駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

鉄道クラブ

2011年7月30日 門司港

子供になりたい・・・。
2011年7月30日 門司港

詳しくは、こちらのHPをどうぞ。⇒http://www.tetsukura.jp/
 [ 2011/07/31 21:47 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(2)

885系・西小倉にて

7月30日 西小倉にて。 
885系・青帯かもめ・・。 今になって、あ、柱が・・。(^^;
20110730885 西小倉

あっという間に通り過ぎて小倉に向かっているけれど
20110730885 西小倉

ちょっと待って。あなたは・・・どちらのかもめさん・・?
20110730西小倉885

帰宅後、確認すると・・SM7編成でした。
20110730西小倉885          20110730西小倉885

SM4編成SM5編成に続いて、SM7編成も青帯になりました。


そして、この日は久しぶりに黄色の帯のかもめにも会えました。こちらはSM2編成。
2011年7月30日黄色帯かもめ


それから、もう1枚の黄色いかもめ・・・なのですが

折尾駅(6・7番のりばの鷹見口に行くには・・)

2007年にも少しだけ記事にしていました折尾駅の鷹見口。
第2折尾駅とも呼ばれるようですが、いったいどこにあるのだろう・・・そう思っていらっしゃる方が多いようなので、今回改めて記事にしてみることにしました。
過去記事では、駅舎を出てすぐ左の歩道橋を渡りましたが、今回はわかりやすく駅舎の正面から行ってみることにしました。

私が立っているのは、3番のりば。
折尾駅20110730

上の案内板のすぐ左に、東口への階段があります。
それでは素直に矢印の方に行きましょう・・。(^^)
折尾駅20110730

改札口が見えました。そしてここにも・・・
折尾駅20110730

案内図が。赤い枠の部分を読んでみますね。
※東口と鷹見口は、150mほど離れております。
※切符は改札機を通さず、有人通路をご利用下さい。
※定期券は改札機をお通し下さい。
※⑦番のりばは、発車2分前に踏切が閉まります。

折尾駅20110730

それでは・・お気に入りの柱を眺めながら正面玄関へ。
折尾駅20110730

右側に見える茶色の建物の向こう(奥の方)に鷹見口があります。
正面玄関前の(ちょっと消えかかった)横断歩道を渡ると
P1090409折尾駅鷹見口

黄色で のりば・・・(実は、今回まで気がつきませんでした・・。一昨年まで毎週末のように通っていたのに・・。)
20110730折尾駅鷹見

6・7・・・。あ、そうか、「6・7のりば」そう書いてあるのですね。
20110730折尾駅鷹見

可愛い・・。この部分だけきれいですね。後から描かれたのかな。それともみんな踏まないように歩いているのかな。私・・もちろん、踏めないです・・。
20110730折尾駅鷹見

黄色の矢印の通りに歩いてきました。振り返って撮影。
20110730折尾駅鷹見

折尾駅の駅舎・・。どのような形であっても、保存されることになってよかったですね。
20110730折尾駅鷹見

そのまま歩くと6枚目の写真に見えている茶色の建物の前にきます。
建物の角にも案内板が・・・。
20110730折尾駅鷹見

その前にも。 やはり、迷ってしまう方が多いのでしょうね。
20110730折尾駅鷹見

着きました。
20110730折尾駅鷹見

こちらが「鷹見口」です。
20110730折尾駅鷹見

自動改札機の横には、のりかえ通路があります。
20110730折尾駅鷹見

今回、私は2番のりばから乗車したので鷹見口は利用しませんでした。
20110730折尾駅鷹見

鷹見口の踏切りとホームの様子は、2008年2月5日の記事の中に(画像が)あります。
※⑦番のりばは、発車2分前に踏切が閉まります。
        ・・・・・↑今回、初めて知りました・・。(^^;
 [ 2011/07/31 10:35 ]  折尾駅 | TB(0) | コメント(3)

中づりクイズ

817系の車内。
そして、目に入ったのは「中づりポスター」。
中づりクイズ

「中づりクイズ」・・・実は私、初めて知りました。
(列車車内の中づりポスターで毎月出題しているクイズだそうです。)
中づりクイズ

正直に・・・私はわからなかったので、ホームページを見てみました。(^^;

Y-DC125  7月30日 西小倉にて

西小倉のホームに立っていると、博多方面から黄色の列車がやってくるのが見えました。
「黄色?珍しいなぁ・・。」だけど、ここでは見たことがないような気がします。
2011年7月30日 Y-DC125

もしかして、もしかすると・・・
2011年7月30日 Y-DC125

これは
2011年7月30日 Y-DC125

キハ125・・・。
2011年7月30日 Y-DC125

試運転・・・?
どうして西小倉までやってきたのでしょう・・。
少しだけ停車した後・・・

2011年7月30日 Y-DC125

2011年7月30日 Y-DC125

また博多方面へと走って行きました。
2011年7月30日 Y-DC125
 [ 2011/07/30 17:53 ]  車両のこと | TB(0) | コメント(6)

一つの切っ掛けから

調べたいことがあったので、今日は頑張って出かけてきました。

817系  黒崎にて。
20110730黒崎駅817系

813系  小倉にて。
20110730小倉にて813

811系  門司港にて。
20110730門司港駅811

これらの車両に乗車して車内の「あるもの」を見てきました。
この件に関しての記事は少し先になりそうですが、なるべく早く書きたいと思っています。

最初は折尾までと決めていたのですが、小倉までの切符を買ってしまった私。
だけど、その後なんと、門司港まで行ってしまったのでした・・・。
撮影するのが久しぶりで嬉しくて、つい・・。明日、バテバテかも・・。
 [ 2011/07/30 17:49 ]  いろんな想い | TB(0) | コメント(4)

片側だけ点灯(テールライトのこと)

今回の記事は、2ヶ月前から気になっていたことです。
続きを読む・・では、悩んだままの状態で書いておりますので
そこのところはどうかご了承ください。m(_ _)m

5月15日、博多駅で停車中の機関車を見ていると、
テールライトが片側だけしか点灯していなかったので・・・↓EF81 302
5月15日EF81302

その時は、もしかすると電球(←と書いてよいのだろうか・・。)が切れているのかな・・
そう思ってしまった私でしたが
5月15日EF81302

6月19日に同じ場所で304号機を見ると、やはり・・
6月19日EF81304

片側だけ点いていたので、これは何か意味があるのかも・・・で、検索してみると
EF81304

ワクワク、ドキドキ・・

鉄道ファン9月号
 [ 2011/07/23 23:32 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(2)

たぶん・・・

くず入れだと思うのです・・・。
SL人吉号の1号車。
2009年2月28日SL人吉1号車
2号車はこちらに・・・。
SL人吉

2009年2月28日 SL人吉号のお披露目 九州鉄道記念館にて撮影したので、今現在は確認できておりません・・m(_ _)m ←すみません・・。

お部屋に置いてあるようなくず入れ(ゴミ箱)・・・
気動車でも探してみたのですが、見つかりませんでした・・。m(_ _)m


 [ 2011/07/22 20:43 ]  いろんな想い | TB(0) | コメント(4)

がんばろう 日本!

がんばろう日本!
 [ 2011/07/18 21:46 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(2)

杉ちゃん&鉄平「線路は続くよどこまでも」PV



模型とわかっていながらも、PVの最後のシーンの0系の姿が何ともいえないくらい素敵でした。

電クラ3~線路は続くよどこまでも~
収録曲リスト
1. 主よ、人の「のぞみ」の喜びよ
2. プロローグ「線路は続くよどこまでも」
3. 無伴奏「メトロ」パルティータ
4. 関東私鉄「踏切」協奏曲~警報音の相違による音楽実験室~
5. 主よ、人の「はやぶさ」の喜びよ
6. 舞曲「遠くへ行きたい」
7. ハレルヤ・ハコダテ
8. 無伴奏「キハ」パルティータ
9. 主よ、人の「とき」の喜びよ
10. 「サンダーバード・しらさぎ」の海 ~加賀百万石の調べ~
11. パッヘル(発車)ベルのカンサイ feat.礼二(中川家)
12. 舞曲「いい日旅立ち」
13. ピチカート「しおかぜ・南風」ポルカ
14. 主よ、人の「さくら」の喜びよ
15. 銀河鉄道999 ~A JOURNEY TO THE JUPITER~
16. エピローグ「線路は続くよどこまでも」 feat.向谷実


他の曲をお聴きになってみたい方は、こちらをどうぞ・・・。↓
 [ 2011/07/17 17:25 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(3)

今、

こんな気持ちです。

20110716 東京に行きたい。

20110716 今年中に行きたい。

 [ 2011/07/16 20:34 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | CM(-)

日本全国!「新幹線」をとことん楽しむ本

文庫本なのですが、いろんな内容がたくさん詰まっています。
まだ半分しか読んでいないのですが、第3章「知って驚く新幹線の世界」では
新幹線の駅についての「えっ?」と思うようなドラマがあったり
第4章「乗って楽しい新幹線路線」では、まだ乗車したことのない新幹線に
想いを寄せてしまった私でした。
日本全国!「新幹線」をとことん楽しむ本 (PHP文庫)
日本全国!「新幹線」をとことん楽しむ本

そうそう、オレンジ色の帯の下の新幹線は・・・


新幹線の車内に・・・ヘビ?

今日の新聞を見ていると・・・(今頃になって朝刊を読んでいる私です・・・。)
20110705新幹線車内にヘビ

詳しくは、こちら⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/251781

新聞には、「飼い主がケースなどに入れて持ち歩いた際に落としたか、逃げ出したのではないか。」そのように書かれていました。
その時、ヘビも新幹線に乗車できるのかな・・??と思ったのですが、その先を読んでみると・・・猛獣やヘビ類は持ち込み禁止になっているのですね。


ここでまた一つ・・・(・・?!??。
車内のへの動物の持ち込みは小鳥などに制限・・・そのように書いてあったのですが、
小鳥など・・・ということは、どのような動物までは一緒に移動できるのかなと・・・・・
少しだけ考えてしまった私でした。(我が家にもペットがいるので・・。

ゆりかもめ 

今回の記事の画像は、2007年8月4日撮影に撮影したものです。

そういえば「ゆりかもめ」は、モノレールや普通の鉄道と違っていました。
まず、運転士さんがいなかったし、走行路面はコンクリートだったし・・。
2007年8月ゆりかもめ
今だったら、車両を見れば即、屋根の上のパンタグラフ・・とか台車・・とかが気になるのに、
この時は、パンタグラフの有無も車輪がゴムタイヤだったということも気が付かなかった私です。


「ゆりかもめ」は、案内軌道を使った新交通システム。
列車自動運転装置による無人運転が行われています。(天候などの事情によっては有人運転されることもあるそうです。)
どのようにして走っているのかというと、走行タイヤの前の方についている案内輪が案内レールに触れることによって、案内レールに沿って進んでいくように走行タイヤの操舵装置が駆動するのだとか・・。←すごいですね。
(車輪の画像が無いので案内輪がどんなものかをうまく説明できない私ですが、「ゆりかもめ」のホームページに「ゆりかもめのしくみ」の真ん中あたりに「車両はどうやって曲がるの?」というところがあります。そこに案内レールと案内輪、タイヤと案内バーの図がありますので、よろしかったらそちらの方をご覧ください。)
2007年8月ゆりかもめ
ちょっとだけ大きくしてみました。↓左下に見えているのが案内レール。
2007年8月ゆりかもめ
そして、分岐器なのですが、ゆりかもめは側方案内方式なので案内レールだけでなく案内板があり、一部が左右に可動し分岐案内輪をいずれかの方向に導くそうです。(分岐器も撮影してくればよかったです。案内板も・・。4年前に戻りたい・・というか、昨年も東京に行ったのに・・。)

そして、動力はやはり電気・・・でも、屋根にパンタグラフも無ければ周囲に架線も見えません。
(こちら↓の画像は、2010年3月に息子と娘が撮影したものです。)
2007年8月ゆりかもめ
それではどこから給電しているのかというと・・
今度は、右下の方・・・でも、これではよくわかりませんよね。
2007年8月ゆりかもめ
大きくしてみました。本には、壁の側面に給電レールが備えられていると書いてあったので、
たぶんこれだと思うのです。そして、レールは3本。なので、三相交流・・ですよね。
2007年8月ゆりかもめ

ゆりかもめの車内。普通の鉄道車両よりもこじんまりとした感じに思えました。
(ゆりかもめの車両の長さは9m、1両の車両定員は50~60人。従来の鉄道車両は約20m、鉄道通勤型車両は約180人と比べてみると、やはり小さめなのですね。)
2007年8月ゆりかもめ

実は、ゆりかもめが無人駅だったということも今頃になって知った私。
ホームドアが設置されているのも、安全性を高めるための一つなのですね。
(監視カメラで乗降の安全確認が行われているそうです。)
2007年8月ゆりかもめ
駅名の左の Uと07・・・これは駅の番号でした。
2007年8月ゆりかもめ

今回、ゆりかもめから新交通システムについても知ることができましたが、4年前は・・というか、自分が乗車していながら、この4年間に一度も調べてみようと思わなかったことにちょっと反省・・・しています。
だけど、過去に撮影した写真をこのように活用できたこと、そして自分なりに調べて記事が書けたことはよかったと思っています。

ちょっとだけ、新交通システムのまとめ。通常の鉄道よりも車両が小さく急カーブでも楽に曲がることができ、ゴムタイヤで走るので震動や騒音も少ないということや、高架橋を走るので渋滞に左右されない、安全性が高い。

余談
実は・・4年前にゆりかもめの窓から見えたもので、私が一番興奮したのは 「新幹線」だったのでした。

「ゆりかもめ」 から (2007年8月) 

今の私だったら、きっと車両の気になる部分をたくさん撮影していたと思います。
そして、走行路面の上をどんな風に走っていたのかを じっと見ていたんだろうなって・・思います。

2007年8月4日  初めて「ゆりかもめ」に乗車しました。
本当は、ゆりかもめに乗る予定は全くなかったのですが、あるお土産を買うために
                ここ↓に行くことになってしまったので・・・。
2007年8月ゆりかもめ

お恥ずかしい話しですが・・実は、私・・つい最近まで「ゆりかもめ」のことをモノレールと同じようなものだと思っていたのです。
だけど、4年の月日が流れて(今頃になって・・なのですが)調べてみると、「ゆりかもめ」は、案内軌道を使った新交通システムで、案内軌条式鉄道として分類されているということがわかりました。


それでは、4年前の遠くなりかけてきた記憶を呼び起こし、今現在の興味と好奇心を高めながら、記事を書いてゆきたいと思います。

・・・・・と、週末になって、やっとここまできたのに・・・・・・・・

このまま続けて書く予定でしたが、続きはまた後ほど。

ゆりかもめから見た景色・・・
すっごく傾いていますが、もう1枚ありました。
プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-