駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

885系・白いかもめ 連結器

今回の車両展示は 885系 白いかもめ。
かもめのお鼻に触れるといいな・・・ちょっとだけ思っていた私でしたが・・・・
20081029018

なんと・・・お鼻が・・・無い・・・。
だけど、初めて見ました。白いかもめの連結器。
2008102905

885系の場合は、故障した時や工場で検査に入る時にしか連結器を使うことが無いそうです。
(こちらに持ってくる時は、ディーゼル機関車が牽引したそうです。)
今回、普段は見ることができない885系の連結器を見ることができてよかったです。
お鼻は残念でしたが、パカッ☆彡を見るのが夢でしたから・・・。
2008102906

それから・・・これ・・・JRの方に質問してくればよかったのですが・・・後で気がついてしまう私。
いつも気になっていた台車の前についているこれ・・・この白くて丸いの・・・飾りなのかそれとも何か意味があるのか・・・。連結器に夢中でそのことばかり聞いていたので忘れてしまったのです・・・残念・・。
2008102904 2008102903


余談
ちょっと連結器でまた・・・・↓向き加減・・というか、私って本当に・・・(+_+)。
時代を遡り、現在につなげることができるのかな・・・。

そして、こちらは・・・・おまけのおまけ・・・・


フリーゲージトレインの連結器

昨年の記事でもご紹介していた「フリーゲージトレイン」ですが
今回は連結器の写真をアップしますね。


2008102901

2008102902

なんとなく・・・シンプルに見えるのは私だけでしょうか・・・。

下の管に緑色のテープが・・・。
どうしてなのか聞いてくればよかったです。

次は・・・白いかもめ・・いきます・・。
かもめ、待っててね・・。誰も待ってないってば・・。
 [ 2008/10/29 19:42 ]  車両のこと | TB(0) | コメント(0)

峠の歴史そして・・・ (EF63 その2)

★2010年12月25日 追記・補足という形でこちらに関連記事がありますのでよろければご覧ください。★⇒http://sararuru17.blog80.fc2.com/blog-entry-987.html

前回の記事 「電磁吸着ブレーキ・ジャンパ連結器・双頭連結器」 に続いて、峠の歴史のことを少しだけ書きたいと思います。

国鉄最大の急勾配区間であった横川~軽井沢間・・・・
「国鉄全史」にはそのように書いてありました。

(ブレーキとジャンパ連結器のことが知りたくて気になってしまった機関車・・EF63のこと。その機関車の特殊な装備を理解するためには、その土地と歴史を知らなくては・・・そう思いました。)


明治24年2月、横川~軽井沢間はアプト式とすることに決定。
同年、3月軽井沢駅より着工。翌年、12月 横川~軽井沢間の工事が完了。
明治26年4月1日、高崎~直江津間が全通。

アプト式=急勾配を上る方式として、線路中央に凹凸のついたラックレールを敷設。機関車側に取り付けられた歯車とかみ合わせて登板するラック式軌道の一方式。

横川~軽井沢間旅客列車 下り78分、上がり80分 高崎~直江津間は8時間25分(乗り換え3回)
急勾配区間を蒸気機関車で越えるのは乗務員、乗客共に大変なことでした。
トンネルは26箇所・・煙の問題も・・・。速度、輸送力にも限界。

明治42年に電化されることが決まり、横川に火力発電所・・・丸山・矢ヶ崎には変電所を設置。
集電は第三軌条方式。駅構内と機関庫内は架空線を張り、ポールで集電。
明治45年に10000形電気機関車による運転を開始。
昭和8年・・・アプト式電気機関車 ED42形。

その後、輸送需要の増大に伴い、改良安が出される・・・粘着運転に切り換え決定。
昭和37年EF62、EF63の試作機を用いて試験。
昭和38年9月30日 全列車が粘着式で運転されるようになりました。

粘着・・・実は、最初の頃は「粘着運転」の意味もわからなかった私です。
粘着=車輪がレールの上で空転せずに転がりながら接している状態。エンジンやモーターなどの動力で車輪を回して走行する車両は、常に粘着を保っていないといけないのですね。ここで 「空転」「摩擦」の言葉が出てきて、鉄道車両は加速よりも減速が難しいということを知りました。


私は鉄道に対しての知識は本当に・・・ありません。いつも書きますが、長時間乗車することもできなければ、鉄道に触れることができるようになったのもここ数年です。だけど、だからこそ遠くの・・そして訪れたことがない土地でも・・・たまにしか行けない場所でも・・・鉄道のことで発見してしまうと、知りたくて・・・知ってしまうとそこからまた感動して・・・その繰り返しです。
EF63の装備ばかりに気をとられてしまった記事のようですが、本やいろんなサイトの記事や写真から私のココロの中には、ある映像が頭に浮かんできました。
それは、重連で走っているところ・・・。
下り列車の時には、EF62・客車・EF63・EF63・・・EF62で牽引してEF63で押しながら(プッシュプル・・ですよね。)峠を上り、上がり列車では 客車・EF62・EF63・EF63・・・EF63が急勾配の先頭に立って客車を守るように下っていたのですね。運転操作は大変だったのではないでしょうか・・。
すみません・・・この部分でもう、キーを打ちながら胸がいっぱいになっています。

そして、EF63が現役で走っている写真が こちらのブログの記事にありますのでご紹介させていただきます。(管理人様にご了解していただきましてリンクさせていただいております。)

EF63のことにつなげて、2回に分けて記事を書いてしまいましたがご覧になってくださった方がいらっしゃいましたら・・・本当にありがとうございました。拙い記事になりましたが、自分なりに素直に、正直に書きました。間違った記述がありましたら申し訳ありません。そして、お気付きの箇所はお知らせいただけるとありがたいです。

それから最後に・・・
今回の記事を書くことで、貴重なお写真の記事をリンクさせていただきましたことを心から感謝いたしております。本当にありがとうございました。

電磁吸着ブレーキ・ジャンパ連結器・双頭連結器  (EF63 その1)

過去記事「ブレーキのこと1」、 「」、 「」では「電磁吸着ブレーキ」のこと、「連結器の近くから・・・」を書いた時には「ジャンパ連結器」のことをもっと知りたいと思いました。
そこで、今回はEF63という機関車のことをとり上げてみたいと思います。
私自身が勉強するつもりで頑張って書きますが、調べ方が足りなくて違ったことを書いてしまいましたら申し訳ありません。m(_ _)m ご存知の方がいらっしゃいましたら ご指摘いただけるとありがたく思います。

EF63には特殊な装備がされていました。(前後してしまいましたが、こちらの記事では峠の歴史を少しだけ書いています。)
ブレーキにもいろいろありますが、ここでは私が知りたかったブレーキのことを書きます。

 電磁吸着ブレーキ(レールブレーキ・・車輪を経由せずに直接台車からレールに作用するブレーキ。)=急勾配で停車する時は、板状の電磁石が直接レールに吸い付いて機関車を停止させていました。本には勾配線区での非常用などで装備されることが多い・・そう書いてありました。

そして、EF63には横川~軽井沢間を通過する列車に対応するジャンパ栓が付けられていました。
ジャンパ連結器=鉄道車両において、車両と車両に電気回路を引き通すものです。(車両の制御回路や冷房などの電源回路)これで・・1人の運転士さんによって一括操作できるのですね。

実は、ジャンパ栓の種類を書き出して自分なりにはわかったつもりなのですが、どこにどの栓が入るのかを詳しく説明する自信がないのでこちらで書くのは控えさせてください。すみません・・m(_ _)m

★今回、ジャンパ連結器と双頭連結器の写真が必要でしたので、こちらのブログの管理人様にご了解していただきまして、写真が掲載されている記事をリンクさせていただいております。 

最初の頃は、峠を越えるのに電車は動力をオフにしてEF63に牽引されて通過していましたが、8両編成が限度でした。その後、協調運転できる169系が登場して12両編成になりました。
16、17枚目の写真から・・・協調運転用のジャンパ連結器(KE70・・芯数55)・・写真の一番左の下から2段目のオレンジ色の蓋のところです。(栓受け)
これによって、電車の方にブレーキなどいろんな指示や連絡ができたのですね。(制御回路も連結。)

そして、電車と連結するために装備されていたのは・・・(18枚目)
双頭連結器=頭部が密着連結器と自動連結器の両方が使用できるもの。
すごいですね、本当に二つ付いています。

そして、これはブレーキのことからわかったのですが、EF63の側面の通風窓って大きいですよね。これはなぜかな・・?そう思っていたのですが、抑速ブレーキという発電ブレーキを装備していて、この発電ブレーキを使うと抵抗器から大量の熱を発するので通風窓が大きいのだそうです。

私が知りたかったこと・・・それを中心に書いてしまって、記事というよりも覚え書きのような感じになってしまいましたが、世界中のどこかで・・・同じことを知りたかった・・・という方が1人でもいらっしゃるかもしれないので・・・本当に拙い文章で申し訳ないですが書き残しておきたいと思います。

次の記事では・・・過去にEF63が越えていた峠の歴史を少しだけ・・・本当に少しだけですが触れてみたいと思います。


今回、お写真をお借りいたしまして本当にありがとうございました。
次の歴史では、もう一つの記事のお写真をリンクさせていただいております。
記事を2つに分けてすみませんでした。m(_ _)m

英姿颯爽

週末の記事に向かって、ちょっとお勉強中の私ですが・・・
だけど、なかなか・・・進みません・・どうしよう・・

10月は九州レイルマンス・・ということで急いでアップしました。(汗)
2008102101

10月19日のイベントの写真・・・たくさんあるのですが、来週から過去記事につなげて
新しい記事としてアップしてゆきたいと思っています。
今回は、すべてが今までの私の疑問や・・・近くで見たかったこと、確かめたかったこと・・・
すべてにつながっていて、とても有意義な1日となりました。

今回、小倉工場の方にお話しを聞くことができて・・・とても嬉しかったです・・。
(そのことも記事にしたいです。)

2008102103 2008102103


2008102102

2008102105 2008102104


2008102106

レールカッター

レールをカットするところをはじめて見ました。(カットする時・・・火花がたくさん出ていました。)
↓レールカッター・・・そう書いてありました。
2008101701


先日のイベントで・・・
本当は別に欲しいものがあったのです(昨年のイベントの時から)・・・・だけど、それは諦めて(理由はいろいろあって)・・・子鉄と一緒に・・「これ!これがいい!」・・シリンダーライナー(100円)を書いたかったのですが・・・・持ち上げようとすると、重くて・・・重くて・・・・持てませんでした。(+_+)

2008101702

だけど、↑を購入された男性が、片手で軽々と持って帰ってあるのを目撃して・・・やっぱり諦めきれなくなって・・・子鉄と二人で何とかして持って帰ろう!・・・そう思って戻ってみたら・・・・こちらも売切れていました。

残念・・・でした。


明日はお天気になりますように・・・。

追記のお知らせ★「ジャンパ」「空気管」

追記のお知らせです。

過去記事『連結器の近くから・・・』の中で、「ジャンパ」と「空気管」の疑問を書いていましたが 
教えていただいたことが理解できましたので、記事に追記させていただきました。

自動ブレーキのことは、新しく記事にしたいと思っています。
485系のことにつなげて・・・書きたいと思っています。

今までみなさまから頂きました大切なコメント・・・
過去記事のコメントからも・・また新しい記事へとつなげてゆきたいです。

追記することが遅くなりまして申し訳ありませんでした。
今、ある機関車の記事を書く準備をしているのですが、そのことと一緒に勉強していたので
遅くなってしまいました。

ありがとうございました。m(_ _)m
 [ 2008/10/18 15:00 ]  車両のこと | TB(0) | コメント(2)

EF210「桃太郎」★パンタグラフ

桃太郎貨物

シングルアームパンタグラフ
EF210-111
EF210-113
EF210-121
EF210-140


下枠交差型パンタグラフ
EF210-106


追記 2008年10月20日
109番以降がシングルアームパンタグラフという情報をいただきました。
ありがとうございました。

これからの「駅・・・素敵な想い」

10月14日・・・今日は鉄道の日。
だからというわけではありませんが、今日・・書き残しておきたいことがありました。

2年前の夏に、ある駅から始まった 私の小さな「想い」
1本のレールから、そしていろんな駅へ列車へとつながり
気がつけば私は鉄道の魅力にどんどん惹かれてしまいました。

私は、駅のホームにいると 「なぜ?」「何?」「どうして?」そう思ってしまいます。
そして、車両のしくみや線路のことを調べている時間が大好きです。
一つ理解できると嬉しくて・・・ブログで写真を載せて記事を書いて・・・それだけで満足します。
だけど・・・
どうしてもわからないこと、ちょっぴり不安なことを書いたときに教えていただいた時は
感謝の気持ちでいっぱいで・・共感してくださった方々とお話しができた時はまた嬉しくて・・・
その繰り返しでした。

これからも素直な気持ちで、自分に正直に記事を書いてゆきたいと思っています。
でも・・・
私の記事はいつも疑問ばかり・・・最近、そのこともいけないなって思っていました。
そんな時、485系との出会いがありました。
過去記事にも書きましたが・・485系は、私にいろんなことを気づかせてくれました。
一つの疑問を調べることは過去から現在につながるということを・・。

今、私は疑問ばかりの記事から・・・1歩進まなくては・・いえ、進みたい!そう思っています。
一度には無理ですが、もう少しきちんとしたしっかりとした記事を書きたい、書かなくては・・そう思っています。それは出会った車両に対する・・・いろんな意味での感謝の気持ち・・。

それから・・・・
訪問してくださったみなさんからたくさんのコメントをいただきました。知識がない私に、いろんなことを教えてくださいました。本当にありがとうございます。

そして、もう一つ・・大切なこと・・

この駅が始まる前から、撮影の仕方も鉄道のこともわからない私に、さりげなくたくさんの助言をしてくださった方がいらっしゃいます。鉄道のこと、ブログ・・本当に尊敬させていただいています。

みなさまからいただいたコメント、そして過去記事も大切にしながら・・これからの記事に繋げてゆきたい・・・私は今、そのように思っています。
(だけど、私のことですので疑問も出てくると思いますので・・・みなさま・・その時は教えていただけますでしょうか・・。がんばりますので・・・。)

更新は今までのように週末になりそうですが、過去記事での疑問がわかった時には その都度追記という形でお知らせしてゆく予定です。

このようなブログですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。



実は・・・これから調べてゆくこと・・・もう決めているのです。
ヒントは・・・青い機関車・・・。
だけど、485系のこともずっと調べてゆきます。


元気でいる限り・・・細々とですが、書き続けてゆきたいと思っています・・。o(*^^*)o



 [ 2008/10/14 23:06 ]  いろんな想い | TB(0) | コメント(2)

順番待ちの間に・・・そして、ありがとう

200808101320

いよいよ・・・お別れの時間が近づいてきたみたいです。
2008100912013
この日は確か、門司まで上がる・・そう言ってあったような気がします。
そして撮影スポットには多くの方々が数時間前から待機してあったそうです。

時が流れても、形は少し変化しても・・
たくさんの人たちから待っていてもらえる、撮影してもらえる・・・
その中を485系は走ってゆく・・・
それはきっと幸せなことなのですよね。

私も485系からいろんなことを教えてもらいました。

だけど、最後の最後まで・・・(・・?!??は続きます・・・。
ここから先はお時間のある方だけご覧になってください・・。
本当に(・・?!??の寄せ集めというか、自信がなくてきちんと書けないことばかりなので・・。

でも・・・自分が興味を持ったことや好きなことは公開の場でも書いていいのだということ・・
人と違ったところに目がいくこと、それは悪いことでもなくて変なことでもないこと
今日・・・少しだけそう思えました。

ジャンパ連結器のこと、その他485系から気がついたこと・・・これからも調べてゆきたいです。
そして、きちんとした形で記事にできたらいいなと思っています。o(*^^*)o




 [ 2008/10/13 17:23 ]  車両のこと 485系 | TB(0) | コメント(2)

485系  ここにも・・・

★2008年10月14日 追記いたしました。

ある方のサイトで拝見して・・・私も気になっていました。
思いがけずに485系に出会えて・・・確認。 あった!
20081009120124

だけど、どうして・・・・ここにもついているのか・・(・・?!??
前じゃなくて・・・

後ろ・・・。
普通の車両には無いですよね・・というか、形が違うから??
後ろにワイパー・・・。雨の時に後ろが見やすいように・・だけど・・・??
20081009120123

★追記★

ある方から教えていただいたのですが、運転台後方窓は200番台にはないそうです。

写真の485系は100番台・・。
200808101320

ここでまた・・・(・・?!??です・・。
後ろの窓があるものと無いものがある・・・それはなぜ?
何か理由があるのか、それとも窓は必要ないから・・?なのか・・?
485系ことは これからも調べてゆきたいと思っています。

 [ 2008/10/12 22:18 ]  車両のこと 485系 | TB(0) | コメント(4)

連結器の近くから・・・

★ジャンパ連結器のこと、追記いたしました。
★2008年10月18日「空気管」について追記いたしました。

今回の記事・・・間違っているかもしれないけれど、私にとっては・・・今まで(・・?!??そう思っていた言葉が理解できました。 (その言葉も後ほど書きます。たいしたことではないとは思うのですが、私は嬉しかったので・・。)

普段はホームの上からなのでしっかりと見ることができないけれど、イベントに行くと車両の床下や台車をじっと見つめてしまいます。私=台車?かもしれないですが(^^;今回はそれよりも気になることが・・・。
2008100912011 2008100912012

いろんな線?がありますね。 これ、何だろう。前に行ってみます。
200810091206

右下の丸いものに何か書いてあります。
200810091205
拡大・・・「制・・・??」もしかすると、制御って書いてあります・・・・か?


追記制御関係の引き通し線が入ったジャンパ。
200810091204

そして、連結器の向かって左側にも・・・・こちらは「三相」「高圧」 その下には 接続注意
もしかすると、連結した時にここに線をつなぐ・・・?そう思って、調べてみました。
だけど、この時の私の頭の中には・・・最近の電車には線も無ければ、このような丸いものも無い・・・



★追記★

三相=サービス用電源引き通しで、クーラーやヒーターなどに使用。
高圧=高圧線引き通しで、動力用の電源引き通し。



200810091201 2008100912003
こちらの写真は⇒783系の連結器 787系や883系も見てみたけれど、連結器の左右はすっきりしています。
そう・・一つ思ったのは、485系の連結器は「密着連結器」・・だけですよね。
783系や787系、883系(他の電車もだと思いますが)には「電気連結器」がついてる・・・。
もしかして、もしかすると・・・・で、本を引っ張り出して調べてみました。

★編成された列車は連結器によって機械的に連結されていることだけでなく
電気配線空気管が連結されていることが必要である・・・。

密着連結器や密着式自動連結器の場合は連結器本体に空気管が組み込まれていて自動的に連結されるのが普通・・・・・ということは、空気管は485系の連結器にもついてる??
200810091208 20081009120010
拡大します。 もしかして・・・・この管??↓
200810091209



★追記★

上の大きな管=ブレーキ管(BP=Brake Pipe)
下の大きな管=元空気溜め管(MR=Main Reservoir)
上の小さな管二つ=直通管(SAP=Straight Air Pipe)

MR=コンプレッサーのある車両から各車両へ高圧空気を分配するためのもの。
BP=↑の管を減圧すると、自動ブレーキがかかるもの。
SAP=↑の管圧を制御することで、各車両の直通ブレーキ制御弁を制御し、直通ブレーキを作用させるもの。




だけど、電気配線については連結器に組み込むのが困難なので、ジャンパと呼ばれる接続用の短いケーブルを車両間に取り付けて接続する・・・・ということは、あの丸い接続注意・・・のところにジャンパというケーブルをつなぐ・・・そう考えてよいのでしょうか・・。
そして、最近の電車には電気連結器がついているからケーブルの接続がなくなった・・・ということでいいのかな・・。

もしもご存知の方で・・・何か教えていただけることがありましたら・・・どうぞよろしくお願いいたします。

★追記★
ジャンパ・・・ジャンパ連結器・・・丸い管が大きなコンセントみたいな感じで あの丸い中に挿し込み、下についているレバーのようなもので固定するみたいです。
いつになるかわかりませんが、連結器(前にも記事にはしたのですが)のことを詳しく調べた時にもう一度書きたいと思います。


今まで(少しだけですが)連結器や交直流電車にも触れてきたつもりでしたが・・・一つの(・・?!??から他のことにも繋がりました。
(今回のイベントで485系は私にいろんなことを気づかせてくれました。)
まだ・・・続きます。


そして、一つの言葉を理解できた喜び・・・
ジャンパ・・・ある鉄道ブログで見かけていたのですが、たぶん・・・そうではないかなと思いつつ、今までハッキリと把握できなかった私でした。一つ理解できると、また嬉しくてたまらない私です。
昨日は1日・・・たくさんの本を見て過ごしました。

限られた時間で・・・そして自分のできる範囲でいろんな楽しみ方ができる・・・
鉄道って・・やっぱり・・・素敵です。


 [ 2008/10/12 11:37 ]  車両のこと 485系 | TB(0) | コメント(2)

485系・・・運転室の記事から

485系のこと・・まだ続くのですが、その前に・・・

485系・・・運転室の記事では、EB(緊急停止装置)のことを教えていただきまして
ありがとうございました。m(_ _)m
あれからいろんな車両の運転台の写真を見てみました。
その中で、EBのリセットレバーがしっかりとわかったのが 
EF210「桃太郎」でした。←本に載っていたので・・。
こちら811系のシミュレーター写真には、真ん中にリセットレバーらしきものが写っていました。
(一昨年のイベントで撮影したEH500「金太郎」ではわかりませんでした。)

そして、車両によって速度計や圧力計がついている場所が違うのですね。
真ん中に時計がある車両も・・・。(こちらの817系も・・・。)
マスコンの形もそれぞれ違うみたいですね。Tの形のもの、ドアノブのような形のもの、棒状のもの・・。
運転台のこと、これからも少しずつ気にかけてみたいなと思っています。


そして・・・今朝、母が新聞の切抜きをプレゼント?してくれました。(^^;

200810091109

「最近、電車の一番前に立ってるって子鉄ちゃんから聞いたから。この本、いいかもよ・・。」
そんな風に言いながら・・。

母と私のココロをつなぐもの・・・それも鉄道なのかもしれません・・・。

 [ 2008/10/11 21:52 ]  車両のこと 485系 | TB(0) | コメント(3)

485系 の続きなのですが・・・

今、お勉強中なので・・・車内を少しだけ・・・

2008<br />100902 2008100904

灯り・・・に反応してしまう私。
電球にネット状のようなものが囲ってあるだけのシンプルなライトですが
小雨模様の薄暗いお天気の中・・・
とても温かみがあってやわらかくて・・・落ち着いた雰囲気でした。
200810091101

今年も車内で駅弁を食べることができました。昨年は、こちらでしたね。
200810091103 200810091102

子鉄は、「うまか赤鶏弁当」 赤鶏めしの上には、赤酒ベースのタレで焼き上げた赤鶏肉。
子鉄 「おいし~~~い!前に食べた『黒豚めし』よりも美味しいかも・・。」
200810091107 200810091104

私は、あっさりとしたものがよかったので「肥前路弁当 あさりめし」
ひじきの炊き込みご飯には 独自に味付けされた国産あさりがふんだんにトッピングされていました。とても爽やかな味と香りで美味しかったです。
200810091106 200810091105

ただいま・・・いろいろな(・・?!??が少しでも理解できるようにとお勉強中・・・。
だけど、「こうかな? たぶんこうだと思うけど・・。」 そんな感じです。
たぶん・・・そう思うことも、連結器の周辺についているものまでは・・・・難しいというか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

200810091108
↑この3冊は「鉄道ファン」と国鉄特急の本です。


このあと、車両のしくみなどもひっぱり出してきましたが・・・・うぅぅぅぅ~~~

次の記事で ものすごく変なこと・・・書いてしまったら許してください・・・・。( p_q) 





 [ 2008/10/11 16:03 ]  車両のこと 485系 | TB(0) | コメント(2)

485系・・・運転室 その1

「すごーい!」 運転席に座って、思わず声が出ました。
運転席からだと こんな風に見えるのですね。

2008100906

順番を待っている間・・・ドキドキしました。EBって何だろう・・。

2008100909 20081009010

いろんなものがいっぱいあって、(・・?!??写真を撮って、後で調べよう・・・。
2008100907

小さな子供たちはJR九州の制服と帽子で記念撮影していたのです。
運転席に座っていた男の子に、社員の方が
「大きくなってJR九州に就職してたくさん運転してね。」そう言ってありました。
なんだかとても微笑ましい光景でした。o(*^^*)o

2008100908

485系の運転室は どうしてこんなに高いところにあるのかな・・・。(583系も・・。)
200810091011

485系を見て、いろんな発見と(・・?!??がたくさん出てきました。
続けて記事にしたいと思っておりますので
よろしかったらお付き合いしていただけるとうれしく思います。
もしも何かご存知の方は 教えていただけるとありがたいです。

私のことですので・・・本当にいろんな(・・?!??・・・出てきます・・・。


平日の爆走・・・・・しています。
どうしよう・・・大丈夫かな・・だけど、485系のこと・・書きたいのです。
 [ 2008/10/09 22:05 ]  車両のこと 485系 | TB(0) | コメント(5)

485系の・・・・顔のこと

私が向かった先は、こちら・・・。
(来場記念のマグネット・・・昨年は、787系「かいおう」でしたね。今年は800系「つばめ」でした。)
2008100801

駅のホームに着いた時には、展示される車両が485系とは知らなかった私でした。
2008100802

検修庫のある場所に 485系の姿が見えた時には二度・・感激してしまいました。

2008100804 2008100805

2008100807 20081008010

2008100808
2008100803

485系のお顔・・・微妙に違うタイプがあるのでしょうか?(・・?!??

20081008011

実は、ヘッドマーク・・・懐かしいものが他にも出てきます・・。

485系・・・まだ続きます・・・。いろいろ教えていただけると助かります・・。

お弁当も出てきます。←すみません・・興味ないですか?(^^;
 [ 2008/10/08 22:10 ]  車両のこと 485系 | TB(0) | コメント(2)

485系    この駅で・・・・

817系の窓から見えたもの・・・
「えっ? ウソ・・・・。信じられない。」
私は座席から立ち上がり、ドアが開いた瞬間に急いでホームに・・。
待って、待っててね、まだ行かないで・・・←私はなぜかいつもこうです・・・。
間違いありません、485系・・・。どうしてこの駅に?ここを走ることはないはずなのに・・・。(ここは「福北ゆたか線」)

485系 2008100703

慌ててカメラを取り出して撮影しました。
どうして?なぜ?・・・この2枚だけ撮影したあとに485系は動き出しました。
485系 2008100701

どうしてここにきたの・・・そして、どこに行くの?
485系 2008100704

私はココロの中に何か忘れ物をしたような・・・そんな気持ちである場所に向かいました。

ところが・・・

 [ 2008/10/07 21:05 ]  車両のこと 485系 | TB(0) | コメント(5)

こだまちゃん

下書き保存にしていた記事を公開するのを忘れていました・・。(^^;

つい先日、娘とこんな話をしました。

『はやて、つばさ、のぞみ・・・・・そして こまち!! 』
そう、「名前」について・・・。(^^;

この続きなのですが・・・

「お母さん、見て見て!」
↓娘のお気に入りの雑誌なのですが・・・

ラブベリー 2008年 09月号 [雑誌]ラブベリー 2008年 09月号 [雑誌]
(2008/08/01)
不明

商品詳細を見る


「珍名さん いらっしゃ~い!」というコーナーがあって、そこには

「こだま」 ・・・そう書かれていました。

お祖父ちゃんが新幹線が好きだったから・・・だそうです。

女の子で「こだまちゃん」・・・可愛いですよね。

なんだか私・・・自信が持てました。
息子と子鉄の子供には(まだずっと先の話ですが)
『はやて、つばさ、のぞみ・・・・・そして こまち!! 』 に決まりですね。(^^;

ブレーキのこと3 電気ブレーキ

今回は、もしかすると間違ったことを書いてしまうかもしれません。m(_ _)m
だけど、調べたことを自分なりにまとめてみたいと思います。
もしもお気付きになられた方がいらっしゃいましたら ご指摘いただけるとありがたく思います。

ブレーキのこと1で、気になっていた回生ブレーキ・・こちらは電気ブレーキになります。

電気ブレーキ=電動機を発電機として使用し、発電で生じるエネルギーを制動力として使うもの。
電気ブレーキには、発電ブレーキ(モーターを発電機として使用し、そこで発電した電力を抵抗器で熱に変換し消費する。新幹線では、0系・100系・200系・400系で使用されているそうです。)と
回生ブレーキ(しくみは発電ブレーキと同じですが、ブレーキをかけた時に発生した電気を架線に戻す。)があります。

私は最初に 回生ブレーキの『ブレーキをかけた時に発生した電気を架線に戻す』・・というのに驚いてしまいました。そして、その電気を他の車両で再度使うことができるということ・・・私は鉄道に関しては知識がありませんので深いことはわかりませんが、電気の再利用ができる・・
そのことは素直に・・すごいなと思ってしまいました。

この回生ブレーキがいつ頃から使用されはじめたのかはまだわからないのですが
新幹線だと、300系・500系・700系・N700系が回生ブレーキ・・そう書いてありました。
・・・ということは、300系からなのかな・・。(・・?!??違っていたらすみません。m(_ _)m

それから・・・ブレーキのこと2 で、lineさまからコメントで電磁石吸着ブレーキのことを教えていただきました。
http://sararuru17.blog80.fc2.com/blog-entry-485.html#comments←こちらです。
lineさま、ありがとうございました。m(_ _)m

鉄道に触れていると元気になれます・・・明るくなれます・・・。
みなさま、ありがとうございます。m(_ _)m
 [ 2008/10/05 22:00 ]  車両のこと | TB(0) | コメント(8)

ブレーキのこと2 空気ブレーキ(基礎ブレーキ)

鉄のレールの上を鉄の車輪が走る・・・2両以上の車両が連結されている状態で使う・・・
ある一つの言葉から、ブレーキのことを知ってみたくなりました。

ブレーキは空気ブレーキ(基礎ブレーキ)電気ブレーキを併用している車両が多いそうです。

基礎ブレーキは、物理的な摩擦を行ってブレーキをかけるのですね。
車輪踏面、もしくはディスクへ制輪子を押し付けて摩擦を発生させるそうです。

空気ブレーキにもいろいろあって、「自動空気ブレーキ」、「電磁自動空気ブレーキ」、「電磁直通空気ブレーキ」、「電気指令式空気ブレーキ」があるそうです。
↑空気ブレーキのことは、過去記事「台車のこと」で少しだけ理解できたのですが、こんなにいろいろな種類があるということは 今回初めて知った私です。
過去記事台車のこと☆4で、春風☆一さまから頂きましたコメントの中に、ディスクブレーキの説明が書いてあります。春風さま、ありがとうございました。(883系の台車の写真もあります。)

ちなみに・・・新幹線では・・・0系では、圧縮空気の制御に電磁弁を使う電磁直通ブレーキを使用していましたが、200系以降の車両では、ブレーキの指令を電気信号で行う電気指令式ブレーキが使用されているそうです。

余談ですが・・・
電気指令式ブレーキだと、一つのハンドルで加速からブレーキまで制御することが可能になったので、ワンハンドル方式が誕生した・・・そう書いてあるのですが、これはマスコンのこと・・だと思っている私ですが・・・。(汗)検索してみるとワンハンドルマスコン・・が出てきたので、きっとそう。。
他の本を見ると、『在来線では左手にマスコンハンドル、右手にブレーキハンドルという配置がほとんどである。』(新幹線の場合は左右逆になっているそうです。)・・・ということは普通はハンドルが二つ・・・ですよね。もう一度いろんな運転室の写真を見てみた私です。

もう一つ余談・・・
本を見ていたら・・・EF210「桃太郎」の運転室発見・・・マスコンの他に単独ブレーキ弁自動ブレーキ弁がありました。
単独ブレーキ弁は機関車単独用、自動ブレーキ弁は列車全体用・・・なのだそうです。
桃太郎の運転室を見たことがある方・・・いらっしゃらないかなぁ・・・。
桃太郎貨物

私、一昨年のイベントで「金太郎」の運転室を見ることができました。
↓よろしかったらこちらをどうぞ・・。
http://sararuru17.blog80.fc2.com/blog-entry-110.html
今だったら、もっとしっかりと運転室を見学したのにな・・・。
(電気機関車の運転室は同じようなタイプなのかな・・。←ひとり言です・・。)(^^;
今度イベントなどで運転室を見学できた時には、いろんなところをしっかりと見てきます。

車両のしくみを少しずつ知ってゆくと、イベントがもっと楽しくなりそうです・・・。


 [ 2008/10/04 19:20 ]  車両のこと | TB(0) | コメント(8)

ブレーキのこと1 動力分散方式からブレーキのこと

ちょっとでも知ってしまうと・・このノートに書きたくなる。
ずっと我慢してた・・・。だけど、やっぱり書きたい。書いてもいいよね。
だって・・・ここは私の小さな鉄道ノート。 ちょっとでも書けばきっとつながる。
どこかでつながる。そしていつか、車両のしくみを知ることができる・・きっと。

あることからブレーキにたどりつきました。
あること・・・それは、0系のことから・・・新幹線の歴史を読んでいて、湘南型電車80系の登場が日本の鉄道に大きな影響を与え、その後新幹線につながったそうです。
そこで、動力分散方式を採り入れ、効率的な運用を組むことが可能となった・・・ということを知りました。

動力分散方式・・・このことはちょっと前に「さりげなくメモ書き」・・・していたところです。
そして、今度は動力分散方式の復習・・・(^^;まるでお勉強ですね。

動力分散方式
1、列車の中に多くの動力車を組み込めるので加速性能を良くすることができる。
2、一部の動力車が故障しても列車を止めずに運転できる。
3、終端駅では簡単に折り返し運転ができる。
4、電車の場合、回生ブレーキによるエネルギー回収率を高めることができる。

ここで私は立ち止まりました。またいけないところ?です・・。そう、わかってもいないのに途中で知りたくなる・・。パンタグラフの時と同じです。だけど、やっぱり知りたいから・・・。

回生ブレーキ・・・これって・・・??私は大急ぎでページをめくりました。
もう・・止まりません・・・。

続きます・・・。
続くといいな・・・・かな・・・。
 [ 2008/10/03 22:30 ]  車両のこと | TB(0) | コメント(0)

885系・白いかもめ・白いソニックの運転室

大好きな885系・・・白いかもめ。
20081006

こちらの傾いた写真の続きなのですが・・・

いちばん前の席が空いていました。
2008100303 2008100304

「写真を撮ってもいいでしょうか?」 車掌さんにお聞きすると
「いいですよ。」 笑顔でそう言ってくださいました。
全面ガラス張りになっています。  
(走行中はこの状態でした。だけど、スモークガラスになる時もあるそうです。)
2008100305

すみません、ここから先は同じ885系ですが白いソニックです。

2008100308

20081003013

2008100309 20081003010

20081003011 20081003012


ここ数日の想い・・・

今、いろいろと思うことがあって
どんな風に書いたらいいか・・・迷っています。
悩んでいるとかではなくて
いつもの通り・・疑問だらけ・・・つなげることもできないかも。

だけど、私はやはり・・ちょっとでも知ってしまうと気になるのです。
小さなことでも感動してしまうのです。
自己満足だけど、小さな発見を書きたいのです・・・。
この小さな鉄道ノートに・・・。

プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-