駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

制限速度のことから

本当に初歩的なことを記事にしてしまいます。
信号機のことが気になって、いろいろ調べていて・・・当たり前のことなのですが、列車っていつも同じ速度で走っているわけではないこと・・・それは信号機だけじゃなくて、他にも何か関係することがあるのかも・・・そう思って調べてみることにしました。(今さら・・・ですよね。本当に今頃になって・・・です。)

運転速度は、線路や車両の性能などによって最高運転速度が違う・・・いったい、それはなぜだろう・・。
きっと過去に少し触れていたかもしれないけれど、その時はきちんとわかっていなかった自分。

まず、車両のことから。
車両に関しては台車の強度も関係するらしいのですが、台車も改良されて強度が増せば、同じ車両でも台車が違うだけで最高速度が違う・・・?ということになると考えていいのかな・・・と思ったのですが・・。←最初からちょっと(・・?!??・・・自信なく書いています。
それからブレーキ装置の性能、これはそうですよね。
そして、振り子式車両は曲線(通過速度は、カーブの半径などによって制限される。)で高速運転することができる・・・。E351系スーパーあずさ sara381系 「しなの」883系青いソニック
車両のこと・・まだ他にもあるかもしれませんが、私にはここまでしかわかりませんでした。(他にも何かありましたら教えていただけるとありがたく思います・・・。)

次に、線路のこと。(久々に線路です・・。ちょっと緊張します。)
レールの種類、マクラギの数、道床の構造によって決まるそうなのですが、ここでは線路の構造のことを少し書いてみたいと思います。(実は、上記3つは、制限速度との関係がよくわからなかったので・・。すみません。)
曲線区間では、カントによって制限を受けます。カントについては、過去記事「レールから」に書いています。
それから・・・分岐器です。
分岐器は、少しでも位置がずれてしまうと脱線することがあるらしく、線路の中でも特に念入りに点検整備される箇所だそうです。そして、分岐器には、継ぎ目部分や可動部分、欠線部分が多いので、通過する時にはスピードを落とします。
↓上の絵ですが、ノーズレールとウイングレールのところに欠線部分がありますよね。
ノーズ可動式クロッシング
そこで、列車が高速で通過できるようにつくられたのが、↑下の絵のノーズ可動式クロッシングです。
ノーズレールが動くことで隙間をなくし、列車は高速で通過することができます。新幹線で用いられているそうですが、在来線でも使われているのでしょうか・・。
そして、これは昨日、図書館で借りてきた本(鉄道施設がわかる本※坂本衛=著)で知ったのですが、可動クロッシングは、なんと昭和3年に開発されていたそうなのです。(戦後大阪駅構内にあったそうです。)
当時、いろいろな理由で姿を消したらしいのですが、その後スピードを至上とする新幹線で再び開発され、ノーズレールが左右に動き、ウイングレールに密着することで車輪の落ち込みをなくす構造になりました。

そして、弾性分岐器。継ぎ目がなく、トングレールとリード部を一体化させ、しなるように動くそうです。←こちらはこれ以上、詳しいことがわかりませんでした。

最後に、架線のこと。
第三軌条方式剛体架線では高速が出せないそうです。
第三軌条方式のことは、過去記事「パンタグラフ 2 電車線方式と第三軌条方式のこと」に書いてあります。(少しだけですが・・。)
剛体架線とは、ちょう架線によってトロリー線を吊るす方式ではなく、T形の導電材をトンネル上面に直接取り付ける構造です。(トロリー線は導電材の下に直接固定。)
ちょう架線のように弾力性が全くなく、パンタグラフとの追従が悪いので、スピードを出すことができないのかな・・・そう思いました。
このことは、過去記事「パンタグラフ 8」「架線のこと」こちらの二つの記事を書いたときのことを思い出したので・・。

最後はきちんとまとめなくては・・そう思いつつ、自分が気になって調べたことと、いつものように(・・?!??・・・を書いて終わってしまいました。
もしもご覧になってくださった方がいらっしゃいましたら、本当にありがとうございます。
そして、何かお気付きの点がありましたら、教えていただけるとありがたく思います。

最後に・・・
今回、この記事を書くにあたって、過去記事をリンクしながら思ったこと・・・。
その時の興味でバラバラに調べている私ですが、過去に調べていたことと今現在興味を持ったことがこんなにもつながっていたことに・・ちょっぴり驚いています。
何もわからずに、ただ好きなだけで書き続けてきましたが、その積み重ねによって いつか本当にわかってくるときがくるのかな・・・今、少しだけそう思っています。
そして、不定期更新のこのブログに助言してくださる方、覗いてくださる方、これまでにも通りすがりで閲覧してくださった方、本当に励みになっています。
平日はなかなか更新できませんが、これからも細々と記事を書いてゆきますので、どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m
スポンサーサイト
 [ 2009/05/31 11:52 ]  車両のこと | TB(0) | コメント(11)

駅・・・素敵な想い・・・でのつぶやき

次の記事を更新する前の・・・ちょっとした呟きです。

次の記事では、久しぶりに前々から気になっていたこと・・・少しずつ調べていたことを書いてみたいなと思っています。(とても地味な記事が続くと思います・・・。)
実は、ある場所で信号機のことを調べていたのですが、そのことに関連して「制限速度」のことが気になってしまい、そこから・・・車両のこと、線路のこと、架線のことなどを違う角度から見つめることになりました。
ノートに少しずつ書いていたのですが、いろいろと忙しかったりで、なかなか記事につなげてゆくことができないまま月日だけが過ぎてしまって、気がつけば・・・初夏・・・。
GWに撮影した門司港駅での写真も まだアップしていないものもあるのですが、少しでも書いておかないとこのままになってしまいそうな気がして・・・。
だけど、この場所ではなかなかうまく記事にできなくて、どんな風に書こうかなって・・・今もちょっと考えています・・。

実は、午前中に少し記事を書いておこうかと思ったのですが、管理画面に入れなくて・・・。
書きたい時に限って障害が起こることが多いのですよね。
本当は少しずつでもメモ書きのように書いてゆけたら・・・そう思うのですが、こちらのブログではなかなか・・・できません・・・。(どうしても気合いが入っちゃうのですね。たいした記事を書いているわけではないのですが・・。)

だけど・・・どうして記事を書きたくなるのか・・・
そして・・・下手なんだけど写真や絵をアップしたくなるのか・・・
いろいろ考えたけれど、それは・・・やっぱり大好きだから(鉄道が・・)なのですよね。


あ、お昼が近づいてきました。子鉄がレッスンから帰ってきます。(お昼ごはん、作らなくちゃ。)
今日は、「鉄道ファン」を買ってきます・・・。←ワクワク・・・。

記事本文とは関係ありませんが、九州鉄道記念館の本館2階の私が好きな場所・・・。
まるで、「つばめ」のお部屋みたいですよね。
つばめのお部屋?
歴代つばめの模型が展示されています。
                     ↓実物を見てみたいです。
模型しか見たことがない私

それから・・・
 [ 2009/05/30 11:38 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(3)

鉄道車両のいろんな呼び方

追記いたしました。(「8」の・・・(・・?!??)
先日、「5月16日 小倉 「がんばれー・・・の後」」の記事の中で、EF81の呼び方のことから
コメント欄にて、他の車両の呼び方も教えていただきました。ありがとうございます。m(_ _)m
気になったことは、なぜかずっと気になり続けてしまう私・・・。
実は、その後もずっと・・他の車両も何かあるのでは?・・・まだ気になっていたのです。

今、わかっているものだけ書いてみますね。
EF81   パーイチ
EF81 81 パイパイ
885系  パーパーゴ
883系  パーパーサン
C11   シーノチョンチョン

そして、ロクサン、ロクヨン・・・はEF63、EF64なのですよね。
センゴック・・・は、もしかすると 1059・・・←そのまま?(今頃になって・・の私・・。)

そして、鉄道用語・・というのでしょうか・・・いろいろありますよね。

今回は、883系青いソニック のお鼻の883系 青いソニックです。小倉駅にて。
883系青いソニック 小倉駅にて20090523

他の鉄道車両の呼び方がわかったときには
その都度、記事に書き込んでゆきたいと思っています。

☆追記☆「8」の・・・(・・?!??
いま、ちょっと思ったのですが・・・8って、ハチじゃなくて、パーって呼ぶとすると・・・
8のついたものは、みんなパーで呼ぶのでしょうか・・・。
485系は・・・?もしかして・・・やっぱりパー??で・・??
583系も・・・?
 [ 2009/05/23 21:20 ]  車両のこと | TB(0) | コメント(8)

しあわせな気持ちになれるよ☆彡  

今回は、可愛くて・・・素敵なもの(私にとっては・・・なのですけど・・。)がいろいろ出てきます・・。よろしかったら、最後までお付き合いくださいませ。m(_ _)m

先日、小倉駅で子鉄と息子を待っていたのですが・・・「新幹線のりば」の近くのコンビニで
がちゃがちゃを発見!ラッキー( ^ ^ )Y 1人でよかった・・。(だって、1人だと2回できます。
子供たちがいると1回しかやらせてもらえないので。←どちらが親なんだか・・。)
でてきたのは・・・・わかります??わかります??
20090521018 200905210112

そうなのです・・・485系「赤いかもめ」 ヾ(@^▽^@)ノ 嬉しくって
飛び上がりそうな気持ちでした。
(そうだ・・・485系の記事の続き・・・まだ書いていない・・・カテゴリまで作っているのに・・・。)
赤いかもめ 200905210111

そして・・・こちら↓・・・何でしょう・・。
20090521012

ヒントはこちら↓。
20090521014 20090521013

今回の「SL人吉号」バージョン・・・よくできていると思いませんか?
私の母は、煙突を見て、「すごい、すごい!」って大喜びしていました。
20090521015

以前、ブルートレインのパッケージをどこに飾るか・・・というお話しがでていたので・・・
我が家では、こんな風に飾っています。
20090521011

どこでしょう・・・?パッケージを飾るのには、ピッタリの場所だと思うのですが・・。(^^;
20090521013 2009052101

駅名標シールがついていました。その下には、煙シールも・・・。
20090521016 20090521017

まだまだ続きます・・。
私が大好きな入浴剤 「お風呂でポン!」 我が家の車両基地は、こんなカゴ。↓
20090521017 20090521016

今回出てきたのは、500系でした。(実は、この前も。)本当は、ドクターイエローだといいな・・・って思っていたのですが。
         ここに↓中間車両があるといいですよね。
500系お風呂でポン 20090521015

それから・・・「電車銀行」のその後です。
貯金箱の傍には、常にコインを置いています。
朝、出かける前には必ずコインを1枚・・・・じゃなくて、ついつい3枚ほど・・・。(^^;
200905210130

どんな時でも・・・発車メロディを聞くと笑顔になれます。

そして・・・


500系・・・のぞみ

この日は、たった一つだけ、そう・・・たった一つのことだけを考えていました。
2009051701

のぞみ・・東京・・。
2009051702

この数ヶ月間、ずっと会えなかったから。(これって・・・まるで、片思いですね・・・。)
100系を見送って、N700系にも「行ってらっしゃい。」
2009051703 2009051704
300系は博多へ・・。    そして、きた、きた・・・きたよ・・・。
2009051705 2009051706

500系・・・のぞみ・・・。お久しぶり・・・また会えた・・。
2009051708

素敵な横顔に 柵が入りませんように・・・。ぎりぎりセーフ。(汗)
2009051709

最初の頃は(・・?!??だったけれど、今はWの意味・・・わかります。( ^ ^ )Y 
(Wは、「のぞみ」16両編成のことですよね。)
ちなみに、Vはこちらに・・・。 (「こだま」8両編成)
20090517010

最後に大好きな車体の側面をしっかり見つめて・・・・。
20090517011

東京に向かう500系・・・のぞみに 「行ってらっしゃい・・。」
IMG_7872  35  500 IMG_7875  35


本当にいつもピッタリのところに停車・・・。すごいですね。
↓確認してあります・・。
20090517015
そして、ドアが開くのですね・・・。
IMG_7747  14
「新幹線ホームで・・・」 こちらの記事を書いてからというもの・・・
この瞬間を見つめてしまう私です。

5月16日 小倉 「がんばれー」・・・の後

記事にできる内容ではないのですが、自分の中で確認したことだけ・・・。

5月16日 小倉駅 。
時計の針は、19:00過ぎていて・・・子鉄と私は6番乗り場で電車を待っていました。
ちょうど883系がやってきて、今日のお鼻は「S」だ・・・なんてことを思いながら撮影していて
遠くから、ガーッ・・という音が聞こえて振り向くと・・・貨物列車が・・・。
もしかすると、そう・・・EF81でした。急いで写さなきゃ・・・そう思いながらも、ナンバーは?
そのことに気をとられて、薄暗い中で(しかも線路が二つ、ホームを隔てて向こう側・・・よく見えない・・)
走る車体の側面を見つめて・・・気が付くと、「あっ!」後ろにステンレスの銀色の車体が・・・くっついている・・。
EF81 EF81  +コンテナがいっぱい・・・
重連・・重連だ・・・。(私、自分の目で見たのは初めてだったのです。)
思わず、心の中で、「がんばれー!」・・そう叫んでしまいました。
          ・
          ・
          ・
EF81が元気に走っていたことを確認して、がんばれー・・・そう叫んだのはよかったのですが・・・・
貨物列車が通り過ぎた後に、カメラを持ったまま突っ立っている自分がそこに・・・。
おまけにナンバーも確認してない・・・。唖然・・・
私、これからまだまだいっぱい修行しないといけないですね・・・。

それから、EF81・・・私は「ハチイチ」・・・そう呼ぶのかなと思っていたのですが
「パーイチ」とも呼ぶのですね。
みなさん・・・どのように呼んであるのでしょう・・・。(・・?!??
他の車両の呼び方も・・・違いがあるのかな・・・。

EF81 ←こちらは前に作っていましたが
EF81 ←こちらのステンレスのぶんは今日・・作りました。
EF81、がんばれー!の気持ちを込めて・・・。

鉄道ファン6月号から(潮風号のこと・北九州モノレールのこと)

ちょっとここ数週間は、仕事や体調面でいろいろあって、毎日を精一杯・・・の状況で過ごしていた私です。←過去形ではなくて、今現在もこれからもなのですが。
忙しい・・というのとはちょっと違って・・・うまくけないのですが、公私ともに自分のことでいっぱい・・・そのような感じでしょうか・・。(家族にもかなり甘えてます・・。)
毎月購入している鉄道ファン・・・なんと・・・6月号・・・忘れていたわけじゃないのですが(いえ、やはり忘れていたことになりますね。)昨日、用事があって小倉の書店に行く機会があって、
「あっ!」←思わず固まってる・・・。
鉄道ファン 2009年 06月号 [雑誌]鉄道ファン 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/04/21)
不明

商品詳細を見る

中を見て、またまた「あーっ!」・・・潮風号のことが5ページに亘って書かれてあります。
私がわからなかった、トラ701のことも、そしてプッシュプルの編成だということも・・。

トロッコ客車は、平成20年3月まで長崎県の島原鉄道で活躍していた70000形2両(トラ701・トラ702)を改造したものだそうです。無がい貨車トラ70000形に簡易座席を配して旅客化して使用されていたようですが、潮風号では木目調の腰掛になっています。(鉄道ファン6月号には、このように記載されてありました。)
トラ・・ということは、客車という呼び方でよいのかな、どうなのかな・・・(・・?!??・・・そう思っていましたが、本には、トロッコ客車と書いてあったので、客車・・・でよいのでしょうね。←??
本には、DB10の運転台の写真も掲載されていたので、思わず・・・ヾ(@^▽^@)ノ・・・・実は、乗車している時に、中が見えないかなぁ・・・なんて思いながら、一番前だったので・・・。

そして、「再発見!!モノレールの魅力」 では、北九州モノレールのことも掲載されています。
実は、昨日・・・モノレールの写真を撮影したのです。
コカ・コーラのラッピングなのですが、パッと見ると派手に見えそう・・・だけど、九州では なぜか違和感が無いのですよね。
小倉駅にて。
小倉駅モノレール01

小倉駅モノレール02

今回に限って、こんなことになるとは・・・。
鉄道ファン・・あと一週間で次の号が出てしまいます。九州は、発売日が2~3日遅いのです。
私の場合・・・定期購読しないといけませんね。

小倉駅・・・南口はこちらなのですが
北口はこちら・・・。修学旅行の生徒さんがお土産の袋を持って歩いていました。
「どこからなのかな・・・・。」 同年代の子鉄は、ずっと気にしていました。
北口01 北口02

 [ 2009/05/17 15:10 ]  車両のこと | TB(0) | コメント(5)

DE10

2009年5月12日 修正・追記いたしました。

2007年3月に 北九州貨物ターミナル駅で撮影した DE101746
ディーゼル機関車のしくみを調べた時にアップしようと思っていたのですが、できないまま2年が過ぎてお蔵入りになっていた写真です。
今回、DE10のナンバープレートが朱色・・・というのが気になって、とりあえずアップしてみました。
(下手な写真ですみません・・。)m(_ _)m
ナンバープレートが朱色・・?(・・?!??・・・・???これは九州だけ??

DE10  01
まさか、このようなカタチでアップすることになるとは・・・。本当に「お蔵入り」・・になるところでした。
DE10 02

こちら↓は、DE101745 2008年に 小倉駅にて撮影しました。
http://blog-imgs-27.fc2.com/s/a/r/sararuru17/20080207191757.jpg

追記
九州で前面のナンバーを赤くしたのは、視認性向上のためだそうです。
教えていただきましてありがとうございました。m(_ _)m

タイトルと本文に九州仕様・・・と書いておりましたが、修正させていただいております。


潮風号の続き・・・「和布刈公園にて」・・・は↓こちらに・・。いよいよ・・最後です。(^^)
http://sararuru17.blog80.fc2.com/blog-entry-652.html
 [ 2009/05/10 20:55 ]  車両のこと | TB(0) | コメント(6)

潮風号・・・4 和布刈公園にて

和布刈公園にて。きれいに撮影できなくてごめんなさい。m(_ _)m
みなさんだったら、きっと美しく撮影されると思うのですが・・・。
潮風号は、トンネルを抜けると緑の中を走って、関門海峡めかり駅に向かいます。
200905090122

そして、駅に到着する前に目にしたものは・・・EF30 1でした。
20090509016
右の画像を拡大したものは、こちらにあります。⇒http://cibisia.jugem.jp/?eid=666
20090509012  2009050901

お日さまの光を受けて・・・輝いていました。
IMG_7320  25

昨年までは小倉の勝山公園で保存されていましたが、本州と九州を結ぶ関門橋が見えるこの場所で、カラダを休めることになったEF30 1・・・。
私は、いちばんピッタリな場所なのではないかと思いました。
20090509013 20090509015

左に写っているのが 関門海峡めかり駅です。
20090509019

それぞれの駅は、小さくて可愛らしい感じです。   ここで・・・気がついたこと・・。
200905090135   20090509018

縦に三つあるランプ。↓の時は何も点いていないのですが、↑この時は赤い部分が点いています。最初、私は停車中に点くのかな?・・そう思っていたのですが、↓の様子からそうではないみたいですね。そして、黄色があるのも不思議・・・。
IMG_7390 潮風号めかりえき07

ホームで潮風号を待っている間に、左を見てみると・・・線路がずっと続いています。
昔はこの先も貨物列車が走っていたのですね。(^^)
200905090132 200905090132

そして、自分が立っているところからまん前を見てみると・・・・白い何かが・・。
拡大・・・「停車場中心」 これは、ホームの真ん中・・・ということなのかも・・。初めて見ました。
200905090123 200905090124

九州鉄道記念館駅に戻ってきました。
そこで、一番前の席に座っていた私は最初に降りて、運転士さんと少しだけお話しすることができました。(新聞の記事を読みました・・・・それをお伝えしただけですけれど・・・。)
「写真を撮らせていただいてもよろしいですか?」 すると、「どうぞ。」・・笑顔で仰ってくださいました。
私は、ディーゼル機関車のことはよくわからないのですが(電気機関車もですが)、運転席の前後にルーバーのようなものがあるということは、あの部分にエンジンがある・・・のかな・・・そう思いました。
本を見てみると、前の方にエンジン・・そう書いてあるのですが、後ろにもルーバーがありますよね。
200905090125
撮影させていただいてありがとうございました。m(_ _)m
(素敵なサプライズも・・・。)
200905090126

今回、私は1号車で座席指定券を購入しました。九州鉄道記念館駅⇒関門海峡めかり駅・・では、一番前でした。参考までに・・。↓
↓息子が写ってしまいました。
200905090136

潮風号グッズ。 渋くて、なかなかいい感じ・・ですよね。これだと大人もOKですよ。
潮風号グッズ01

こちらのキーホルダー、素敵でしょう?みなさんにプレゼントしたいくらいのキモチです。

潮風号キーホルダー
こちらは裏・・
潮風号キーホルダー02

本当は潮風号の美しい車体をお見せしたかったのですが、私の撮影技術の無さからその魅力をきちんとお伝えできなかったことが心残りです。
だけど、門司港からの潮風号の感動・・・乗車できたことだけでなく、EF30 1に会えたことも含めて あたたかい何かに触れることができたこと・・・もしもわかっていただけたとしたら・・・本当に嬉しく思います。
そして、私事なのですが、今回2ヶ月ぶりの乗車にあたって、忙しい中にレッスン後に駆けつけてくれた娘、レポートを放って荷物持ちに徹してくれた息子(帰りは事故のため遅くなってしまい、彼はほぼ徹夜でレポートを仕上げることに・・。)のおかげで・・・思い出に残る1日を過ごすことができました。

駅に、列車に、出会えたみなさんに、そして家族に・・・・ありがとう・・今、そんな気持ちです。

新幹線ホームの続きの・・・続き・・(わかりました( ^ ^ )Y )

潮風号の途中ですが、昨日、新幹線ホームの(・・?!??・・に関して情報をいただきましたので、先に記事を書きたいと思います。

新幹線ホームで・・・
新幹線ホームで・・・続き

こちらで記事にしていましたホームの複数の色の違うライン・・・
数字は、車両が停止する位置の確認のもの・・ということを教えていただいてわかったのですが
KやRなどのアルファベットがまだ・・・(・・?!??・・のままでした。
そして、昨日・・こちらは編成番号ではないでしょうか・・・という情報をいただきました。

それから・・・博多駅にあって、小倉駅には無い・・・あの黄色のクルクル(黄色い回転灯)は、
新幹線車両の床下で作業する方への注意喚起灯だそうです。
博多駅にあって、小倉駅に無かったのは、小倉での床下作業が無いから
(床下作業は折り返し駅でしか行わない)ということだそうです。
ぴんくのかばさまよりコメントにて教えていただきました。
本当にありがとうございました。m(_ _)m

私は本当に知識無いのですが、閲覧してくださったみなさまのお力をお借りしながら
この駅を続けているような気がしています。

ちょっぴり元気がでてきたので(ココロはとっても元気です。ただ、カラダがついていかなくて・・。)(^^;
今日は潮風号の続き・・・書きますね。


鉄道とは関係ないのですが・・・よろしかったら・・・どうぞ・・・


我が家のお庭のイチゴです。
可愛いでしょう?毎年、小粒の可愛らしい実をつけてくれます。
昨年は、子鉄がケーキを焼いて・・お庭のイチゴでデコレーションしてくれました。
我が家のイチゴ01 我が家のイチゴ02


潮風号・・・3 ちいさなトンネルから大きな感動

ノーフォーク広場駅です。
ノーフォーク広場駅01

私は今回、ノーフォーク広場には行っていないのですが、息子が先日 学校の用事で
見てきたそうで・・・雄大な関門海峡が広がる絶好なビューポイントなのだとか・・。
ノーフォーク広場駅02 ノーフォーク広場駅03
レトロ展望室から見てみると、駅からは少しだけ・・・歩くのかな・・。
姉妹都市である米国ノーフォーク市にちなんで名付けられたそうです。

そうです、忘れていたわけではないのですが・・・こちらを先に。
潮風号の天井なのですが、とてもきれいなスカイブルーですね。
何が描いてあるのか・・・おわかりになりますか?? 実は・・・
潮風号 20090502028 潮風号 20090502021

お魚がいっぱい・・・。これだけでも、子鉄と「すごいね、素敵だね。」そう言っていたのですが・・
もっと素敵なことが起こったのです。ここから先はちょっと・・・お喋りを控えますね。(^^;
潮風号 20090502020

ノーフォーク広場駅を過ぎると、小さなトンネルが見えてきました。
こちらに⇒http://cibisia.jugem.jp/?eid=663 駅とトンネルが・・・。
ノーフォーク広場駅05
しつこいようですが、もう1枚・・・。だって、トンネルも復活したのですもの・・・うれしくて。
トンネル01

そして、トンネルに入った瞬間に車内から歓声が上がりました。
潮風号 20090502025

私も、子供たちもビックリ!天井が、まるで水族館みたい!!
潮風号 20090502023

↓こちらは帰りに撮影。(関門海峡めかり駅⇒九州鉄道記念館駅)
潮風号 20090502024

トンネルを抜けると、そこは光と緑がいっぱいでした。
潮風号 20090502027

そして、私が見たものは・・・  みなさんにも・・・見えますか?
潮風号 20090502026

もうすぐ「関門海峡めかり駅」に到着します。


★期間限定ですが、このような素敵な観光バスもありますよ。
めかり絶景バス・めかり周遊バス01

潮風号・・・2 最初の感動・・・そして・・・

左の建物は、門司港レトロ展望室です。ここを通り過ぎると、出光美術館駅に到着します。
今回、出光美術館駅に停車中の写真が無いので、こちらの展望室から撮影したものをご紹介いたしますね。⇒http://cibisia.jugem.jp/?eid=661

左に見えるのが、門司港レトロ展望室

ここで子鉄が叫びました。「あ、鉄道のお店みたい。」
そのことも気になったけれど、私の中では、もっと胸がいっぱいになることがありました。
潮風号 2009050201 潮風号 20090502012

街の人たちが、エプロン姿で 潮風号に手を振ってる・・・・。
潮風号 20090502013

走る姿に、みんな笑顔で手を振ってくれてる・・・。
潮風号 20090502014

私は、このような光景を初めて見ました。
子どもたちが小さな頃に絵本を読んでいて、そこに描かれてあった挿絵と同じ光景。
走りすぎる列車に、大人も子供もみんなが笑顔で手を振っている、優しくてあたたかな様子・・。
「さようなら」・・・ではなくて、「いってらっしゃい、楽しんでね。」・・・そう聞こえてくるような街の雰囲気。

GWだったからでしょうか・・・各駅のホームにはボランティアスタッフの方もいらっしゃって、街中で潮風号を応援している様子が伝わってきて・・・・とても爽やかな気持ちになりました。

左の方に関門橋が見えます。あの橋を通ると・・・下関・・。
そして、こちら・・・ご存知でしょうか?⇒http://cibisia.jugem.jp/?eid=662
関門国道トンネルです。ふく(こちらではふぐを「ふく」と呼びます。)のお口が出入り口です。
門司港レトロ展望室から子鉄が見つけて、「お願い!撮って!!」そう言っていたので、パチリ。
さりげなく・・・のブログの写真でもおわかりになっていただけると思いますが、門司港は海と山に囲まれたレトロな街並み・・・お散歩しながらゆっくり見るのも良いのですが、潮風号で和布刈公園まで心地よい潮風を楽しんでみるのも・・・素敵です。
潮風号 20090502015

そろそろ、私のお勉強の時間がやってきました。
DB101・・ディーゼル機関車で2軸・・・10・・は、最高速度85Km/h以下・・。(潮風号は確か・・約15Km/hで走る・・・新聞にそう書いてありました。)
潮風号 20090502016 潮風号 20090502017

そして・・・今回、私がいちばん悩んだことが・・・・こちらです。
トラ701?  ?
トラ??この時、鉄道の本は持っていなかったので、「トラ」が気になって仕方がありませんでした。
帰って調べてみても、客車に「ト」「ラ」はありません。考えながら・・・ページをめくってみると、貨車のところで「ト」(無蓋車)「ラ」(最大積載量17~19t)を発見・・・もしかすると、こちらは客車ではなくて貨車・・になるのでしょうか・・。
潮風号 20090502018

本当は、ドアのところで見つけたもの(戸閉制御箱)・・・・も気になってしまったのですが
あまり書きすぎるといけませんね。(^^;しくみはまた違った形で・・どこかに書きたいと思います。

トンネルのこと・・・できれば今日中にアップしたいのですが・・・・。
潮風号、もう少しだけ続きます・・。

潮風号・・・1 いよいよ乗車します。

これから続けて更新してゆきますので、みなさまどうぞコメントはお気になさらずに・・・。
読み流してくださいね。
(だけど、トンネルにはチカラを入れていますので・・・その記事はお楽しみに・・・。)
そうそう・・・それから・・・もう一つの「さりげなく・・・」では、門司港レトロ展望室から撮影しました写真もアップしております。
潮風号がどこのところを走っているのか・・・こちらの記事に沿ってリンクしてゆきますね。
九州鉄道記念館駅01

九州鉄道記念館駅です。
フェンスの間から

ホームから撮影してみました。真ん中に見える茶色の建物は九州鉄道記念館です。
鉄道記念館が見えます
↓こちらの写真で・・・
http://cibisia.jugem.jp/?eid=660
門司港駅を見つけることができれば、九州鉄道記念館がどこにあるのかおわかりになるかも・・・。
門司港駅の駅舎の左の方に・・・茶色の建物(九州鉄道記念館)、その近くから出発します。

潮風号がやってきました。  客車側面の上についていたものを撮影していると
「お母さん、こんなところ撮って何の意味があるの?」息子がボソッと言ったので
「今、わからないから撮ってるの。」・・・そう答えると、(・・?!??←こんな顔・・していました。
みんな嬉しそう・・・        IMG_7276  17  70
↓2号車は自由席です。                ↓こちらは指定席。
自由席 指定席

小さなテーブルがついています。
座席はこのような感じです。

ラッキーなことに、いちばん前だったので、ついつい・・・↓
IMG_7280  潮風号01 また・・こんなところを撮ってしまう私・・・

このまま続けて書こうかと思ったのですが、長くなりそうなので・・・次の記事へ続きます。

5月の門司港駅

大きなこいのぼり・・・
その下には、ちいさな男の子。
5月の門司港駅01

昔の改札口には、アンパンマンとバイキンマン・・・。
5月の門司港駅02

ようこそ レトロの街門司港へ・・・

機関車が・・・気になる・・・

画像を追加いたしました。

前回の記事の続きですが・・・
潮風号の乗車まであと10分・・・。私と子どもたちは、九州鉄道記念館駅に設置されてある
テントの下で待つことにしました。(ベンチもありましたよ。)
フェンスの向こうには、赤い813系や415系の姿も見えます。
GWだからなのかな・・・今日はたくさん停車しているな・・・そう思った瞬間、
私の目に入ったのは・・・
(・・?!??01

あれは・・・。
(・・?!??078

フェンスの間から撮影。
(・・?!??03

右に移動して、ズームアップ・・・これが精一杯。
どうしてここにいたのかも不思議だったのだけど・・・私の中で今も(・・?!??なのは、
こちらの機関車は・・・EF81・・なのかなということ・・。
位置的に側面を見ることができなくて、お顔の部分だけで判断するしかなくて・・。
お顔だけだと、EF81とED76・・・ソックリですよね。昨夜はずっと検索して
いろんな画像で調べていたのですが、違うかもしれないけれど・・・
向かって右側の屋根の上に四角いぽこっとしたものがでているのはEF81だけのような・・・。
そして、これは書くの・・・やめようかなって思いつつ・・・ジャンパ栓のところ・・・。
(・・?!??07
そして・・・車両形式のところが見えなくなっているの・・・不思議だなって・・。
見えない・・・
いくら(・・?!??・・・だからといって、こんな記事・・・書いてもよかったかな・・・。
だけど、EF81なのかな・・・それが気になってしまって・・。
↓こちらもフェンスの間から覗くように撮影しました。
向かって左側、赤い813系の上に見える屋根は九州鉄道記念館の本館です。

右側にちょこっと写っていますが、こんなに小さくても機関車の存在感って違うなぁ・・
そう思ってしまう私です。                     ↓(・・?!??02

お出かけすると・・・じっとしていられない私です。
こんな私が、鉄道博物館に行ったら・・・きっと・・1日大変ですね。(^^;

次の記事では、いよいよ潮風号に乗車します・・。


続きを読む・・・に画像を追加いたしました。

潮風号・・乗車の前に・・・

5月2日は、正午に子供たちと門司港駅で待ち合わせをしたのですが
いろんな事情で二人とも遅れてしまって、私は1人で潮風号の切符売り場に急ぎました。
自由席もあるのですが、早くから並ばないと乗車できないかもしれない・・・ということを聞いて
座席指定券を購入することにしました。
20090502潮風号06
子鉄はすぐにこれそうだど、息子は小倉でストップ状態・・・。時間に余裕を持たせて
3時間後に乗車することにしました。
上の大きな方が乗車券。小さな方は座席指定券。どうして2枚なのかは・・・1人2枚きっぷ
(大人500円・こども250円)で購入したから・・。往復もしくは片道2回で使えます。ちなみに
普通乗車券は、大人が片道300円(こども150円)、座席指定券は1便1席 100円です。
自由席だと乗車時間のかなり前から並ばないといけないので、時間を有効に使いたい方は
発車10分前に集合すればOK!(5月2日は10分前で大丈夫でした。ご乗車の際は
ご確認されてくださいね。)の座席指定券を購入されたほうがよいかも・・・です。
20090502潮風号

乗車券を購入して安心した私は、お気に入りの場所で子供たちを待ちました。
そして、軽くお昼をすませて・・・・
お気に入りの場所

九州鉄道記念館駅へと向かいました。
カンカンカンカン・・・・カンカンカン・・・☆彡  

あ・・・信号機が・・・生きてる・・・。
この音を聞いた時、昨年、子鉄と歩いたあの時に 「信号機が復活してくれたらいいな・・。」
信号機に被せられた黒いカバーを見つめながらそう思った私でした。
20090502潮風号01

潮風号がやってきました。
20090502潮風号03

青い車体が・・・とてもきれいです・・。
20090502潮風号04

爽やかな風が通り過ぎてゆきました。
20090502潮風号05

乗車した時の記事は後ほど・・・。
だけど、その前に・・・・もう一つ、機関車のことで気になっていることがあるので
そちらの記事を先に・・・。

EF81 304

5月2日・・・私は、「ある駅」へ向かっていました。
ふっと窓から外を眺めると・・・「あ、あれは!」
思わず途中下車。 そして、いつものように人と反対方向へ走っていく・・・その先には・・・
EF81 304  02

EF81 304・・・私にとっては、2007年3月5日、貨物ターミナル駅でのイベントから
2年ぶりの再会でした。
EF81 304   01

お天気がとてもよかったこの日、銀色の車体が輝いて見えました。
EF81 304

ひとりごと・・・・
ここは黒崎駅・・・。過去にもここで同じようなことがありました。
この後、私は門司駅でも途中下車したのですが、そのホームからずっとずっと遠くに・・・
銀色の車体を見たのです・・・。小さくしか見えなかったのですが・・・。
機関車は黒崎駅のこの場所でしばらく待機して・・・それから門司に行くのかな(時間調整とか・・。)いろいろ考えてしまいました。
EF81 304  05

そして、出発前にもう1枚・・・
やってきたのは・・・883系 青いソニックでした。
IMG_7117  20


新幹線ホームで・・・続き

追記いたしました
2009年4月26日の「新幹線ホームで・・・」の記事に書いていました ホームの上の色が違う
複数のライン・・・。その後、ある方のサイトにこちらのラインのことが書いてあって、
それが何なのかがわかりました。
29日は、せっかく小倉まで行く用事があったので、どうしてもこのラインのことを確認したくて・・・
というか、きちんと見なくては家に帰れない!!そう子供たちに我が儘言って・・・
立っていました、この場所に・・・。
IMG_7024  20

きた!N700系・・・。
IMG_7046  20

いよいよ・・・です。この時、ドキドキしていました。
IMG_7047  20

本当だ・・・。すごい・・・。
IMG_7048  20

拡大してみますね。赤いとドアの位置がピッタリ・・・。
実は、車掌さんが窓から顔をだして下の方を見てある姿は知っていたのですが、
停止位置を確認してあることまでは気がつかなかった私でした。停止後に下を見てあるのは・・・
こちらの赤いを確認してあったからなのですね。
IMG_7051katto60.jpg

確認された後に、ドアが開いて・・・車掌さんが出てこられて・・・
この時にどんなことをしてあったかは・・・すみません、記憶が・・とんでる・・・。(汗)m(_ _)m  
そして、N700系は博多駅へ向かいました。
IMG_7050  14 IMG_7052  14
ホームの上の複数のラインのことは、N221系さまのブログ『一瞬を追いかけて・・・』
「定期券って素敵・・・ ~新大阪新幹線ホーム②~」の記事にて教えていただきました。
N221系さま、ありがとうございました。m(_ _)m


そして・・・私の見落としかもしれませんが、小倉駅では、黄色のクルクル(パトライト)は
見かけませんでした。←時間のある時にもう一度確認したいと思っています。
ここのところ博多駅の新幹線ホームにもずっと行っていないので、こちらの方にも行きたいです。
IMG_7068  25

他の駅はどうなのかな・・・。
IMG_7069  25

久しぶりに・・・・「のぞみ・・・東京」

ごめんね、本当は とってもカッコいいのに・・・         お顔に柵付き・・・。↓
IMG_7026  14 IMG_7028  14 

のぞみ・・・東京に向かってどんどん小さくなる。
IMG_7036  20

だけど・・・
私の夢は どんどん大きくなる・・・

プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。