駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

パンタグラフのこと(電気機関車)  空気碍管 2

前回の記事の続きです。
機関車(EF81)の空気碍管の本数が違うのは、なぜだろう?・・・一つのことが気になると、
ずっと考え続けてしまう私。もちろん、自分に知識が無いのはわかっていますが、とりあえず
できるところまで調べてみよう・・・そう思いました。

EF81に装着されているパンタグラフは、耐雪対策されたPS22形。積雪しても上昇するように、主シリンダの他に補助シリンダが設けられているということがわかりました。

・・・つまり、空気碍管の1本は主シリンダへ、もう1本は補助シリンダへ・・・だから2本??・・・
だけど、こちらのEF81は、空気碍管が1本です。
そこで、更に調べてゆくと、EF81のパンタグラフのほとんどがPS22なのですが
301、302、303、304号機は、PS22A そして、451、452号機は、FPS22Eだということがわかりました。
そして、450番代機は、耐雪装備省略で空気碍管が1本だけになっている・・・ということが書いてある本を読み、その数日後に、過去に451号機を撮影された方の写真を拝見して、空気碍管が1本だけなのを発見・・。
ここで私は、(注・すみません、ここから先の私の考えというか推測は間違っていますが、その時の気持ちのまま書きます。m(_ _)m )
「・・・ということは、300番代も(450番代と)同じ理由で1本なんだ。そして、たぶん、PS22AとFPS22Eのパンタグラフは空気碍管が1本しかついていないのね・・。」
・・と、ここで疑問が解決したと思ったのも束の間・・・過去の鉄道雑誌をパラリとめくった時に目に飛び込んできたのは、なんと空気碍管が2本ついている301号機(1975年)と304号機(1985年)の写真でした。

そして、大混乱の頭の中で、またもや知識の無い私の推測が始まりました。
ここから先も間違っていますが、その時の気持ちのまま書きます・・。m(_ _)m
「・・・最初はPS22がついていたけど、九州は大雪にならないから途中でPS22Aを装着したのかも・・。」(←空気碍管が1本しかないパンタグラフだと勝手に決めつけて推測している自分が恥ずかしいです・・。m(_ _)m )
それでは、いつ頃から空気碍管が1本のパンタグラフになったのか調べよう・・・そう思って、再度 電気機関車の本や資料を机に並べ、パソコンを開いて検索する前に、ある方のサイトにアップされていた302号機(1995年)の写真を見た瞬間・・・私は椅子から転がり落ちるほどビックリしてしまったのです・・・。

つづく・・・

閲覧してくださったみなさまへ。
パンタグラフから空気碍管が気になって、疑問から疑問へ・・・
真剣に、真面目に取り組んでいるのですが、知識が乏しいので
このような記事でしかお伝えできないことをどうかお許しください。m(_ _)m

パンタグラフのこと(電気機関車)  空気碍管 1

こちらの写真は、昨年(2011年)6月に撮影したEF81 304。
2011年6月19日

交流機関車、交直流機関車の支持碍子は、直流機関車と比べると
ヒダが多くて背が高いですよね。
これは、高圧電流を取り込むために完全に絶縁しなくてはならないから・・
なのですが、ここでもう一つ私が気になったのがこちら・・・
ここに↓チラッと見えていますが・・・
EF81304
パンタグラフの下の方に細い碍子のようなものがあります。
これは、パンタグラフの上昇下降操作用の空気を通すための空気碍管なのですが
実は、私、つい最近まで EF81の空気碍管は、前後共に1本だけだと思っていました。
302号機 2011年6月撮影
201106 302

411号機 2007年6月15日撮影
2007 0615 EF81 411

403号機 2009年10月25日撮影
2009 1025 EF81

402号機 2009年10月25日撮影
2009年10月25日撮影

こうやって見ていると、みんな1本なのですが、他の地域を走っているEF81の写真を見た時に
空気碍管が2本ついていることを知って、私の中で「なぜ?、どうして?」という
大きな疑問がうまれてしまったのです・・・。
ところが、いろいろと調べてゆくうちに、こちらのEF81も空気碍管が2本ついていた時期があったということがわかり、ここ一週間ほどは、カラダとアタマを交互に休ませながら??・・・
・・・・いろいろと考えていました。
すみません、途中ですが、とりあえず今日はここまでで更新いたします・・・。


関連記事・・・パンタグラフのこと(電気機関車)1

それから、今回の記事の内容は「空気碍管」だったので その関連の写真を。
2008年の秋のイベントで、ED76の傍に置かれてあった古いパンタグラフがなぜか気になって撮影していた私ですが、もう一度よく見てみると、そこには空気碍管が写っていました。
空気碍管1
空気碍管3
こうやって見ると、本当に碍子の管・・・。
空気碍管2  ⇒ 空気碍管4

まさか、こんな形で・・この写真をじっくりと見ることになるとは思いませんでした。

自分の中でも「そうかな?こうかな?」・・・そう思いつつも
なかなかブログで記事にすることができなくて、延び延びになってしまいました。
(早く続きを書きたい気持ちはあるのですが、やはりブログだと慎重になってしまいます。)
それから、掲示板にて情報や助言をたくさん頂きましてありがとうございます。m(_ _)m
大きな励みになりました。

パンタグラフのこと(電気機関車) 最初に・・

電車のパンタグラフに関しては、これまでにも何度か記事にしてきた私ですが
先日、電気機関車のパンタグラフについては、何もわかっていなかったんだと
痛感する出来事がありました。
そこで、今回は自分が疑問に思っていることを記事にする前に、
基本的なことだけでも知っておかなくては(前に進まない)・・そう思いましたので、
これから少しだけ書いてゆこうと思います。
(私のことですので、間違ったことを書いているかもしれません・・・もしも「それ、違う!」そう思われた方がいらっしゃいましたら、ご指摘していただけると助かります。m(_ _)m )

まず始めに、パンタグラフを上げる時なのですが、電車の場合はバネで上昇するのですよね。
だけど、電気機関車の一部には空気で上昇させるものがある・・・これは過去に調べた時にわかっていたのですが、それがどうしてなのかは知りませんでした。(当時は、電車はバネ、機関車は空気・・そう覚えていただけでした。)
そこで、いろいろと調べてみると、こんなことがわかりました。

電気機関車は、一箇所でたくさんの電流を取り入れないといけないので「すり板」が多くなっていて、その分、集電舟が重くなっている・・・だから空気の力で上昇させている。
電車のシングルアームパンタグラフが110kgぐらい(検索すると、スーパーあずさのパンタグラフは120kgらしいです。)ということなので、電気機関車はもっと重いのですよね。

そして、パーツ別「電車観察学」という本の中に、このようなことが書いてありました。
「バネはフックの法則より力が変化するが、空気圧シリンダは位置によらず力が一定・・・だから押し上げ力特性が優れている。
大型のパンタグラフでは自重が大きいから下降はわずかの力でよいが、自重に反して上昇させ、かつ架線に押しつけるには大きな力が必要⇒上昇側をシリンダとしたほうが構造が簡単になる。」
・・・ああ、そうなんだ・・と納得。

私が気になっていたEF81のパンタグラフは、「空気上昇バネ降下式」なのですが、他の機関車では「空気上昇自重降下式」というのもあるそうなのです。
自重降下・・ということは、読んで字の如くパンタグラフ(たぶん、集電舟の部分)の重さで下げる・・ということなのですよね。・・・だとすると、(前にも書きましたが)電気機関車のパンタグラフは、かなり重いのではないかと・・・。余談ですが・・・逆に言うと、集電舟が無いと降りない?・・すみません、集電舟が無いとパンタグラフじゃなくなってしまいますよね、最後にはいつも変なことばかり考えてしまう私です。

割れ止め

過去記事「マクラギの・・・???」の続きです。⇒http://sararuru17.blog80.fc2.com/blog-entry-1173.html

マクラギの端についている丸いのは何だろう?・・・
割れ止め

2011年10月23日の記事では、疑問を残したまま終わっていたのですが
先日、この記事を閲覧してくださった方が「これが何なのか」を教えてくださいました。

この丸いものは、「割れ止め」といって、マクラギの端が割れないようにするためにつけられています。
マクラギが割れると腐るのが早くなり、犬釘の支持力も低下する場合があるそうです。


昨年、展示車両の運転台見学の待ち時間にレールを見つめていて、ふと感じた疑問・・・
当時は調べてみてもわからなくて半ば諦めていたのですが、どうしても気になってしまい
小さなことかもしれませんが、さりげなく記事にしていました。
その後、忙しくなったり体調が悪くなったりでブログの更新も滞りがちになり
鉄道は大好きなのに、カラダがついていかないことに気持ちまで滅入ってしまうこともしばしば・・・。
実は、今日もそれほど調子がいいとはいえない状態なのですが
こんな小さな過去記事が、4ヶ月の時を経てブログを閲覧してくださった方からのコメントによって、もう一度生き返ったことが嬉しくて、嬉しくて・・・早く記事を書きたくなりました。
 [ 2012/02/11 11:24 ]  線路のことから | TB(0) | コメント(0)

水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン

本の帯にも書いてありますが、「車両が地域を変える」・・・その意味が
この一冊の中にたくさん散りばめられています。
それは、人との出会い、仕事へのつながり、車両デザインへの思い・・・
もしよろしかったら、九州の列車に興味をお持ちの方は読んでみられませんか?
20120205
実は、写真の本↑は、昨年の8月に水戸岡さんのトークショーに参加した時に
サインしていただいたものなのです。
握手もしていただいて、とても感動・・・しました。
 [ 2012/02/05 21:56 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(4)

約束

このブログのタイトルが「駅・・・素敵な想い」なので、最初はやはり駅の写真から。
先月末から修学旅行だった娘の写真です。
東京ではゆっくりできなかったみたいで、ちょっと残念がっていました。
だーい好きな思い出の駅の前を通り過ぎる瞬間、バスの中から撮影したそうです。
・・・あ~っ、おかあさんも行きたい・・・。
20120202

そして、約束のスカイツリー。
スカイツリーを撮影してくれるんだったら、お母さんのカメラを貸してあげる・・・って約束していたのです・・。
     残念、↓↓お部屋の照明が・・。
20120202
朝、6時半頃に撮影したそうです。
宿泊したホテルのお部屋から、スカイツリーがきれいに見えていたということで
「今度東京に行ったら、ここに泊まったらいいよ。」なんて言っていました。
・・・でも、トレインビューのお部屋も譲れない・・・

そして・・・

交流電気機関車のパンタグラフ

実は、ここ数日間、EF81のある部分が気になっていろいろと調べていたのですが
いろいろと考えすぎて、なかなか先に進まなかったということもあって
もう一度最初からパンタグラフについて振り返ってみることにしました。
(EF81だけでなく、他の機関車も・・・。)
そして、過去に撮影した写真を見ていると

2010年9月25日に撮影したED76のパンタグラフ
ED76
                  ↑集電舟が1本・・・。
私、すべての車両の集電舟は2本・・・そう思っていたのです。
過去記事「パンタグラフ7  集電舟」の中で、
自分で描いたイラストも集電舟がしっかり2本・・。

直流機関車と交直流機関車は2本ですが、交流機関車は1本なのですね。
ED76
上の写真は、ED76 94。
2010年9月25日、門司港にて撮影しました。
関連記事・・・「2010年9月25日門司港にて ED76・・・そして」
プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-