~5万Km走行が寿命だとか・・。その時には、すり板だけを交換するのでしょうね。
そうそう、架線がジグザグに張られているのは、一直線だとすり板の中央だけが摩耗するからなのですね。

そして、ここでもう一つ。振り子式車両だと傾いた時にパンタグラフも傾いてしまいますよね。
すると、架線から外れることもある・・・本には「スーパーあずさ」のことが書いてあって
パンタグラフを屋根に取り付けずに 下の台車からやぐらを介して取り付けてあるのだとか。 
やぐら???やぐらって・・何でしょう。 あの・・やぐら(・・???

ちょっと待った・・・JR九州の883系・885系も振り子式車両でした。写真・・・見てみます。
まずは883系・青いソニック。 あっ!屋根に直接ついていないみたいです。
883系青いソニックパンタグラフ01

真横からよく見てみると、台の上にパンタグラフがついています。
この台が・・・もしかすると「やぐら」かも。
追記・この「やぐら」ですが、「パンタグラフ支持架台」というらしいです。
車体が傾いても台車は傾かないので台車から支持棒を立ててその上にパンタグラフを載せている・・ということを教えて頂きました。どうもありがとうございました。
今度、883系と885系の台車を見てきたいと思っています。
20080601883系パンタグラフ02

そして、次は885系・白いかもめです。
885系かもめ パンタグラフ20080601

やっぱり台の上についています。
885系かもめパンタグラグ20080601

今回、振り子式車両のパンタグラフのことまで書くことになるなんて思ってもみなかった私・・・。
こうやってわからないまま記事にしていますが、書いてゆくうちに新しい発見が出てくるものだなって思いました。

恥ずかしながら・・・この記事を書き始めた今日、今の今まで・・・883系と885系は普通のシングルアームパンタグラフだと思っていた私です・・・。
883系と885系の写真はこちらでどうぞ。

たくさん書いたけど・・・たくさん間違っていたりして・・。だとしたらごめんなさい。
このブログは、本当に間違いが多いですので・・・。

パンタグラフ番外編・・・シングルアームパンタグラフの・・・

不定期更新の上に、内容もバラバラで申し訳ないのですが・・・また昨日・・逆走をやってしまって・・その結果を・・・残しておきたいので(意味不明ですね、すみません・・・過去記事をご覧になられた方は「逆走」の意味が何かおわかりになると思いますが。)とりあえず・・・記事にします。

こちらのブログで取り上げていた、私のこの時の疑問(シングルアームパンタグラフの「かぎ」はどこにあるのか・・・)なのですが・・・
2008053103


ありました・・・見つかりました・・・。(817系・シングルアームパンタグラフ)
2008053101


ね? しっかり引っ掛かっています・・・。感動~。( ^ ^ )Y 
どんな状況でも(きつくても)自分で、自分の目で確かめることができた喜び・・・
これってもう最高に嬉しかった。( p_q) ←感激の涙・・・大袈裟??
2008053102

こんなことに感動するなんて、私しかいないって・・・誰も見ていないってば。(爆)
だけどね、最高にうれしい・・・こんな気持ち・・・世界にたった一人でもいいから共感してくれる人がいたら嬉しいんだけどなぁ・・。(ね、ね、引っ掛かってるよね・・って・・誰かに言いたい、聞いてもらいたい・・。)

今・・・「パンタグラフ・・・素敵な想い・・・」ですね。o(*^^*)o

私って最高に変な人かも・・・。
女性で・・・パンタグラフにこんなに興味持つって・・・おかしいかもしれないけど、いいんです・・。
だって、好きだから。

今日は次に進みたいと思っています・・・。集電舟のこと・・・書こう・・。絵もアップしよう・・。
不安も一杯だけど、ワクワクする・・・。

今日は、記事が書けて・・・うれしい~~~~~~。ヾ(@^▽^@)ノ

次の記事・・・また間違えたことを書いてしまうかもしれませんが
少しでも知りたいので・・・素直に・・・がんばります。
プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。