駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

みすゞ潮彩

2014年10月18日下関駅にて撮影。
前記事の写真の中の車両は・・
こちらでした。
20141018

窓の形が可愛い・・。
20141018

車内がとても気になりました。
20141018

乗客の方がいらっしゃらなかったので覗いてみると・・
このような感じ・・・。
20141018

20141018

みすゞ潮彩・・・いつか乗ってみたいです。
20141018
スポンサーサイト
 [ 2014/12/31 23:18 ]  いろんな駅で★ | TB(0) | コメント(0)

下関駅にて

10月18日 下関駅にて。

向かって右側・・・
小さく写っている車両・・・

20141018

見えますか・・・?
 [ 2014/12/30 21:48 ]  いろんな駅で★ | TB(0) | コメント(0)

もう一つの茶色の車両

10月18日 鉄道ふれあいフェスタにて撮影。
20141018


20141018

20141018

20141018

窓に「半自動扉」・・そう書いてありました。
20141018

クモハ42001  その2

クモハ42001  その1の続きです。

20141018 2020 20141018

20141018

エバーグリーン賞・・私は今回、初めて知ったのですが
2003年に廃止されたのですね。
20141018
20141018

非常の時には赤いツマミを引くのですね。
(今はボタン・・ですよね。)
20141018

下の方に「汽車」と書いてあります・・懐かしいです。
(私の母は、今でもたまに「汽車」・・と言いますから・・。(^^; )
20141018 20141018

扇風機のスイッチ・・。
20141018
20141018

あの棒は、握り棒・・?
20141018

消火器と一緒に白い紐で結んであるのは
20141018
これはもしかすると・・・。
20141018

20141018
20141018
20141018
20141018

運転席の後ろにはたくさんの線がありました。
20141018


クモハ42001 の車内から、もう一つの茶色の車両が見えました。
20141018

クモハ42001  その1

10月18日 鉄道ふれあいフェスタにて。

昭和8年製造。70年間に500万キロを
走り抜いた車両だそうです。

20141018

車両の上の方を見ていると気になる部分が・・。
両端に線が見えます。(詳しくは掲示板にて。)
20141018

ガッチリとした連結器。
20141018

横から見ていて気づいたのは
20141018

まるでお部屋のドアノブのよう・・そう思いました。
P116088820141018.jpg

ここでまた一つ・・
20141018

ここに網・・というか、このようなものが
ついていました。
20141018

サイズが違いますが、三ヵ所にこのような感じで・・。
これはもしかすると、床下の機器を保護するためのものでしょうか・・。
20141018


次の記事では、車内の様子をお伝えします。

今年中に・・

10月18日 鉄道ふれあいフェスタにて。

20141018

残りの記事は今年中に書く予定です・・。

また明日・・となれば良いのですが・・。


もう少し気合い入れろよ!って感じですよね・・。

自分でもそう思います・・。

明日こそは!

胴受装置 その2

胴受装置 その1 の続きです。

車両移動車の連結器を見るまでは、これまでの他の車両に関しても胴受装置のことには全く気がつかなかった私でした。
そこで、過去に撮影した写真をもう一度よく見てみると・・・
下関のイベントで撮影した115系。
20141018

前記事の写真と同じような感じです。

20141018
赤い丸で囲んでいるところは胴受ばね箱(胴受ばねが見えますね。)、黄色い矢印の部分は胴受梁、そしてオレンジ色の矢印のところがすり板。
これが胴受装置で、連結器の胴の部分を支持しています。
走行中、連結器は揺動しますが、すり板の上をすべり、胴受ばねによって胴受梁が上下することで胴受装置に妨げられることなく動くことができます。

胴受梁なのですが、形が違う車両もありました。
20141018
10月18日、下関の鉄道ふれあいフェスタで撮影した227系です。
20141018

最後に・・これは言い訳・・ではないのですが・・・
これまで連結器も見てきたはずなのに・・・私はどうして今まで気がつかなかったんだろう・・そう思ってもう一度いろんな写真を見てみると・・・783系や
783

885系や883系は、見えない・・ですよね。
883885

でも、2008年の小倉工場まつりでは、私・・しっかり撮影していたのです・・。
885

この時は本当に気がつかなかったです・・。
885
せっかくお鼻が外してあったのに
気がつかなくて ごめんね、885系・・。

胴受装置・・自分の中では、やっと理解できました。

もしも間違っていたことを書いていましたらすみません。
(ご指摘いただけるとありがたく思います。)
 [ 2014/12/20 21:36 ]  車両のこと | TB(0) | コメント(2)

胴受装置 その1

前記事の中のこちらの写真の連結器周辺のことなのですが
やっと、それが何なのかがわかりましたので、今回は
このことを書きたいと思います。

先日、ある方からこの件に関しての情報を教えていただきました。本当にありがとうございました。m(__)m

20141018

私は、連結器の両わきにあるバネのことばかりに目がいって
その上に何かをのせるのでは・・なんて書いていましたが
実は、この連結器付近のものは、「胴受け装置」だそうです。

ここから先は、教えていただきました資料を参考にしながら
記事を書き進めたいと思います。

「胴受け装置」・・実は、私は一昨日まで、どこが胴の部分
なのか、そしてこれがどんな役割をしているのかが全く
わかりませんでした。

そして、
連結器・・私はこれまでは繋げることしか頭になかったのですが
切り離した時にこの連結器はいったいどうなるのか・・なんて
今回のことがなければ気がつかないままだったかもしれません・・。

連結された車両を切り離す時、その下に何もなければ
解放された連結器は自重によって下に落ちようとしますよね。
そうならないために支持しているものが「胴受け装置」だったのです。

このまま続けて書きたいのですが、ちょっと体調がよくないので
続きはまた後ほど、次の記事へと繋げます・・。m(__)m
(本当は一気に書きたいのですが、ちょっと無理なので。)


それから・・・
このブログは私のノートのようなものなので
鉄道に詳しい方が閲覧されるとお怒りになられることも
あるかもしれませんが、そこのところはどうかご了承ください。
平凡な主婦ですが、自分では鉄道と真面目に向き合っている
つもりですので・・。
 [ 2014/12/20 13:26 ]  車両のこと | TB(0) | コメント(0)

黄色の車両

10月18日 鉄道ふれあいフェスタにて。
(すでに2ヶ月が過ぎてしまいました。
のろのろ状態、カタツムリペースで進んですみません💦。)

EF65の運転台を見学して、屋外に展示してある車両を見に行こうとしていた時に目に飛び込んできたのがこちらの車両でした。

20141018


いつものように、私の「これはいったい何だろう?」が始まってしまい、たまたま近くにいらっしゃった関係者の方にお聞きすると、こちらは車両を移動するための車両(スイッチャーでよいのですよね。)なのだそうです。(みなさんはご存知ですよね。)

鉄道に興味を持って8年目の私ですが、まだまだ未熟者で車両を観察する部分が子供に近いような感じです。
(たくさんの知識をお持ちの方が閲覧された場合は、どうか温かい目で見てくださるとありがたいです。)
それでは早速・・・。

連結器の近くなのですが・・
20141018
小さなバネが見えたのです。左右についているようなのですが、ここにバネがあるというのは、もしかするとその上の黄色と黒のシマシマの棒の上に何かをのせるから?・・とか思ってしまいました。
20141018

日本国有鉄道・・国鉄時代のものだったのですね。
20141018
                     ↑20141018     

             20141018
          ↓
20141018

ぐーっと下がって撮影して・・・
20141018

また近づきます。向かって右の方に取っ手が付いた部分があるのですが、そこには「工具箱」の文字が。この中には工具が入っているのでしょうか。(左は制御バッテリーと書いてあります。)
20141018

そして、これは一昨日、もう一度写真をじっくり見ていて気がついたのですが、左下の方に数字が・・。
たぶん、これがこの機関車の番号になるのですね。
20141018

砂箱の上の方にキャップがあります。
(素朴な疑問・・・砂は一度にどのくらい出るのでしょう。)
20141018

小さな排障器が見えました。
20141018

反対側から・・。
20141018

12月の博多駅前

博多駅

子どもの用事で午後から博多まで行ったのですが
疲れるといけないので、私だけ先に帰ってきました。
悲しいかな、今回は車両を1枚も撮影できなかったので(涙)
(こんなこと、初めてかも・・。)
せめて博多駅前の写真だけでも・・。

もうすぐクリスマスですね・・。
 [ 2014/12/13 19:56 ]  博多駅 その周辺 | TB(0) | コメント(2)

二つのヘッドマーク

九州でED75が走っていた時は
こちらのヘッドマークをつけていたのですね・・。

あかつき あさかぜ
(10月18日 鉄道ふれあいフェスタにて。)

その向こうに見えたのは

※2014年12月6日追記しました。

10月18日鉄道ふれあいフェスタにて撮影。

221系の斜め向こうに見えたのは・・・
20141018

EF65・・。
20141018

車体のあちこちに塗ってあるのは
(ガムテープのような色)
何なのかなと思いながら・・
20141018

お顔を見ると、扉が外されていました。
(取り外せるのですね・・。)
20141018

追記
ガムテープの色のようなもの・・
車両に塗ってあるのはパテだそうです。
(こちらのパテを塗って磨いてから塗装になるそうです。)
教えていただきましてありがとうございました。m(__)m

体質改善工事

10月18日 鉄道ふれあいフェスタにて。

思いがけずに、221系と出会えました。
221

でも、お顔を見ることはできませんでした。
221

だけど、どうしてここに・・?

「体質改善工事」だそうです。
221
私は、それまではその意味を私は知らなかったのですが
・経年劣化による老朽化対策。
・電子機器の更新。
・時代にあったサービスレベルの維持向上。
これらが体質改善工事らしいです。

普段、目にするところでは、つり手の色や形状が変更されたり
出入り口付近スペースが拡大、そして車いす対応型トイレや
車いすスペースが追加されたそうです。
221

私のすぐ近くで見学されていた若い男性の方お二人が
イベントの関係者の方とお話しをされてあったのですが
「ここまでつれてきてもいいんですか?」(221系のことだと思います。)
「そうですよ、こちらでもやっているんですよ。」(221系の体質改善工事のこと?)
「ここにずっとおいててくださいよ。」(221系のこと、たぶん。)

この会話を聞いていて、見学されていた方は221系のファン
なのかなと思いました。
だって、好きな車両には近くに居て(走っていて)欲しい・・
そう思いますよね。

この歳になって

やっとなのですが・・

N700



プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。