駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

子供たちの夢をのせて

「すごいー!見て、見て、新幹線!!」 TVを見ていた子鉄が叫びました。
なんとそこには・・・
福岡県内のある幼稚園に0系が保存されていたのです。
(0系の中は保育室になっていました。)
気になった私は、早速調べてみました。
こちら・・のサイトに・・・。 ⇒http://hawks-npo.jp/blog/?p=2583
1枚目の写真に0系が写っています。(屋根の下にいますね。)

こちらは本物の新幹線がある幼稚園・・・で有名なのだそうです。

夢をのせてレールの上を走っていた0系が
今度は、幼稚園で子供たちの夢と成長を育んでくれる・・・・
いろんな考えがあるとは思いますが、私は素敵なことだなって思いました。


こんなことって・・・書いていいのかどうかわからないけれど・・・
(もしもいけないことだったらすぐに削除します。)
幼稚園や保育園、小学校などで車両を保存することができたらいいなって・・・。
そのままの形では無理かもしれないけれど、図書館とか・・・
無理なのかなぁ・・・

本当はもう少し書きたいことがあるのですが・・・私は想いが入り込みすぎちゃうので、やっぱり控えます・・・。

そろそろ・・・博多駅に戻らなくては・・・。最近、いつも同じことを書いているような気がします・・。(^^;


普段、何気なく見ていたヘッドライト。電球は上下2灯だったのですね・・・。(試験車両1000形では1灯だったらしいです。そういえば、目元が違って見えました。)
IMG_4052  14 IMG_4042  14
0系、最後の記事は 大好きなお鼻とお目々で・・・。

素敵な漫画

今日は、素敵なHPをご紹介いたします。
私のブログを訪問してくださっている 電竜さま・・・実は、JR九州の列車たちをモデルにした
素敵な漫画をお描きになっていらっしゃるのです。

主人公は、九州新幹線 800系 つばめ。 つばめの赤ちゃん時代がとっても可愛いのです。
883系や885系・・・なにげに783系がカッコよかったり・・。
細かいなって思ったのは、なんと・・・なんと、817系も登場しているのです・・・。

みなさん、よろしかったら覗いてみられませんか?

http://sonic883.at-ninja.jp/←こちらをクリックしてくださいね♪


関門を越えたところで、九州の列車たちのことに興味を持ってくださったり
好きでいてくださる方がいらっしゃること・・・
九州在住の私にとって、これほどうれしいことはありません・・・。

いつも書くのですが、年齢や性別を越えて・・・(関門も越えて)(^^;
鉄道を通して情報交換やお話しができることに心から感謝しております。m(_ _)m

本当にありがとうございます。

夢と希望を運んでくれた・・・

先週は、0系新幹線のスペシャルサイトに入り込んでしまった私・・。
こちらの駅のブログでも、新幹線を走らせたかったのですが、私はFC2でプラグインのカテゴリを使用しているため、ブログパーツとの相性が悪く・・・こちらでは走らせることができませんでした。

出発から各駅に停車する時に、ドアが開き・・・そのブログに書いてある言葉をのせてゆくのですが・・・よく見てみると「夢」「希望」「人」「出会い」「楽しい」・・・などをのせていたようです。
たくさんの夢や希望を言葉通りのせて走る0系・・・
そして、私はふと思いました。 

到着した駅では・・・どうなるんだろうって・・・。(・・?!??

そうだ!私にはもう一つ・・・ブログがあるじゃない!・・・ということで、「さりげなく・・」の駅を新大阪にしてみました。

実は、こだま674号・・・こちらのブログを訪問してくださっている方のブログの中の夢や希望などの言葉をのせて・・・最後に私の「さりげなく・・・」(新大阪駅)に到着しました。(こだま674号 23:21に「さりげなく・・・」にやってきます・・・。)

すると・・・いつものようにドアが開いて・・・・(普通はここで文字を拾ってのせてゆくのですが)
なんと、ドアの中から「夢」、「希望」など、たくさんの言葉が飛び出してきました。

そうなのです・・・・ブログの中でも、0系は本当に夢と希望を運んでくれました。

↓文字が出てくる前にシャッター押してしまいました・・・。残念・・・。撮影、なかなか難しいです。
今日は早く休まないといけないけれど、今夜が最後なので、もう一度挑戦したいと思っています。
IMG_5348あかるい  28
私って・・・変かもしれないけれど・・・・←だけど、これがいつもの私・・・。(^^;
無題 30


ブログって、人それぞれ・・・いろんな楽しみ方があると思います。
日記もあり、発表の場でもあり、お喋りの場でもあったり・・・。
時には笑いあり、涙あり・・・
ブログ・・・それは私にとっては、車両のことを調べたり真剣に悩んだり考えたり・・もありますが
そこには鉄道への想い・・・そして夢と希望が繋がっているような・・・・そんな気がします。

はやぶさが無理でも、のぞみに夢をつなげたい!!  これが今の夢です・・・。
 [ 2008/11/30 10:40 ]  いろんな想い | TB(0) | コメント(0)

0系


新幹線のホームに ひとりぼっちで立っていると心細くて
いつも柱の影に隠れて待っていました。

だけど、まぁるいお鼻とまぁるい目が見えると
なんだかホッとしてしまう・・・そんな夏の終わりでした。
IMG_4312  16

私は、ドアが開くたびに・・・乗ってしまいたい気持ちになりました。
IMG_4033  16

本当は今日・・・もう一度会いたかったけれど
IMG_4034  16
可愛いお鼻に柵が入ってしまいました・・・。↓
IMG_4059  16

ごめんね・・・ここで・・・さようなら・・・
IMG_4316かっと  23

お知らせ 

0系・・・明日で本当にお別れですね。44年間、本当にお疲れさまでした。m(_ _)m
本当はこのまま続けて書こうかと思ったのですが・・・・
実は、福岡に・・・保存されている0系があるのです。
次の記事では そのことを書きたいなと思っています。


おでこが黒いよ☆ゆふいんの森

また・・・変なタイトルです。(^^;
夜の博多駅はもう少しだけ続きますが、ちょっと寄り道・・・。

こちらは春の博多駅・・・日差しが春ですね。
やってきたのは「ゆふいんの森号」 (キハ71 )いつ見ても上品です。
そして、いつものようにじーっと見る。車体に穴が開かないように、じーっと見つめる。
「あ!おでこが黒い。」←パンタグラフが無いのにどうしてだろう・・・
(・・?!??・・のまま書いてばかりじゃいけない!なんて思いつつ・・・これは・・

排気煙のススが屋根について黒くなる・・・・ということだそうです。
どうもありがとうございました。m(_ _)m

ゆふいんの森 キハ71  01 ゆふいんの森 キハ71  02

実は、左から2番目の窓の中から視線を・・・背中からも・・・・・痛っ☆彡
撮影している時って、本当にかなりの視線を感じます。
ゆふいんの森 キハ71  03 ゆふいんの森 キハ71  05

たくさんのお客様の夢も一緒に乗せて、ゆふいんの森号(キハ71)は別府に向けて出発しました。
「いってらっしゃい・・・。素敵な時間を過ごしてね・・。」
ゆふいんの森 キハ71  07

右に見えるのは・・・885系・白いかもめですね。(白飛びしてる・・?)


そして、こちらは2007年10月18日に乗車した ゆふいんの森号 キハ72 の車内の様子です。

http://sararuru17.blog80.fc2.com/blog-entry-291.html
「ワイン列車で行く夜の門司港」・・・よろしかったら・・・どうぞ。

ちなみにキハ72は、こちらの記事の上から2枚目の写真です。

また横道にいっちゃうかもしれませんが、次は夜の博多駅に戻る予定です。
 [ 2008/11/24 15:50 ]  車両のこと | TB(0) | コメント(9)

夜の博多駅 885系

帰れないよ・・・シリーズ3?
この写真で、白いかもめか白いソニックかわかったとしたら・・・すごい・・・とはいっても
前回の記事では、確か「かもめ」の表示があったはず。
ところが、そうはいかないのが・・・・・885系の兄弟・・・。
今夜は、どちら???
2008112302

そのお顔は・・・青いラインは・・・
2008112303

そう、白いソニック・・・なんだけど、やっぱり今日は「白いかもめ」でした。
この日の気分は、かもめに会いたかったんだけど。
2008112309 2008112306

この形、芋虫みたいだけど、芋虫のカタチがこんなに美しいなんて・・・私はそう思うのだけど。
20081123018

最近は仕事が忙しくて、なかなか会えません。なので、こんな時に確認。
お鼻の「S」、まだついてる。先日の小倉工場まつりの時に、このSが撤去されてシールになる・・
そう聞いたのだけど・・・。もしかしたら、そのままの状態だったりして・・・。
このS・・・小さく見えるけれど、実際に見ると大きいのですよ。
2008112305 2008112307


数年前までは、ヘッドライトが光っている間に撮影することができなかった私・・・。
それにはいろんな意味があって、書くと長くなるので・・・省きます・・。(^^;
その後787系と並んだのだけど・・・ブレてしまったのと傾いてしまったものばかりでした。( p_q) 

2008112301 20081123010

私、そろそろ帰れるでしょうか・・・。
子鉄に元気が出てきてOKサインが出たので、もうちょっとだけ。

帰れないよ・・・2

・・・・きた。  帰れないよ。

20081123かもめ88501
 [ 2008/11/23 00:50 ]  いろんな想い | TB(0) | コメント(2)

帰れないよ・・・1

新幹線のホームまで行きたかったけど
「のぞみ」・・・の文字を見てしまうと
乗ってしまいそうな気がしたから
行かなかった


大丈夫だよ~・・・ここは在来線だから、乗れないって・・

IMG_5218  20

そして上を見上げる

帰れないよ・・・

IMG_5221  20

これを見ちゃうと、帰れないよ・・・

IMG_5222  20

やっぱり、帰れないよ
 [ 2008/11/23 00:43 ]  いろんな想い | TB(0) | コメント(0)

楽しみです・・・

ここに座ってみたいなって・・・思います。

2008112120



20081121122

子鉄・・・喜ぶだろうなぁ・・・。

20081121123



↓クリックすると拡大します。
IMG_5028  45


8620形 58654号機


2008112101

今回は静かに写真だけアップいたします・・。どうしてなのかは・・・続きを読む・・・にて・・。

2008112104 2008112103

2008112105

20081121014


IMG_4985  23
2008112106 2008112107

20081121010

2008112108 2008112109


2008112103
20081121011




↓お時間のある方だけ・・・どうぞ・・・。
 [ 2008/11/21 20:30 ]  蒸気機関車のこと | TB(0) | コメント(0)

お疲れさまでした

2008年11月21日 追記 いたしました。

今回、タイトルが思いつきませんでした。
だけど、この台枠を見たとき・・そしてハチロクが急な勾配を頑張って走っていたことを
知って この言葉を・・・そう思いました。(これでも精一杯のサラリ・・です。)

58654号機が走っていた豊肥本線には、阿蘇の外輪山越えの33パーミルの
とてもきつい勾配がありました。
勾配については、こちら「勾配」の記事に書いておりますので
よろしかったらご覧になってくださいね。
2008111603

客車3両でしたが、平坦線向きの58654号機にとってはかなり無理がきていたようです。
特に台枠に歪みが発生・・・・走行時の振動や重量なども加わっていたのですね。
2008111604

台枠の歪みは、動輪にもさまざまなトラブルを誘発するそうです。
今回の復元では、台枠も新造されることになりました。
2008111606
これは・・・?
ちいさな丸い穴がいっぱい・・・もしかすると・・・。
2008111601

これは火格子(火室・・かもしれません。もしも間違えていたらすみません。)の奥にある部分だそうです。
煙は、ここから大小数十本もある煙管を通ってゆくのですね。
過去記事「蒸気機関車のこと☆そのしくみ」に関連記事を書いています。
ボイラも新しくなります・・。(^^)

2008年11月21日 追記

こちらは火室奥の内火室管板というものだそうです。
下の部分のボツボツしているところは、外火室から内火室を支えるための支持ボルトが付いていて、内火室は多数のボルトで外火室板から宙に浮いた状態で取り付いているということです。
教えていただきまして ありがとうございました。m(_ _)m
2008111602

光が射し込む工場の中で・・・
2008111607

58654号機が組みあげられてゆきます・・・。


つづく・・・

そう書きながら、また横道に入ってしまったら・・・すみません。m(_ _)m
 [ 2008/11/16 14:25 ]  蒸気機関車のこと | TB(0) | コメント(6)

勾配

勾配のことについては、峠の歴史 EF63 その2の記事で書いたほうがよかったのですが
次の記事にも少しだけ出てきますので・・・ちょっとだけメモ書きしたいと思います。

勾配を表す単位=線路の勾配は千分率で表されます。記号は ‰ パーミル。
           (水平距離1,000mの間に何m登るかで勾配を表します。)
             
例えば・・・30‰というと、1km進むと30m上がる(下がる)ということになります。
       ↑次の記事へとつなぎます。

ちなみに・・・
日本の鉄道で粘着運転のみで登板している最も急な勾配は
箱根登山鉄道の80‰だそうです。

そして、ロッヒャー式ラックレールを使用しているスイスのピラトゥス鉄道は
480‰という世界一の急勾配だそうです。
こちらの傾斜・・・粘着運転だったら下がりそう・・・そう思ってしまいました。


管理人のひとりごと

勾配標のお話し・・・
勾配の始点と終点に白い杭が立てられていますよね。(もしかすると・・他の色もある??)
上向きと下向きになっているのは、勾配の上がり下りを表しているのです・・・。

勾配が急になるほど速度が遅くなり、牽引できる両数も減少しますね。
そうそう・・勾配抵抗なのですが
列車重量に勾配(‰)をかけて、1,000で割ったもの・・・
つまり、500tの列車が20‰の勾配を登る時には
10tの勾配抵抗を受けることになるのですね。

除煙板 

「門デフ」のことについて もうひとつのブログで書いていたのですが
もう少しいろいろと知りたくなってしまったので、こちらでもう一度記事にしたいと思います。

まず、おさらいから。
除煙板=煙をボイラー上へ吹き上げ、運転室に入らないようにするためのもの。
蒸気機関車には除煙板が付いていないものもあったのですね。

除煙板といえば、パッと思い浮かぶのが このような形なのですが(私だけでしょうか?)
「門デフ」は除煙板の上半分を残して切り取って、車体に取り付けたものだということです。

そして・・・
「門デフ」は門司鉄道管理局デフのこと、他にも「小工式切り取り除煙板」・・というのもあって、???(・・?!??・・そう思っていたら、「小式」というのは、工場の名前をとったものなのだとか・・。
まわりくどい書き方になってすみません。
つまり、「門デフ」 「小工式切り取り除煙板」こちら二つの正式名称は「小倉工場式切取り除煙板」・・・ということらしいです。

除煙板にはいろいろな飾りが施されているものもあるのですね。
C50 58(後に79668へ)には「波に千鳥」・・・ということで検索してみました。こちらのサイトに・・・
「波と千鳥」の除煙板は、現在も小倉工場で保存されているらしいです。

こちらは鉄道ファンから・・・
もしも2006年2月号の鉄道ファンをお持ちの方は23ページをご覧になっていただけると「波に千鳥」の飾りがよくわかります。(鉄道ファン 門鉄デフ調査レポート 1 ・・の方かも・・。)


「金のかもめに銀の波頭」(C57 11)も見てみたかったな・・。残念ながら見つかりませんでした。
ところが・・・今、もう一度検索してみると・・・
もしかすると、こちら??そうみたいです・・・C57 11号機の装飾を再現と書いてあります。
http://www.jrniigata.co.jp/press/081110sl.pdf

除煙板・・他にもJNRのマークが入っているものもあるのですね。


そろそろ・・・ハチロクに戻らなくては・・・。
 [ 2008/11/15 20:45 ]  蒸気機関車のこと | TB(0) | コメント(0)

カウキャッチャー

申し訳ありません。m(_ _)m  記事内容を修正いたしました。

カウキャッチャー

鉄道車両につける牛避けバンパー。排障器とはちょっと違うみたいです。

その昔、蒸気機関車に牛が体当たりしてきたのでしょうか・・・。
山の近くでイノシシが車に体当たりして車が凹んだ・・っていうのはよく聞きますが・・。

カウキャッチャー・・・私には写真がありませんので、こちらの資料から・・・・
「7100形式 7101号機弁慶号蒸気機関車」
2枚目の写真・・・これがカウキャッチャーと思います。



他にも追記で書きたいことがあるのですが、まだよく理解できていないことなので
また今度書きたいと思っています。


 [ 2008/11/15 18:00 ]  蒸気機関車のこと | TB(0) | コメント(2)

夢と情熱と・・・

ずっと奥に見える黒いもの・・・大きな黒いもの・・・

IMG_5018  18

レンガ造りなのだけど、窓が高いところにあって光がサンサンと射し込む・・・
この中で大事に大事に・・・再復活に向けて復元工事が進められている蒸気機関車。

IMG_5025  23

ついつい工場の中が気になって、天井もしっかりと見てしまう私・・。
いろんなものがぶら下がっているなぁ・・・って思いました。
IMG_5024  23

小倉工場のHPのトップ

私たちはメンテナンス[車両保全]の
プロフェッショナル。
列車を夢と情熱でつくります。
車両の安全を
私たちが支えています。

そう書いてありました。

列車を夢と情熱でつくる・・・
浪漫鉄道・・・そのもの・・・

素敵だな・・・素晴らしいなって・・・思いました。


つづく・・・

やっと・・・

ここまできました・・・  (約1ヶ月かかってしまいました・・・。)
IMG_5034  15

もうすぐ会える・・・
IMG_5035  20

つづく・・・

2年が過ぎても発見を大切に・・・

今回も私の小さな発見です。(^^)本当に何でもないことなのです。だけど、私にとっては大きかったりして。1年の成長と思ってください。
あっ!今気がつきました。このブログ・・・2周年になっていました。
いろいろ悩みながら続けてきましたが、みなさまのおかげで2年も書き続けることができました。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。m(_ _)m

昨年は、車両展示の後ろに並んでいた クモヤ740(昨年の記事は←こちらです。)・・・今年は工場の奥の方にいました。1年ぶりに「こんにちは」 再会できた時って嬉しいですね。

昨年は気が付かなかったこと・・・クモヤ740は南福岡電車区所属・・・南福岡電車区って「北ミフ」だけど、車体には「本ミフ」・・。昨年だったら?・・そう思っていたかもしれないけれど今回は大丈夫・・。先月、 「さりげなく・・」にもちょっとだけ・・アップしました。
昔は門司鉄道管理局管轄で「門ミフ」、その後国鉄分割民営化で「本ミフ」、2004年に北部九州地域本社の管轄で「北ミフ」←787系や885系に書いてありました。
↑のことはみなさまからのコメントでも教えていただきましたよね。ありがとうございました。
2008110902 2008110901

そして、クモヤ740のお隣にいる車両を見ると・・・
2008110903

「ぱこっ☆彡」 ←すみません、なんとなくそんな音をつけたくなりました。
2008110906     
上に浮き上がっている丸い蓋がカバーですよね。普段はピタッと閉じているような・・。こんな風に開くんだ・・・。
2008110904  

そして、ここで思わず・・・ この大きなものはいったい何?そう思ってじっと見る、違った角度からも・・見る。とにかく大きくてビックリ。(後ろにクモヤ740が見えるのでどのくらい大きいかがわかりますよね。)
全然わかんないのに、ただボーっと見ている私。だけど、車両のどこかについているんだろうな・・・そう思いました。
2008110908 IMG_5054  14

とにかく写真だけ撮って、あとで調べよう。・・・そして、給気冷却器で検索してみると・・・これはインタークーラー、中間冷却器。ちょっと難しくて、私には今ここで書く自信は無いので・・詳しいことはもうちょっと(でなくてかなり先になりそう)後で調べてみます。構造は自動車のラジエータと同じみたいですね。大昔、父が冷却水がどうとか言っていたなぁ・・。(水が足りないとエンジンが焼けつくとか・・。)
いったい何の車両についていたんだろう・・・。とても重そうですね。
2008110907 2008110909

そして、歩いていくと・・・なになに・・「制輪子置場」・・・制輪子を置く場所なんだ・・・。
IMG_4854  14 IMG_4855  14


いよいよ・・・がんばろう!の記事に突入します・・・。
それが終わったら・・485系と583系・・・その前に「こだま色」からお勉強かな???
今、ちょっとした言葉にもココロが震えています。
その言葉、書きたいなぁ・・。  どこかで書きたいです・・・。

歩きながら・・・いろんな発見

鉄道のイベントでは いろんな催しがありますよね。
バザーや鉄道グッズ販売、ミニSLも運行されていて小さなお子さんたちも楽しそうでした。

私も歩きながら・・・いろんなところに寄り道して観察、そして・・・。今回の子鉄・・・
2008110806
あ、こんなところに・・・これは、台車枠ですね。FT1・・そう書いてあります。
検索してみると、JR貨コキ100形・・というのが出てきたけれど、もしかするとその台車かも・・。
20081108011 2008110802

ここは885系が展示されていたすぐ近くです。 細いレールがあります。この丸い部分・・回りそう。
2008110802 2008110801

そして、またまた歩いて行くと・・・これは連結器に見えるのだけど・・。
2008110807 2008110804

ずっと遠くに見えるあの機関車はED76。 パンタグラフを近くで見ることができました。
2008110808 2008110812

そして、次の場所へ向かって歩いていると・・・・こ・こ・こ・これは・・・・。
20081108010
もしかすると・・これ・・・。
2008110809

ブレーキをかけたときに車輪に押し付けてとめる・・・という・・・制輪子・・・



つづく・・・

いけない・・もうこんな時間・・・。

夢をのせて・・・

この海を越えたら、ちょっとだけ近くなれるような気がする。
この海があるから・・・遠いのかなって思う時もある。

20071122_371707 90

でもね、この海の向こうにもレールは続いている・・・。
「はやぶさ」も「のぞみ」もこの海を越えて走ってゆく。
夢の列車になって・・・。

私は海の向こうにいるのだけど
クリック一つで遠くの駅に行くことができて
いろんな列車を見ることができて
たくさんの夢を見てる。

20071125_373274.jpg

そして私は、その夢が現実になりますように・・・って
海の向こうが夕焼けに染まる空に・・・お願いしてしまう。


 [ 2008/11/08 23:45 ]  いろんな想い | TB(0) | コメント(2)

885系・白いかもめ(運転台とグリーン車)

イベントで「885系・白いかもめ」の運転台を見ることができました。
運転席に座って、マスコンも触らせてもらいました。思っていたよりも軽くてビックリしました。
2008110401

過去記事『885系・白いかもめ・白いソニックの運転室』←こちらだと全体の雰囲気がわかります。
2008110402


2008110403

そして・・・・デッキとの間の仕切りガラスには、和紙が挟んであります。
2008110404

デッキからすぐ入ったところに このようなスペースがありました。
2008110406 2008110405

グリーン席のシート・・。(座ってみました・・・。だけど、一瞬だったのであまり覚えていない・・。
2008110407
木製のテーブル・・開いてみました。(^^; ↓浪漫鉄道の法被がチラッと見えています。 2008110409 20081104010

一番前には、小さなカウンター(テーブル?)がありました。
20081104011


浪漫鉄道

実は、今日・・・キモチがグレーっぽいので(笑)、ブログは明るく更新したいと思います。
大丈夫です、凹んでなんかいませんので・・・。興味のない方はどうぞスルーしてくださいね。☆  

885系・白いかもめの運転室見学の前に、私と子鉄は あるテントに寄りました。
そこには、つばめ・・そう書かれた扇子が・・。この扇子、開くとこのような感じになります。
なんと・・一本50円ということで、思わず・・「三本ください!」←本当に・・。
子鉄・・「ちょっと、またいっぱい買っちゃって・・誰にあげるのよ!」
・・そうなのです・・私って、何でもそうなのですが、同じものを3~5個買ってしまう癖があるのです。そして、お土産とかお礼にするのです・・。いいでしょ??本当は、みなさんに送信したい気持ちです・・・。えいっ!届いたかなぁ・・・。←妄想の世界ですね。(笑)

そして、このつばめの扇子を袋から出して、後ろ姿のこちらの方が・・・とても素敵に(^^;この扇子の使い方を教えてくださいました・・・というか踊ってくれたのかな・・。
つばめ 扇子 浪漫鉄道01

そして、その時・・後ろ姿に・・・ある文字を発見!!
なんと、後ろ姿に 「浪漫鉄道」 
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、こちらはJR九州の社歌なのです。歌詞はこちらに・・・。
法被の背中にまで「浪漫鉄道」・・さすがJR九州・・なんて。(^^;
そして、私は「すみません、背中の写真を撮らせてください!」・・・でパチリ・・。
浪漫鉄道02
すると・・・「あの、前(顔)はいいんですか?」そう仰ったので・・「ハイ、後ろだけで・・。」
その瞬間、周りからどっと笑い声が・・・。「えっ?私・・何か悪いこと・・言ったっけ??」
そこで子鉄・・・「そんな時は、後ろだけじゃなくて前からも撮らなきゃ失礼でしょう!」
私・・・本当に・・・失礼なことをしてしまいました・・・ごめんなさい・・。m(_ _)m

ソニックの「S」も素敵だけど・・・かもめのマークも・・・いいですよね。
かもめのマークも欲しいなぁ・・・。←ひとり言です。(^^;
かもめも素敵


そして・・浪漫鉄道ということで・・・
私のド下手な・・・(ちょっと怖いくらい傾いてます!)写真を・・・あーっ・・下手すぎて怖い・・。

行き・・・西小倉駅にて。
西小倉03
「通過列車が・・・。」そのアナウンスに、カメラを取り出すと・・・白いソニックが・・・。
西小倉にて01 西小倉にて02
疲れ果てて、帰りの南小倉駅で・・・
南小倉03
またまた「通過列車が・・・。」・・・えーっ!間に合わないよぉぉぉぉ~・・。
南小倉01 南小倉02
あっという間の出来事でした・・・。
突然やってきた真っ白な855系・・・美しく撮影するって大変・・・・そう思うのは私だけなのかな・・。
だって、真っ白な新幹線でもみなさん・・お上手・・。
突然・・というか、思いがけなくやってきた時って・・・私はそのままオートでシャッター押すしかできないので・・・。他にやり方って・・あったりして・・。瞬間的に撮影する時って、どうしてるのかな・・。

saraのひとりよがりの浪漫鉄道でした・・・。

今週は、ちょっとだけ記事になりますが、できるだけ更新する予定です。(イベントのこと・・。)


パンタグラフ支持架台・・の支持棒(振り子式車両のパンタグラフの続き)

過去にこのような記事を書いていました。
パンタグラフ7  集電舟(そして振り子式車両のパンタグラフ)
その時に、振り子式車両にはパンタグラフ支持架台(詳しくご覧になりたい方はこちらの画像の方がわかりやすいです。)の上にパンタグラフがあるということがわかったのですが、今回はその架台を支えている支持棒を近くでしっかりと見ることができましたので、記事にしたいと思いました。
パンタグラフと台車が気になる私の・・・これこそ究極の自己満足な記事になるかと思います・・。(^^;

今回のモデルは、イベントで展示されていた885系・白いかもめです。☆彡  
こちらの台車の写真と・・・
885系台車01

こちらの台車の写真の違い・・・もう、おわかりですよね。
885系パンタグラフ支持棒03 パンタグラフ885系支持棒02

またまた、おさらいなのですが・・・
振り子式車両のパンタグラフが屋根に固定してあると、車体が傾いた時に(振り子式車両に乗車された方はご存知と思いますが、かなり傾きますよね。)パンタグラフの位置が架線に対して左右に大きく変化して架線から外れることがあります。
そこで、パンタグラフの支持位置を変えなければならない・・・ということで、いろんな工夫(空気シリンダーで動かしたり、ワイヤーでスライドさせたりする方法など)がされているのですが、こちらJR九州の885系や883系(JR東日本ではE351系)では、支持棒で支える方法が採られています。
885系白いかもめ       パンタグラフ支持棒

パンタグラフ支持架台が台車枠とつながった支持棒によって支えられているので、車体が傾いても線路中心に対するパンタグラフの位置は保つことができます。↑今回、パンタグラフの絵が描けませんでした。難しい・・。
上の885系の写真は暗くなってしまってよく見えないので、883系・青いソニックにちょっと・・・線を引いてみました。このような感じで支持棒が通っています。
883系パンタグラフ支持棒01

再び885系・白いかもめ・・・撮影する時の私の格好・・・想像すると怖いですよね。
長蛇の列の中で・・・1人潜り込むようにして写真を撮ってる・・。子鉄・・・ちょっと、誰もそんなところ撮ってないってば・・もうやめてよ・・みたいな顔・・。
正直、床下に入り込みたい気持ちでした。真剣・・・。
885系パンタグラフ支持棒01

このブログ・・・はっきり言って、女性が書くような記事じゃないですね。もう、完全に開き直ってます。
本当にグレー系どころか・・・ちょっと・・・引いてしまいそう・・・。
だけど、やっぱり車両のことが好きという気持ち・・・知りたい気持ち・・・一つの記事をそのままで終わらせたくない気持ち・・・きちんと理解できたり、自分の目で確認できたことはもう一度こんな風に記事にしたい・・・そう思っています。 それが私の鉄道への想いの一つ・・かも・・。過去から現在につなぐこともですが・・・。

これから書いてゆく記事の中で・・・どんな小さなことでもいいので、鉄道のことで何か一つでも共感してくださる方とお話しができたらいいなと思っています。(^^)

その大昔・・・電気の方が専門だった父ですが、機械を扱うのも好きで、車なんかもバラしていたのですが・・・「車の下に入る時はジャッキが壊れる可能性もあるから、丈夫な箱でもなんでもいいから入れておきなさい。」アルバイトの学生さんにそう言っていました。それを見て、聞いて育った私・・・自分は実際にやったことはないけれど・・・環境なのかな・・・興味を持つと入り込みたくなります・・・。

まだまだ続きます・・・が、今日はどこまで書けるのだろう・・・。

トラバーサを見ることができました

過去でトラバーサのことを記事にしていたのですが、そのときは鉄道博物館と同じくらい
私が行ってみたいところの記事や写真をいろんなサイトで拝見して・・・
トラバーサが気になっていた私でした。
小倉工場にもあるはず・・・ということがわかって、今回のイベントではトラバーサを探しました。( ^ ^ )Y

もしかすると・・・あれー!

 トラバーサー06

走ります・・・走ります・・・憧れのトラバーサ・・・。
この時、子鉄はかなりご機嫌ナナメでした。
「もう、鉄道が絡んでくるとペースが速い!私、ついて行けない!」
私・・駅やイベントに行くとこうなってしまうのです。怖いくらい元気になってしまう・・。その時だけですが・・。
トラバーサー07

同じ・・同じ・・・遠いところの工場の写真と同じ・・・。きっと、そう!

トラバーサー01

トラバーサー0107

わーっ!!トラバーサだー!!!ヾ(@^▽^@)ノ←私 ヾ(@^▽^@)ノ←子鉄
トラバーサー02

レールがあります。ここを車輌が通るのですね。  レールを確認して感動しました。
トラバーサー05  トラバーサー03


やっと自分の目で確かめることができたトラバーサ。
おさらい・・ということで・・・

『トラバーサ』とは、横方向に移動させる搬送機器で それぞれの建物でつくられた部品やつくりかけの車両はこの線路を通ってそれぞれの工程の建物に運ばれ 徐々に完成してゆくのだそうです。(限られた敷地面積で効率よく車両を製造するためなのですね。)



まだまだ続きます・・・・・

書きたいことがいっぱい

10月に小倉工場まつりに行ってきたのですが
その時のことを過去記事につなげてアップしてゆきたいと思っています。

かなり自己満足な記事が続きますので・・・
本当にお時間があって、興味のある方だけ・・・ご覧になられてくださいね。

本当に、ものすごく自己満足な世界の始まりです・・・。o(*^^*)o

だけど・・・いままでの記事とつなげることができる・・・・
これって私にとっては最高に嬉しいです。
その上で・・・
共感してくださる方がいらっしゃれば
もっと・・もっと嬉しくて
うまく書けないけれど・・・

うれしいのです・・・ヾ(@^▽^@)ノ




485系のことも583系のことも、ちょっとずつ書きたい・・(知りたい・・)

プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-