駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

EF67 1

山陽本線八本松~瀬野区間でEF59が活躍していた頃に
その置き換えとしてEF60を改造したEF61(200番台)が登場した
そうなのですが、EF61は性能上に問題があり単機使用が限定。
そのため、重量のある貨物列車牽引にはEF59の重連が必要でした。
そこで、EF59の重連仕業を単機でこなせる機関車を・・・ということで
開発されたのがEF67でした。

20141025EF671

昭和57年、EF60から改造。
走りながら連結を外すために、上り側はデッキがついた貫通型です。

20141025EF671

交流電気機関車並みの粘着力が得られる電機子チョッパ制御。

20141025EF671

中間台車の主電動機は電力回生ブレーキ専用。(←単機回送時の
下り勾配用。)

20141025EF671

ここまでの私・・冷静に書いていますが、実は会場に入って一番最初に向かったのがEF67が展示されていた場所で、このもみじ色の車体を
目にした瞬間、もう感動で胸が一杯でしばらくの間、見とれていました。
秋の陽射しを体に浴びて・・大勢の来場者のみなさんに囲まれて・・・
その姿は、とても誇らしげに見えました。

ここで・・・私の大ボケです・・・。
(本当に知らなかったのです。笑わないでください・・。)
同じ機関車なのに・・・顔が、顔が・・・顔が違う・・・。
(憧れの機関車との初めての出会いは、衝撃的でした。)
考えてみたらそうなのですよね、上り側だけなのですよね。

20141025EF671

そして、赤い「富士」のヘッドマーク・・・。
こちらも初めて見ました。(あの「富士」?ですよね・・。)

20141025EF671

そして、こちらのヘッドマークなのですが・・・。

20141025EF671

国鉄のさよならヘッドマーク・・・。

20141025EF671

デッキ付の方は、前面の手すりが斜めについています。
この方が掴みやすいのかな・・。
20141025 25

こちらは、真っ直ぐ・・。
20141025 25
スポンサーサイト

EF59 21

山陽本線八本松~瀬野区間の客貨列車補機用であった
D52形蒸気機関車の置き換え用として登場したEF59。

●昭和38年~43年 
EF53形1~19⇒EF59形1~19として改造。
●昭和44年~47年 
EF56形1・2・3・5・12⇒EF59形 20~24に改造。

20141025 EF59

今回のイベントでは、EF59 21(旧EF56 2) が公開されていました。

20141025

EF56の改造車は、性能と制御回路などの電気系統がEF53と同じ。
なので改造手法と補機としての性能もEF53の改造車と全く同じ・・
ということですが重油タンクや水タンクなどを撤去したため、その分
軽くなってしまったので死重を搭載してEF53の改造車と重量を
合わせていたそうです。
(↑国鉄電気機関車名鑑より引用させてただきました。)
20141025 EF59

前面に見えるのはステップでしょうか・・。(かなり飛び出ていますよね。)
機関車によって、手すりがついている位置も数も違うような気がします。
20141025 EF59

この管なのですが、赤い矢印から黄色い矢印までつながっていました。
(連結する時に必要なもの・・?)
20141025

私が確認したかった部分が・・・こちら。
EF56の改造車のEF59は、パンタグラフを車体中央に寄せて
あるのが外観上の大きな特徴・・・ということだったので
ずっと気になっていました。
20141025 EF59
なぜ車体中央に設置されたのかというと屋上のボイラーの煙突を避ける
ためだったそうです。(←EF56時代。)
20141025 EF59

動輪を見て・・・

入場して一番最初に目に入ったのは、蒸気機関車の動輪でした。
広島工場は、昭和18年3月23日に創立以来蒸気機関車工場として
歩み続け、昭和48年9月17日にD51214号の中間検査完了出場を
もって蒸気機関車検修を終了したそうです。

20141025

約30年間に出場した蒸気機関車は、9214両、そして最終定期検修車
D51214号は、この両数の下3ケタと同じ214・・・。
20141025

昭和50年3月に蒸気機関車廃車処分が完了した時に、工場の方々の
お力により最終出場機関車の一部を永遠の記念として残すこととなったそうです。
20141025

最初に動輪を見て、それからプレートの説明を読んだ私だったのですが
下3ケタの数字が同じだったというのは・・・偶然ではなく、まるで運命のような・・
そんな気がしたのは私だけでしょうか・・・。

もう走ることはない動輪ですが、
時を経て・・・私の心を静かに動かしてくれました・・・。

矢賀駅

跨線橋の上から撮影。
左に見えるのは駅舎の正面、そしてホームのずっと向こうには

20141025

とても古そうなホーム上家がありました。

20141025

柱には、レトロな駅名標・・・

20141025 20141025 6

そして、建物財産標がありました。
(昭和18年3月に建てられたのですね・・。)

20141025

反対側から撮影。
屋根のところに、空に向かってツノのようなものがピンと立っています。
20141025 6 20141025 6

20141025

20141025 6

矢賀駅は、イベントの帰り・・・広島駅に向かう前に撮影しました。

次の記事からは、いよいよイベント会場です。
 [ 2014/10/28 21:40 ]  いろんな駅で★ | TB(0) | コメント(0)

素敵な光景

新幹線の改札を抜けると、もうそこからは右も左も
まったくわからない私・・・。
でも、矢賀駅に行きたい一心で、なんとか9番のりばに到着。

下深川・・・そうそう、これ、この列車に乗ればいいんだ・・・。
発車まであと数分ほどあるけど、不安だから早めに乗っておこう・・・
でも・・・
20141025

やっぱり1枚だけでも撮っておきたいので急いでパチリ。
20141025

私にはとても新鮮な色に感じて、見ているだけでワクワクしました。
20141025

そろそろ出発です。
20141025

この列車の中で、素敵な光景がありました。
私が座っている前に、年配の男性とその方のお孫さんが
こられたのですが、お孫さん(2~3歳ぐらいの男の子)が
恥ずかしがってしまって座席に座らなかったのです。
ところが・・・
列車が動き始めてしばらくして、窓からEF67の姿を見つけた途端
「あーっ!セノハチ!セノハチだ!」そして、次から次へと
いろんな列車の名前を言い始めたのですね・・・。
いやー、これはスゴイ!と思いました・・。
こんなに小さいのに、もうすでに立派な鉄道ファンではないですか・・。
そして、気がつけば私の目の前のシートにちょこんと座っていました。
もう、とっても、とっても可愛くて微笑ましくて・・・
1人で出かけた広島でしたが、その後矢賀駅に着いてからは
明るい気持ちでイベント会場まで歩いて行くことができました。

(私も早く孫が欲しいです・・。)
 [ 2014/10/27 14:23 ]  いろんな想い | TB(0) | コメント(2)

みずほに乗って・・・

先週の水曜日の夜にイベントのことを知って、どのようにして目的地に
行ったらよいのかを次の日に一生懸命に検索して調べて・・・
その時点で不安はまだ50%ぐらいあったのですが、「後悔したくない!」
という気持ちが胸の中で一杯になってしまい、金曜日の午前中に
切符を買いに行きました。
ここまでしてしまえば、もうどんなことがあっても行かなければ!
そう、行ってしまえば何とかなる!
でも、私の緊張はかなりのもので、前日は・・(いえ、すでに当日に
なっていました)午前1時過ぎても眠れず、朝は午前4時に目が覚めて
しまいました。
とにかく広島駅までたどり着かなければ・・・その思いがいっぱい、
いっぱいだったのですが、新幹線に乗ってやっと・・初めてカメラを
取り出す気持ちの余裕ができました・・。

行きは、みずほ600号。
実は、あまり眠っていないのと緊張で体調はあまり良くなかったのです。
正直・・目的地に着いても大丈夫なんだろうか・・・(きっと食べれないし・・。)そう思っていたのですが、シートの座り心地が良かったのと
足元がゆったりしていたので体がとても楽になり、ここで少し元気になりました。
20141025

そう、そうでした・・・新幹線の中でバッテリーを充電することが
できるのですよね。
シマッタ・・充電器を持ってくるの・・忘れていました。
私のスマホはXperiaなのですが、普通に使っているだけなのに
バッテリーの減りが早いのです。
(今回も、途中で何度か電源をOFFにして帰りまで持たせました。)
20141025

広島まで約1時間・・・。
やはり新幹線の乗り心地はいいですね。
(乗っているだけだったら大阪まで行けるかも・・。)
20141025

着きました!広島です・・。
20141025
平仮名の「みずほ」もパチリ。
20141025

新幹線の改札を抜ける前に見つけた0系です。
広島駅で一番最初にホッとした瞬間でした・・・。(^^)
20141025

風船と機関車

下関の記事はまだ続きがあるのですが、
先に 昨日、出かけた場所での記事を書きたいと思います。m(__)m

会場では、小さなお子さんに風船のプレゼントがありました。
青い機関車と黄色い風船・・・
P1170600風船とEF66
なんだか幸せになれそうな気がします・・・。


実は、昨日帰宅するまで朝から何も食べることができなかった私。
おまけに日中は夏のような暑さで半袖になっていた方もいらっしゃったほどでした。
これまでの遠出は、誰かがついてきてくれたのですが(最近はほとんどが息子)
今回は一人っきりで、それも知らない土地・・広島まで・・・。

体調だけでなく不安がものすごく大きくて、とても迷ったのですが
この数ヶ月私の周囲ではいろんなことが起こったこともあり、後悔したくない気持ちが
私の背中を後押しして、突然ですが広島行きを決めました。
観光など一切なしの改札を抜けるのは現地のみ・・という究極の日帰りスケジュール。

昨夜は、こんな季節なのにまたもや軽めの脱水症状(夏だったら熱中症です。)でした。
1人で関東に行くには、意識して水分補給と食事をいかにとるか・・・これができないと
無理だ・・・今回はそう感じた私でした。
(飲む、食べるって基本的なことなのに、出先でそれが上手くできない←子供よりタチが悪いですね。)
移動中でも、出先でも・・お腹が空いたらすぐに食べることができればよいのですが
後先のことを考えると怖くてできない・・・本当に難しいです・・。
(4年前、東京から帰りの新幹線では駅弁・・食べることができたのになぁ・・。)
 [ 2014/10/26 15:29 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(0)

青い

機関車。
 [ 2014/10/25 16:02 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(2)

紅葉はまだだけど

もみじ色の機関車を見ました。
 [ 2014/10/25 14:23 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(2)

運転台見学

目の前にEF65・・。
20141018 EF65

運転台見学の直前に何とか撮れた1枚です。
どうしてしゃがんで撮影したのかと言うと、ランボードが見えないかなと思って・・。
(ここではかすかに見えています・・。まるで線のように。)
20141018 EF65

しゃがんだついでに連結器の部分・・・復心装置はどこなんだろう・・・。
本には、内部にコイルばねがあって、左右に振られた連結器の胴受を心向させる・・・と
書いてあったのですね。よく見ると、四角い穴の中にバネらしきものが見えます。
     連結器を支えているあれかな・・・。
                  ↓
20141018 EF65

屋根上の真ん中に扇風機カバーらしきポコッと飛び出た部分が見えます。
そして、向かって右側だけに手すりがあります。(前照灯の横と屋根上。)
20141018 EF65

運転台です。
急いで撮影して、帰ってからゆっくり確認・・そう思っていたのですが、後で見てみると
ブレブレでした・・・。(涙)(編集画面で見ると、ぼや~っ・・です・・。)
20141018 EF65

扇風機が右側にチラッと見えています。
20141018 EF65

右の方に、普通の折りたたみ椅子(青いクッション)の背もたれに「EF65 1134」と書かれた
テープが貼ってありました。
どんな時に使用するのかはわかりませんが、この機関車用の椅子なのだそうです。
20141018 EF65

パンフレットはもらったものの、どこに何の車両が展示されているのかもわからずに
次はどこに行こうかと人の流れに沿って歩いていると、開いた窓から先ほどの1134号機の
車体の側面を発見・・・。
20141018 EF65

そして、その先の窓も開いていたので、パチリ・・。
20141018 EF65

反対側からこんな風に見ることができたのも嬉しかったです。
20141018 EF65

こちらの方では小学生以下限定で運転台操作ができるようになっていたそうです。
(ああ、子どもになりたい・・・。)
20141018 EF65

私、この時までEF65は1134号機だけ・・・そう思っていたのです。
ところが、この後ろには・・・
そうなのです、お日さまの陽射しを一杯に浴びた機関車が待っていたのです。

冷静に書くのに必死です・・。
だって、このブログで青い機関車・・・ですよ・・。
なんかもう、うるうるですよ・・・。

入場しました。

当日は、開場15分前ぐらいに着いていたと思うのですが、

その時はまだ歩道の端に並んでいました。
10時になって前に進みましたが、すでに大勢のお客様が・・・。
20141018

ドキドキです・・。
20141018

門をはいってすぐに目に入ったのが、こちら・・。
下関なので「ふく」かと思ったのですが、くじら・・のようです。
(頭の上が噴水になっていました。)
クジラの下のプレートには、「技術でしめそうわれらの力」・・の文字が・・。
素晴らしいですね・・・。
20141018

ゆるキャラがお出迎え・・。
「ゆめたん」?・・この時、ゆるキャラの胸のマークが、速度制限解除標識を
逆さまにくっつけているのかなと思ってしまった私でした。(^^;
(あ、でも↓こんな標識・・他にあったりして・・・。)
20141018

実は、メインステージでオープニングのご挨拶が終了するまでは
みなさんここで待機・・・。
この日は、朝からとても暑くて、できるだけ日陰を・・そう思っていたら
イコちゃんの後姿に遭遇・・・。(本当は一緒に記念撮影したかったです。)
20141018

ステージから聞こえてくるお話しに耳を傾けながらも、
目の前のイコちゃんのしっぽをまじまじと観察させてもらいました。
(この時、イコちゃんには足が無いと思っていたのですが、後で別の方の写真を拝見すると
・・・ちゃんと足が写っていました。私が見た時は座っていたんですね。)
20141018

お話しが終わったと同時に、みなさんは急いで移動されていました。
私はと言うと・・・、ここまで来るのに精一杯で、正直・・もう走れません・・・。(涙)
ちゃんと撮影できなくても、たとえ見るだけ鉄になっても、ここまで来れたのですから
あとはもう青い機関車を自分の目で見る!それさえできれば満足・・・そう思っていましたが
そこそこに頑張って撮影してきました。

どこからどうしよう・・でも、やはり最初は・・・ここです。
大人でも見学はOKでした。(^^)
20141018

幡生駅

幡生駅から徒歩5分・・・。
どこにあるのかな・・・すぐにわかるかな・・・なんて思って後ろを振り向くと・・
20141018
あら、駅の真裏に・・。
20141018

場所が分かったところで急ぎます。
幡生駅には自動改札機がありませんでした。(^^)
20141018

どちらに行けばいいのかな・・。
20141018

カメラを持って、リュックを背負っているみなさんの後をついて行けば
目的地には行けるはず・・・。
20141018

いよいよです・・・。
20141018

 [ 2014/10/21 21:15 ]  いろんな駅で★ | TB(0) | コメント(0)

幡生駅で見つけたもの

下関駅から乗り換えて、約5分で幡生駅に着きました。

20141018

そして、ここで気になるもの・・・発見。向こうのホームへ急ぎます。

20141018


20141018

「周波数入換」・・・私、たぶんこれは初めて見たかも・・・。
(これは電車?機関車?・・・それとも全く違うこと・・?)

20141018

そのまま後ろにぐーっと下がって、下がって・・・
これは、停止位置目標ですよね。
◇の中に×が電車で、☐の中に×が機関車。◇の中に〇は・・・何だろう・・。
(JR東海は最長編成用に〇を使用しているらしいけど、ここはまた違いますよね・・。)
20141018        そして、もう一つ気になったのが、「全車」↑ 赤で目立っています。
20141018

今度こそ進もうと思っていたけど、また気になるものが・・・
20141018

進路表示器の向かって右側に、白と赤の◇の縞々の中にライトがあります。
これはいったい何なのでしょうか・・・。
20141018



105系

下関駅に到着。
早く乗り換えないといけないのですが
目の前には105系がいます・・・。

20141018

とりあえず、1枚だけ撮って行こうと思ったら・・・
後ろの方に白い車両が見えたので
思いっきり後ろ髪を引かれて急ぎます・・。

車体の黄色って本当に綺麗・・・・なんだか幸せな気持ちになりますね・・。
20141018

時間があればゆっくり見たいのですが・・・

20141018

もう、ここまでが限界かも。

20141018

早く向こうのホームに行かなくては!
(でも、未練がましく、ふり向いてもう一度カシャッ・・・。)
20141018

 [ 2014/10/20 15:01 ]  車両のこと | TB(0) | コメント(2)

もしかすると・・・EF200 ?

これはもう少し先で書こうと思っていたのですが
自分の中ではとても嬉しかったことなので・・・
早めに記事を書きます。

イベントの帰りに幡生から下関に向かう途中で
機関車が何両か並んでいたのですが、その中にEF200がいたのです。
絶対に間違いない・・そう思ったのは、パンタグラフで確認したから・・。
撮影したかったのですが、乗客の方がたくさんいらっしゃったので
見るだけ・・・で、しっかりと目に焼き付けました。

でも、二週間前にEF200のパンタグラフのことが気になって少し調べていたので
ほんの一瞬でも実物、それもパンタグラフを見ることができて本当に嬉しかったです。

ところが・・・
今日の午後、昨日撮影した画像を整理していると・・・
イベントの会場内から撮影した走り去る青い機関車・・・その時はEF210と
思っていたのですが、
EF200

拡大してよく見てみるとEF200のような気がするのです。
パンタグラフも・・・そんな感じが・・・。

EF200

もしもそうだったら、私はEF200を2回も見ることができたのですよね・・。

たとえ1回だったとしても、まさか会えるとは思わなかったので
私の中では、ビックリと嬉しい・・そしてすごい・・の感動でした。

欲を言えば・・・もう少し近くで見たかったです。

関門トンネルを抜けると・・・

窓ガラスに張り付くようにして、走る列車の中から外を眺めます・・・。

20141018 

あっ!あれは、青い機関車!
20141018 EF65

もう、心臓がバクバクです・・。
P116073720141018 EF65

20141018 EF65

九州では見れない色の車両がいっぱい・・・。

20141018 

急いで幡生駅へと向かいます・・・。

20141018 
 [ 2014/10/19 16:13 ]  いろんな想い | TB(0) | コメント(4)

きらめき・・・そんな想い

10月18日 土曜日。
気持ちが悪くなってきたところで、ちょうど折尾駅で乗り換え・・。

そこへ、向かいのホームに783系が朝陽を浴びながらやってきました。

783 きらめき

わぁっ・・・まぶしい・・・。

783 きらめき

その列車の名は・・・「きらめき」

783 きらめき

まるで、その日の私の心の中を表してくれたような
そんな気がしました・・・。
 [ 2014/10/19 13:41 ]  いろんな想い | TB(0) | コメント(0)

見た!

テスト





 [ 2014/10/17 20:43 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(0)

台風が過ぎて・・

今週末は、・・・のようです。

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/35/8120.html

EF65
 [ 2014/10/14 14:31 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(0)

天候が悪い時の撮影は・・?

ただいま台風19号の暴風域にすっぽりと入っている私ですが
みなさまは、大丈夫でしょうか・・。
(先ほどから風が強くなってきました←吹き返し?

今回は、雨の中の撮影についてです・・。

私はあまりイベントに参加したことがないというのもあって
実は、これまで雨の中で撮影したことが・・・ないのです・・・。

小雨であれば、ちょっとぐらい濡れてもなんとかなりそうですが
傘が必要なくらいの雨の場合・・・みなさんはどのように撮影されるのでしょうか・・。

やはり傘を差したまま・・片手で撮影・・・になりますよね。
(この時は周囲にもかなり気を配らないといけないですよね。)
または、レインコート着て・・・とかも?
(この場合、カメラは・・・?)

そして、雨は雨でも、大雨・・・の時はどうやって撮影したらいいのか・・。
雨の中で撮影したことがない私にはピンとこないというか・・。

雨の中での撮影・・・どんなことに注意すればよいのか
ご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけますでしょうか・・。

 [ 2014/10/13 14:30 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(4)

屋根上(その他)

EF65PF後期グループは、運転室内に扇風機が設置されているので
屋根上には突き出したカバーがある・・。凸←こんな感じ・・。

ホイッスル⇒雪が多い地域を走るものにはカバーが付いている。
(暖かい地域へ移動→カバーが外されて取付座だけが残っている。)

屋根上(ランボード)

ランボード⇒電気機関車の屋根上の両側にある板のようなもの・・。
パンタグラフの点検などの足場になるところ。

EF65PFの後期グループは、ランボードを高い位置に・・。

2000番台

100km/h以上の運転をする場合は
運転状況記録装置の搭載が義務づけられた。


運転状況記録装置を搭載車していない
EF65 1000番台を2000番台に。
(最高速度100km/hの旅客会社所有機と区別するために・・。)



1000番台

少しずつですが、やっと一つの流れとしてわかってきたみたいです。

EF65 1000番台 は EF65P と EF65F の性能を兼ね備えた
機関車・・・それで、EF65PF・・そう呼ばれていたのですね。

そして、パンタグラフなのですが、1~5次車が PS17
                    6次車以降が PS22

おさらい・・・
PS22の下枠交差式パンタグラフが登場するまでは
国鉄電気機関車はずっとPS17 菱形パンタグラフだった・・・。

思いがけずに

EF65
主電動機回転数の領域拡大と
出力強化により牽引力と高速運転が可能。
            ↓      
          客貨兼用
   500番台⇒P形、F形


P形のことを調べていると、また別のことが・・・

電源車カニ22のパンタグラフを降ろす回路を備えたKE59ジャンパ連結器を装備してあったらしいのですが、ここで・・・
カニは客車・・ですよね・・。客車にもパンタグラフが・・?そう思ったのですが、電源車だからあるのが当然・・なのですよね・・。
私は今まで、客車にはパンタグラフが無い・・・そう思い込んでいました。

誕生までの経緯 

通院があるので、なかなか時間がとれなくて
ゆっくりと調べることができませんが
あと10日あるので、EF65のこと・・・
少しでも知りたいと思っています。

私のノートです。

・高度成長期⇒国鉄の電気機関車は発展
・輸送力増強⇒幹線の電化
・・・その後、電気機関車は増えたけれど形式が増えすぎ
運用管理の面で問題が・・。
そこで、標準型電気機関車をつくることに・・。
そして誕生したのがEF65・・・。

EF65は平坦線用で、勾配線用がEF64・・・
過去に電気機関車のことを調べていた時には、他の機関車との
歴史的なつながりはおぼろげにしか感じていなかった私でしたが
今、やっとハッキリとわかり始めてきたみたいです。

今日から・・・

EF65のことを調べてゆきます・・。
 [ 2014/10/07 20:53 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(4)

予定

JR下関駅で降りて、幡生駅までは電車で約5分らしい・・。
そして、幡生駅から徒歩で5分・・。

これならば、よっぽどでない限り大丈夫かも・・。(^^)
 [ 2014/10/06 20:11 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(0)

秋のイベント

10月は各地で鉄道のイベントが開催されるようですが
みなさんはどちらに行かれるのかな・・。

私は・・こちら⇒http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/09/page_6130.html
に行ってみたいな・・・。

なぜかというと・・・
プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。