駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボディマウント構造の・・・(・・?!??・・・もしかするとフサギ板?

2010年5月17日の記事の中で、「500系はボディマウント構造」・・そのように書いていました。(5月の半ばに図書館で借りてきた本の中に書いてあったので・・。)
ところが、コメントにて「ボディマウント構造は200系だけ。」という情報を教えていただきましたので、その後いろいろと調べてみると、ある本には「ボディマウント構造の車両は200系だけしか存在しない。」そのように書いてあって、しばらくの間(今もですが)(・・?!??・・。
ただ、こちらの本にはボディマウント構造と通常の車体構造の比較図と解説があり、ボディマウント構造と区別がつきにくい車体側面や底面をフサギ板で整形する手法のことも書いてありました。
ここで私が一番気になったのが フサギ板の設計のことなのですが・・・・こちらは2種類あるらしいのですね。
一つは、100系、300系のように車体側面と連続していないもの。
もう一つは、500系、700系、N700系、800系のように車体側面との連続性を持たせた形にしているもの。
なので、ボディマウント構造との区別がつきにくい・・・ということで・・・このように説明してあるこちらの本に書いてあることが本当なのかな・・・つまり、500系はボディマウント構造ではない・・・そう思ってしまったのですが・・・。

実際に見たことがないのでついつい本で調べてしまう私ですが、いろんな情報の中で たまに立ち止まり振り返り・・・(・・?!??・・・わからないままの時もありますが(わからないままの方が多いかも)これからも気がついた時には記事にしてゆきたいと思っています。

それから・・・
今回の記事で2冊の本を比較したような記事を書いてしまいましたが、私も実際に車体の構造を見たわけではなく、どちらが正しいのかわからないので2冊の本のタイトルは伏せております。
もしも読んでみたいという方がいらっしゃいましたらお手数ですがお知らせください。

だけど・・・いつも閲覧してくださっているみなさんはお気付きかも・・・・。(^^;
スポンサーサイト

国鉄色の415系

前回の記事の続きです。
あれは間違いなく415系。
私は直方駅で国鉄色の415系を見たのは初めてだったので、ちょっと信じられない気持ちで立っていたのですが・・・ここに居るのはたまたま?それとも・・もしかすると・・・?
久しぶりに電車に乗ったのと雨の日の思いがけない出来事にちょっぴり混乱しながらも、条件反射なのでしょうか・・ここからでは確認できないので、周囲を見回して・・・あ・・そうだ、懐かしの
↓↓跨線橋・・あの上からだと撮影もできる・・・そう思って雨の中を移動しました。
415系

小雨になってきましたが風が強く、傘を差していないとカメラが濡れてしまう状況。
415 415

手前のフェンスはなんとかクリア。問題は、次の小さいの・・。
小さすぎてレンズが入りません・・。(泣)確か、数年前は二重になっていなかったと思うけど。
一つ一つ位置をずらしながら・・・あ~っ・・カメラに雨が・・。
415 415

なんとか撮影できました。そして、「福北ゆたか線 直方」・・ということは
直方まで走っているということ・・・?
415 415

国鉄色の415系は、4両1編成のみ・・・他にはいないってわかっていても、やっぱり信じられない気持ちで・・見える範囲まで移動して、しつこく確認。←私って本当にしつこい・・。(^^;
415 415
↑いったいどこのすき間から撮影してるの?みたいな・・・。
415 
                                ↓雨がかなり降ってきました。
415 415

415 415

上下のフェンスと雨と格闘しながらの・・おまけにすべてが片手での撮影で、その後少し痛みがきてしまったのですが、国鉄色の415系と出あえて久しぶりの嬉しい日曜日となりました。
415

帰宅して調べてみたのですが、2009年の改正から福北ゆたか線に415系がたくさん運用されるようになったのですね。
それで国鉄色の415系も直方まで来ることが増えた・・ということらしいです。

「駅・・・素敵な想い」では、過去に国鉄色の415系との4つのお話しがありました。

その1 「似ているけれど・・・」
その2 「下関駅、ふく、電車、うどん・・・そして・・・」
その3 「待って・・・」
その4 「言葉はなくても・・・2 会えたのは・・・」
 [ 2010/05/24 08:00 ]  車両のこと | TB(0) | コメント(4)

雨の日の出来事

昨夜から大雨が降っていました。
だけど、今日はなぜか出かけたい気分で・・・ちょっとだけ電車に乗りました。
3月末に東京に行ってから、ずっと電車に乗っていなかった私・・約2ヶ月ぶりでした。

20100523

あれは・・・あの緑色の跨線橋は、転車台を使ったもの・・・。
こちらの跨線橋は、oomatipalk さまの「転車台転用跨線橋」に紹介されています。
20100523

久しぶりに訪れた駅の様子は、少しずつ変わり始めていました。
20100523

ホーム上家(屋根)が半分ほど外されていて、(どのようになるのかはわかりませんが)
エレベーターが設置される予定なのだそうです。
20100523

時間を確認して・・・
20100523

改札口に向かう途中に見つけたもの・・・
あれ? あの車両は・・?あの色・・・あの色は・・・もしかすると・・。
20100523

そして・・・走る
 [ 2010/05/23 20:34 ]  空から見てるよ | TB(0) | コメント(2)

電車線電圧検知装置・・・静電(検電)アンテナの続き★

過去記事 2010.05.17 「新幹線(・・?!??シリーズ その4 電車線電圧検知装置」の続きです。

過去記事では、0系、100系、300系の静電アンテナは屋根上の運転台真上あたりについている・・そのように書いていましたが、他の新幹線のことがわからないままでしたので、今回の記事で少し書き加えたいと思います。

700系とN700系、800系は先頭車の後ろの方の屋根上についている・・・ということで、過去に撮影しました写真を見てみました。(すみません、九州にいながら800系の写真はありません・・。←本当に九州のヒト?って感じですね。)

ひかりレールスター・・・黄色の○の部分を拡大してみると・・・
IMG_3653  黄色い○の中
            このカタチ・・・静電アンテナですね。
             IMG_3653レールスター静電アンテナ

そして、N700系・・・こちらも700系と同じぐらいのところ・・・。
IMG_5646黄色い丸の中
            間違いないと思います。
              IMG_5646  N700系静電アンテナ

そして、500系なのですが、16両編成の時にはパンタグラフカバーの中に静電アンテナを配置していたそうです。
8両編成からはパンタグラフとパンタグラフカバーを交換したために静電アンテナの設置場所がなくなり、端から2両目の屋根上に設置したということで・・・・・これまでの写真を探してみました。(余談ですが、私って屋根とか車体の側面とか床下ばかり撮影していたので、もしかするとあるかも・・・なんて思って・・。)

すると・・・ありました!!こちらの写真は、2008年の8月に撮影したものです。
http://sararuru17.blog80.fc2.com/blog-entry-864.html
この時は何も考えずに撮影していたのですが、2年後の今になって記事を書くのに役に立つなんて思ってもみませんでした。ちょっとビックリ・・。
IMG_3392  500系静電アンテナ

E1系、E2系、E3系、E4系は静電アンテナを屋根上に埋め込んであるそうなので、ホームから見てもわからないそうです。(E1系やE2系は2階建てだからなのですね。)

新幹線(・・?!??シリーズ その6  セラジェット

これは新幹線だけのことではないかもしれないので、このシリーズにしていいのかなって思いましたが、私のブログは自分の「鉄道ノート」(覚え書き)のようなものなので、とりあえず・・・忘れないように、気になったことを書きとめておきたいなと思ったのでこちらに・・・。

高速で走行する新幹線・・もしも非常ブレーキを使わなければならなくなった時はどうなるのかな・・・N700系に乗車した時にふとそう思ってしまった私でした。
(過去記事では、[空気ブレーキ(基礎ブレーキ)]、[電気ブレーキ]・・ここまでしか調べていなかったので・・・。)

そして今回、たまたま読んだ本の中に「セラジェット」という言葉を見つけました。
これは、非常ブレーキを作動させた時に、セラミックの粉をレールに吹き付けて車輪とレールの間の摩擦を増やすセラミック噴射装置で、先頭車の最前部の車軸に取り付けられているそうなのです。
頭の中で想像して・・どのように取り付けられているのかな・・・気になって検索してみました。
すると、こちらに・・・商品の説明が書いてありました
とてもわかりやすいイラストですよね。このようにしてノズルからセラミックが噴射されるのですね。(500系以降からの車両に装備されているみたいです。)


いつか新幹線の車両基地のイベントが開催された時に、実際に見ることができたらいいな・・そう思っています。
だけど、今年の秋のイベントには行けない可能性大・・・。(+_+)
(セラジェット・・500系では、16両編成の時には 1,8,9,16号車に装備されていたみたいです。)

新幹線(・・?!??シリーズ その5 車両形式番号のこと

実は・・・実は・・つい最近まで・・・
私は、これだけを見ても 「500系」・・・それだけしかわかりませんでした。
500系
新幹線の車両形式番号にも意味があるはずなのに、なぜか今までは気にならなかった私・・・。
だけど今回、過去記事「新幹線の屋根の上を見て」を振り返っていて(←頑張って考えたのですが、まだ理解できないままです。)何号車には何という形式で製造番号が何番の車両が連結されているのか・・というのが気になってしまい、本を見て調べてみました。
間違っていることを書いているかもしれませんので、その時はすみません。m(_ _)m
お気付きの点がございましたらお知らせください。m(_ _)m

100の位は系列番号・・なのですが、あれ?・・・10の位から始まっています。
        ↓100の位がありませんね。
0系
実は、↑こちらの車両は0系なのです。 0・・だから表記しなかったのかな?(・・?!??
10の位の2は普通車で、1の位の1は制御電動車の意味・・。

そして最初の画像の500系↓ですが、上の0系と同じ意味・・ですよね。
10の位と1の位が同じなので。
500系

あ、そうです・・・。忘れていました。○○番台っていうのがありました。これは、製造番号と同じ意味と考えてよいのでしょうか。大きな設計変更がある時に、番台というきりのよい番号になる・・・そう書いてあるのですが、純粋に製造番号と考えていていいのかな・・?そこのところがよくわかりませんでした。

上写真の500系は昨年に撮影したものです。
521-7005・・8両編成に改造されたものが7000番台・・らしいのですが、今の500系はすべて7000番台ということになるのです・・ね。
ここで一つ(・・?!??・・・7005、これは5番目に改造されたという意味になるのかな・・?

100系です。5054・・・5000番台は電動車から制御電動車へ改造したらしいのですが・・
100系

純粋に考えると・・それは 中間車両に頭をつけた・・・ということになるのでしょうか。
もし・・そうだったとしても、↓全然わかりませんよね・・。
100系

少し混乱しながら進みます。
N700系。あ・・・0系、100系、500系のJRマークは青でしたが、赤いJRマークになっています。775-6・・100の位がN700系で、10の位の7がグリーン車で、1の位の5はN700系だと主変換装置を一基搭載した電動車。本当にグリーン車かな・・。
N700

よかった・・(^^)↓グリーン車のマークがありました。
N700

700系ですが、726の6は(700系では)主変圧器を一基搭載している意味だそうです。
726-3510・・・3000番台はJR西日本が所有している車両なのですね。
あれ? JRマークが・・・無いですね。
700

もう一つ、700系。 7010・・・これは7000番台。(・・?!??
レールスター

ひかりレールスターでした。
レールスター

そして、最後に・・・
168-3009  ご記憶にある方、いらっしゃいますでしょうか・・。
200910232009440b1_20100518164322.jpg
1・・(100系で)、6・・(2階建て食堂車で)、8・・(2階建て付随車)・・・
グランドひかり

http://sararuru17.blog80.fc2.com/blog-entry-747.html←こちらでした。

新幹線(・・?!??シリーズ その4 電車線電圧検知装置

関連記事(700系、N700系、500系の静電アンテナ)は こちらです。

2010年5月18日 追記いたしました。

こちらは0系のおでこです。
頭の上にあるツノのようなもの・・・私は、ずっと前から・・・飾りだと思っていました。
(こんなことを書いて お気に障られた方がいらっしゃいましたらすみません。)m(_ _)m
0系

ところが、これは電車線電圧検知装置というものらしく、架線に電気が流れているかどうかを調べるための装置だったそうです。(過去形なのが寂しいですね。)
0系

他の車両も調べてみると・・・100系にもありました。
100系

300系にも・・・。
300系

だけど・・・・
500系、700系、N700系の頭にはついていないのです・・。
どこについているんだろう・・。(・・?!??
それとも・・無い?←そんなはずは・・・ない??

電車線電圧検知装置・・これは本に書いてあったのですが、ネットで検索しても出てこないのです。
他に名称があったりするのかも・・・ですね。
★追記★
電車線電圧検知装置は、「静電アンテナ」、「検電アンテナ」と呼ばれているそうです。

新幹線(・・?!??シリーズ その3 ボディーマウント構造

2010年5月30日 追記
ボディマウント構造のことは 「ボディマウント構造の・・・(・・?!??・・・もしかするとフサギ板?」の記事に続きを書いておりますので、よろしかったらこちらもご覧ください。
ボディマウント構造の車両は、200系だけのようです。

下線からの記事は、2010年5月17日に書いたものです。


500系の車体の側面を見ていて、きれいだなぁ・・・いつもそう思っていた私でした。
そうなのです・・今まで ただ美しいなって外観ばかり見とれていたなんて。
ここでまた今頃になって・・なのですが、実は、私・・・すべての車両の床下機器は床板に吊り下げられていると思っていたのです。
そして、500系の床下にはカバーがかけられているだけ、そう思っていたのです。(騒音対策かな?そう思っていました。)
ところが、そうではなくて・・・
500系

これはボディーマウント構造・・・床から下にも車体を造って、機器類をその上に載せているのですね。本当に今頃になって・・・です。ボディーマウント・・・どこかでチラッと聞いたような、だけど、そのまま気にすることもなく(他のことに夢中になっていたのか)今の今まできてしまいました。

200系もボディーマウント構造らしいのですが、100系は軽量化のために違うらしくて・・・
そして、ちょっと気になったのが300系の床下。
300系
300系はカバーが無いような・・・暗くてわかりづらいけれど、機器類は吊り下げられているみたい。
300系
本にもボディーマウント構造・・・とは書いていなかったので、たぶん吊り下げてあるのではないかと・・・思っているのですが・・。

そして、700系N700系なのですが・・・
床下はカバーで覆われているのでボディーマウントなのかな・・。
別の本には、300系以降の車両ではボディと一体化したスカートが採用されている・・・
そのように書いてあるけれど、ここのところ・・・まだ(・・?!??・・・です。

新幹線(・・?!??シリーズ その2 「取っ手」のこと

2008年1月5日 「また会おうね・・・500系 新幹線 のぞみ その3」 の記事の中で、先頭車両の前面の窓の上に「取っ手」が付いていたことを記事にしていました。
最初はこれが何なのか全くわからなかったのですが、コメントにて
作業用の手掛かりか作業用の安全帯を取り付けるものではないか・・・
という情報を教えていただきました。m(_ _)m

あれから2年・・・やっとわかりました。( ^ ^ )Y 
この取っ手は、ガラスを清掃したり交換したりする時に、作業される方の安全を守るための命綱を付けておくためのものだそうです。
>作業用の安全帯を取り付けるものではないか・・・
2年前に頂きましたコメント、その通りでした。

ちなみに、こちらの取っ手は 0系、100系、200系、300系、500系、700系、N700系に付いているそうです。

取っ手が付いている車両と付いてない車両を知って、あれ?そう思われた方がいらっしゃるかも・・・。何か・・・・・?・・・・そう感じられた方は匿名でも結構ですのでコメントを残していただけますとありがたいというか・・・私もお話ししたいなと思うことがあります。記事の中ではうまく書けないので。
だけど、これは興味のある方だけへのお願いですので、(興味のない方は)お気にされないでくださいね。o(*^^*)o


最後に・・・こちらの「取っ手」・・・みなさん、パッとご覧になってもわかりますよね。(^^
こちらの取っ手は?

新幹線(・・?!??シリーズ その1 イベントで見たディーゼル機関車のこと

2009年12月12日の記事 「展望台から」 この時は、2009年10月18日(新幹線ふれあいデー)の博多総合車両所の展望台から見たディーゼル機関車の写真をアップしていました。

その時のコメントで、こちらの機関車は912形であるということ、そして新関門トンネル内で新幹線車両が動けなくなった場合の救援用として使用されているということを教えていただきました。m(_ _)m

今回、また少しだけわかったことがありますので追記いたします。

新幹線のディーゼル機関車は2両しか在籍していないそうで、それがこちらの912形だそうです。
そして、私のもう一つの(・・?!??・・。
912形のお仕事はトンネル内で新幹線が動けなくなった時に救援するだけなのかな・・・
今までそう思っていたのですが、先週・・図書館で見つけた本の中に、
『保守作業用のバラスト作業車も牽引している。』そのように書いてありました。
・・・・ということは、いつも元気に活躍しているということなのですね。

大爆走前の近況報告

やっと(2日間の)お休みが取れました。
どこにも行けない(行けなかったわけではないけれど、体調を考えると出かけられない。)、気持ちはあるのに記事が書けない(仕事関係のお勉強などで)、やりかけていたことが途中から進まない(こちらは昨夜やっと完成)・・・という三拍子が揃ってしまい、もうストレスが溜まりに溜まっていた4月後半から5月の半ば・・。
6月からはまた忙しくなりそうなので、今週と来週にかけて一気に更新してゆきたいと思っています。

新幹線の記事の続きですが、過去記事で(・・?!??ギモン・・・のままの状態のことがわかったという追加のようなものですので、短い(ちょっとした)記事にして過去記事とリンクさせるつもりです。
もしも 「あ、あの時の(・・?!??だ!」と、お気付きになられた方は、お時間のある時に覗いてみてくださいね。
そして、いつものことですが、「私って・・こんな初歩的なことも知らずに台車とかパンタグラフのことを書いていたんだ・・。」そのような(かなり)お恥ずかしい記事も出てきますので・・・そこのところは大目に見てくださると助かります・・。

今日はデスクトップの電源を1日つけっぱなしにして、ダイニングテーブルには資料をたくさん広げて(散らかっていると書いた方がピッタリかも。すごい状態)今から家事をこなしながら、記事を書きたいと思います。
そういえば・・・数年前は、夕食の準備をしながら(煮込み料理の間に・・とか)記事を書いていたような・・。(今はそれができないほど忙しいのかな・・。)
今日はいくつ更新できるか・・・。ちょっと楽しみです。
 [ 2010/05/17 11:30 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(2)

新幹線のこと、いろいろ・・・

いつも仕事に追われているわけではないのですが、他にもいろいろとやることがたくさんありまして・・・だけど、今回は久しぶりに新幹線の本を2冊読みました。
(ここ1ヶ月ほどの間、鉄道関係の本を読むのを我慢していたらストレスが溜まってしまいました・・。)
すると、これまで過去に記事にしていた中で、理解できないまま書いていたことなどが(ほんの少しだけですが)わかってきたので、時間を見つけて記事にできたらいいな・・・そう思っています。
過去記事を読み直してみると、車両の構造というか、言葉一つに関してもそうなのですが、意味もわからずに書いていたり・・・その時は頑張って調べていたつもりだったのですが、根本的なことがわかっていなかったので先に進めなかったのですね。・・・・←このようなことを書いていますが、本を読んで完全に理解できたわけではなく、まだ(・・?!??悩んでいる部分の方が多いですが・・。

拙い記事になりますが、これからしばらくの間は新幹線シリーズが続きそうです。


今回は、ちょっとだけですが・・・
(これこそ、何を今更・・・という感じですが・・・)

寝台列車・・・

九州に寝台列車が・・そのような計画があるという情報を教えていただきまして
早速、検索して調べてみました。

水戸岡鋭治さんのお話しを聞いていると、ドキドキしてしまいました。
             ↓
http://www.youtube.com/watch?v=e2i0ZTshxL4&NR=1&feature=fvwp

実現するといいですね。


そして・・・是非、みなさんも九州にいらしてくださいね。o(*^^*)o

「海側」 「山側」

2010年5月4日 追記
本文中で曖昧な記述をしていましたので、追記いたしました。m(_ _)m


鉄道に興味を持ち始めて約4年・・・。いろんなサイトの記事を読んでいると、専門用語や(・・?!??・・すぐには理解できない言葉が出てくることがあります。
検索して調べてみても違った意味に感じてしまうこともあって、この場所で記事にして
閲覧してくださるみなさんのご意見をお聞きすることができたら・・・そう思ったこともありましたが、なぜか書けないまま月日が過ぎてしまいました。
だけど、今回は昨年の10月に博多総合車両所のイベントで展示されていたパネルを見て
確認できたことがありましたので、記事にしたいと思います。

「海側」と「山側」・・いったい、何(どこ)を基準にしてあるのだろう??
・・・私はいつも気になっていました。そして、目にしたのがこちらのパネル・・。
安全パネル

社員A 「山側にある設備を点検してください。」
社員B 「了解。山側の設備を点検します。」 
ここで、「山側」「海側」という言葉は地域によっては位置が逆になり
意味があいまいとなります。
なので、内容を正しく理解できるように相互に確認しながら行う「確認会話」を活用し・・・
海側 山側

送り手側は、誤解のない表現を使い、受け手側は、あいまいな点があれば
「一言念押し」をしているそうです。





追記)たとえば・・・(すみません、下の会話は上のパネルとは関係がありません。)
社員A 「山側にある設備を点検してください。」
社員B (山側・・?どちら側だろう。)「東京を背にして左側ですね。」 
社員A 「いいえ、東京を背にして右側です。」 

これならば間違いなく伝わりますね。( ^ ^ )Y 

列車で行こう!~九州鉄道の旅~

九州の列車がお好きな方へ・・・。
動画も見ることができます。
リゾート特急「ゆふいんの森」   深紅の特急「きりしま」


過去の放送はこちら・・
「のんびり走ろう!」

  ↓ハチロクが元気に走る姿も・・・。
http://www.tvq.co.jp/o_j/nonbiri/backnumber_details/200906.html
「SL人吉 熊本~人吉間に復活!」「SL人吉 いよいよ日本三大急流、球磨川へ」
「100年を迎えた木造駅舎」 「アメリカ生まれの球磨川橋梁」 「SL人吉、いよいよ終点、人吉駅へ」
 [ 2010/05/01 23:02 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(6)

九州鉄道記念館のイベント情報

ミニ「つばめ」に会いたかったなぁ・・。
「あかつき弁当」も食べてみたかったなぁ・・。

「必見!列車の整備風景を見よう! JR九州小倉工場バックステージツアー参加者募集」

↑こちらも参加してみたかったです。
どうして過去形なのかというと・・・お仕事で行けないのです。( p_q) 
 [ 2010/05/01 18:30 ]  九州鉄道記念館 | TB(0) | コメント(2)

走り続ける

一つの出来事。
それは、ある人にとっては 風のように通り過ぎてゆくだけのものかもしれない。
だけど、ある人にとっては 大切な日の始まりかもしれない。

走り続ける・・・
これからもきっと。

走り続ける・・・
これからもずっと。
 [ 2010/05/01 18:05 ]  空から見てるよ | TB(0) | コメント(0)
プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。