駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

月別アーカイブ  [ 2015年10月 ] 

≪ 前月 |  2015年10月  | 翌月 ≫

実物を見て感動して、模型を見てしくみがわかった。そして、ブログを続けてきて良かった。

ED40・・どんなに会いたかったことか・・。
20151010

過去に碓氷峠の記事「峠の歴史、そして・・」を書いた頃の私は、EF63に興味を持って
ただ、それだけで歴史を調べていたのだけど、EF63の前に
走っていた機関のこと・・・本を読んでもなかなかしっくりとこなくて、
その後、実物を見たくて仕方がなかったから。
20151010

取っ手のようなものもの、そして、中央は開き戸のようになっているのだろうか。
20151010

ラックレールだ・・。
20151010

集電は第三軌条方式 ・・「集電靴」がありました。
過去記事「電車線方式と第三軌条方式のこと」で、実際に見てみたい・・
そう書いていた私は、7年経ってやっと実際に目にすることができました。
20151010

5年前の過去記事「国産電気機関車誕生まで(峠の歴史そして・・・追記)」の中で
私はこんなことを書いていました。

走行メカニズムに関しては、(2007年11月の鉄道ファンより)駆動のための主電動機が2台あり一つがロッドを介して各動輪に動力を伝える。←この意味はわかるのですが、
他方は車体中央にあるラック台車へロッドで動力を伝達、このラックピニオンと線路中央に設置してあるラックレールとがかみ合って急勾配の登板を可能とした・・・ここのところは、他の方のサイトで写真を見せていただいたことがあるので、頭で思い浮かべながらなんとなく・・・なので、実際に鉄道博物館で見てみたいと思います。
そして、外観上では、運転室が片方にしかなく、反対側は抵抗器室になっているということなので、そこも気になっているところです。


今回、こちらの模型でモーターの動きを見ることによって、やっと理解することができました。
20151010

過去記事でわからないまま書いていたことが 7年、5年と経過した今
夢の鉄道博物館で見学することによって理解できる喜び・・・
涙がでてきそうなくらい、嬉しかったです。

そして、中途半端なままだった私の過去記事が
ここで一つにつながってきたこと・・・
いろいろあったけれど、ブログを続けてきて良かった・・
今、こうやって記事を書きながら、心からそう思っています。

驚きの連続

もう、悲しいくらいにぶれっブレな写真ばかりで、おまけに見学もノロノロでしたが
記事も大したことが書けないのにダラダラ更新しているので、
できるだけとばしてサッサと進みます。
(そう書きながらも手際が悪いというか、進まない~💦)

弁慶号。
煙突が大きい!これは火の粉が飛散しないように・・ですね。
カウキャッチャーがあって、大きなヘッドライト。(何もかもが大きい・・。)
煙突の後ろ辺りにベルがついていたのですが、走る時に鳴らしていたのでしょうね。
20151010  094 20151010

右は、マレー式機関車の見学用のステップから撮影。その時に後ろの部分の凹みが
気になって、今度は弁慶号の横のステップから見てみました。(そうそう、この時は確か
お昼休みの残り30分に1人で見にきてこれを疑問に思っていたんです。)
ボランティアの方にお聞きすると、凹んだところに石炭、その周りのUの字になっている
あの中に水が入っていたそうです。(確か、そう聞いたと思います。)
20151010 20151010

こちら、ハニフ1 の上にあるマークなのですが、今思ったんですけど・・
丸の中の、あれ・・レールの形に見えるんです・・。(似ていますよね??)
20151010 20151010

開拓使号客車。
この客車の中を窓ガラス越しに見て、ビックリしました!
明治時代にこんなに豪華な内装の車両があったのですね・・・。
隅の方にトイレもあって、また驚きました。
20151010 20151010

トロリーポールの先が見たいのです・・・

ナデ6110形式。
その昔、こちらの電車が山手線や中央線で活躍していたのですね。
今現在と比べると、不思議な感じがします。 
最初、この二本のヒモを見た時は、展示用にポールを上から吊るために
使ってあるのかと思っていたのですが、実際にこのヒモを使って
ポールを上げ下げしていたのですね。
20151010

このようなパネルを見ると、そうしなければならないって
スイッチが入ってしまう私。
でも、見えないんですよ。どうしたらいい?
20151010

ED17(←確かそうだった)の横に見学用のステップがあったので
そこから見てみると・・・
20151010

車輪の真ん中の溝が見える・・。(でも、よく架線から外れなかったなぁ・・。)
20151010

そして、細かいなと思ったのが・・
昔の電柱を再現してあったんですよ・・。
20151010

この棒は・・

写真を見ながら、どこをどう回っていったのか
今現在も、半ば混乱しながら書いている私ですが、
館内でのことを忘れないうちに、細切れ状態ですが更新していきます。
(でも、たくさん教えてもらったのに、記憶が薄れていく~ような・・。
私の脳細胞、かなり老化しているのかも。
いえ、慌てていたんです・・いろいろと。←言い訳。)

今回の写真、かなりブレブレなので小さくしています。
旧京都市電台車
20151010

バネがこんな風についてるんだ、とか思いながら前の方に回って
20151010

この真ん中の切れてる棒、何ですか?とお聞きすると
20151010
ブレーキの棒だったんですね。
よく見ると、制輪子につながってる・・。

午後の部 スタート・・「インサイドシリンダー」

その後 私は1人で入り口付近の展示車両を見学したのですが
変にちょろちょろしただけで、何もなっていなかったような・・。
今思えば、もう、割り切ってこの30分の間にてっぱくひろばに行って
E5系の滑り台を見たり、新幹線リンクや京浜東北線ジャングルジムで
遊べばよかったんです。←本気で遊ぶつもりだった。
そうです、そうすればランチトレインもお昼に見ることができたのに・・。

やはり、夢の世界に行って、有頂天というか、頭が混乱していたんですね。
切りかえができなかったんです。展示車両を急いで見なくちゃ間に合わないって・・。
でも、ただ気持ちが焦っただけで終わってしまいました。ああ、残念。

それでは、気を取り直して午後の部が始まります。

善光号機関車 1290形
こちらの機関車の特徴は、シリンダーが台枠の内側についていると聞いて、
思わず「えっ?」・・・・びっくりしている私に、ボランティアの方が
「善光号と1号機関車をくらべてみてください。」と仰ったので、急いで移動・・
20151010 01

善光号・・・本当です、シリンダーが外側に、無い!
20151010

1号機関車・・・あった!
20151010

床下も見学できるということで、早速下りてみました。
ブレブレ、ボケボケですみません。m(__)m
でも、なんとか見えますよね。黄色い枠のところです。
20151010
外側に比べると振動が少なく小型化に有利ですが、点検作業が大変なのだそうです。
(点検作業を効率よくするために、いろいろと改良されていくのですね。)

後ろの方から・・・。
20151010

連結器のところ、見えているのはバネですよね。
20151010

水を求めた先に見えたのは・・・

前回の記事の続きです。

水を求めて自動販売機へ向かった時に
ふと、目の前を見ると、ガラスの向こうに青い車両が見えました。
展示車両のある建物と違うところです。

実は私、てっぱくのフロアガイドも持たずに焦って見学して(なのに遅い)
帰りにもらって帰ろうと思いつつ、なんとそのまま帰ってしまったんです。
・・というわけで、今、数年前にブログのお友達が送ってくれた
マップ&ガイドを見ながら、自分がどんな風に回っていたのかを
今頃になってですが、確認しながら記事を書いています。

103系でした。
20151010

103系は101系によく似ていますね。
20151010

グローブ型ベンチレーター、今度こそ覚えました。(^^)/
20151010

20151010

天井の凹んだ部分に扇風機が取り付けてあるのですね。
20151010

そして、屋根を見ると・・
20151010

ポツポツがありました。
20151010

ここはラーニングゾーンだったんですよね。
このままこの先を見学しようかと迷ったのですが
私には、展示車両が気になって仕方がなかったので
とりあえず、ヒストリーゾーンに戻ることにしました。

お水飲んで少し座って、103系を見て、ここで12時30分。

会いたかった人、実は客車の屋根の上の・・

「1号機関車」の続きです。

鉄道博物館の本を初めて見た時から気になっていたのは
こちらの客車の屋根の上にいるランプ交換をしている人でした。
当時は、夜間の室内照明は油灯だったのですね。

そうそう、こちらの屋根の上のお人形・・なんと、動いていたんです。
20151018

ガラスの白線は、乗客が頭をぶつけないように・・でしたよね。
20151018

確か、このホームは新橋駅だったはず・・・で、反対側へ行ってみると
えっ? 志んばし・・・
昔は、「志んばし」って書いていたのですね。
20151018

そしてこの時、お人形が動いてランプが上がってくるのが見えました。
この瞬間を見たかったんです。←まるで子供と一緒。
20151018

そして、ここで12時になってしまいました。
とりあえずお昼を食べて、13時にまた見学を続けましょう・・
ということになったのですが、私はお昼を食べていたら
それこそ閉館までに間に合わない・・・そう思ってしまったので
「ハイ!」そう答えながらも、いつものように
お昼を食べずに1人で見学を続けたのです・・・。

でも、水分だけはとらないと・・・そう思ってカフェにでもと思いましたが
人が多くて、待ち時間がもったいない・・。
そして、自動販売機の水を求めて、教えてもらった場所に向かいました。

そうそう、息子なのですが、プロムナードで40分近く私につきあって
すでに拷問はしっかりと受けてしまったので、その後単独行動。
そして、11時半ごろには館内全てを見て回って、もうこれ以上は無理、
できれば都内に戻りたい・・←苦痛の表情・・で訴えられたので
ここはもう自由にしてあげなければと思いました。
(聞けば、お昼は渋谷で牛カツ食べて、夕方から友達と会えたそうで
結果的には、良かったみたいです。)

ここまでで12時です。
みなさんは、どんな風に見学してあったのでしょう・・。

私って、ブログの更新ものろまなカメですが
見学はそれ以上に遅い・・。
カメより遅いのって・・・ないですよね。
あ・・、私か・・。

1号機関車

さあ、頑張らなきゃ!

1号機関車です。
私は、数年前にてっぱく用のミニノートをつくって
そこに最初に書き込んでいったのが1号機関車の見どころでした。
ボランティアの方のお話しを聞きながら、
自分の目で見たかったものを急いで探します。
20151018 01

えーっと、あそこにも一つあったけど、それは後で・・。
反対側にあるのかな?回ってみよう。
すみません、反対側を見ます・・とボランティアの方に言って、
ちょろちょろと動き回る私・・・←その姿、何となく想像できるでしょ?
20151018

正面で、連結器のお話しをしていただきました。
リンク式連結器。
昔は連結作業に危険が伴っていたのですよね。
20151018

そして、反対側にありました!こちらです。
島原鉄道の社長さんが1号機関車への感謝と惜別の想いを込めて
取り付けられたというプレート・・・。
20151018

実は、私はもっと大きなものかと思っていたのです。
そして、向かって左に見える1の数字の下のA1は
明治30年当時の形式なのですよね・・。
やっと自分の目で確認できて嬉しく思いました。
20151018

後ろの客車と連結してあったので、こちらも見てみました。
フックに鎖を引っ掻けて、リンクで締めつけていたのですね。
20151018

後ろの窓二つが、まん丸です。
20151018

そして、後ろの客車を見ると・・・
20151018

つづく・・

アンチクライマー 

鉄道博物館の写真、ほとんどがボケています。
お見苦しいかと思いますが、そこのところはお許しを・・。m(__)m

鉄道博物館の記事の続きです。
「3軸台車の前で・・・」の一枚目の写真の奥に写っている車両は
みなさんご存じですよね・・オハ31です。

鉄道博物館のボランティアの方がTR73形3軸台車の説明をされた後に
今度はこちらの車両のある部分のことをお話ししてくださいました。
20151010

こちらなのですが・・・。
これはアンチクライマーといって、もしも車両同士が衝突した時に
せりあがりを防ぐために取りつけられているものらしいのです。
説明を聞きながら、頭の中で想像してみると・・・そうですよね、これが無かったら
衝突した時に、せりあがってしまう・・・。
20151010

ここで、このままオハ31の前面の方に行くべきなのか??
そう思ったのですが、ボランティアの方が1号機関車の方を案内してくださったので
そちらの方に進むことにしました。

この時点で、確か11時半ぐらいになっていたような・・・。
入館前のプロムナードと3軸台車とオハ31のお尻の部分だけでこの時間。
鉄道博物館に一度でも行ったことがある方は
この時点で、このままじゃ閉館まで間に合うわけないよ・・って思いますよね。

でも、私、まだこの時は大丈夫だろうって思っていたんです。

今頃になって、ちょっと疲れが出ているのですが
てっぱくの記事、どうしても書きたくて。
書かなきゃかえってストレスが溜まりそうで・・。
嬉しかったし、楽しかったし、だからこそ早く書きたい。
そして、もしも記事に共感していただける部分がありましたら
コメント、残していただけると嬉しいです。(^^)/

小倉工場まつりにて

車両展示は、787系、885系、883系でした。
20151018

時間があれば、近づいてゆっくり・・なのですが・・・
20151018

今回は「福!列車かもめ」だけを撮影。(福山雅治さんのラッピング車両。)
20151018

車両が展示してある前には、台車がたくさん。
左の写真は、展示してあった787系なのですが、この部分、意味があるんですけど
右の台車の写真と共に、もう一度復習してからいつかまた記事にしたいと思います。
(てっぱくの記事の後なので、2ヶ月ぐらい先になりそう・・。)
20151018 20151018

仮台車・・なのかも?
20151018

会場の外側を回っていると、103系の姿が・・。
お顔はどこに?そう思っていると先頭車両は会場内で
落書き列車になっていました。(すみません、撮影はしていません・・。m(__)m)
20151018

DE10 は、車庫でおやすみ中なのかな。
(一人用のお家のように見えますね。すっぽりと入っているみたい。)
20151018

少し歩いて、遠くに見えたのは
20151018

青い415系・・・。
20151018

???・・・で、さらに歩くと
20151018

パンタグラフが置いてありました。(^^)/
前にもこんな感じで、菱型は見たことはあったけど、
シングルアームのパンタグラフをこんなに近くで見るのは初めて・・で
20151018 

近づいてみると、なんと、これ、885系のパンタグラフだったんですよ。
20151018 20151018

そして、また歩いていくと連結器がいっぱい。
裏側に管が見えてます。空気管とかいろいろあるんですよね。
20151018

できることならば、博物館とかで管がついたままの連結器が
展示されていたらいいなぁって・・思いました。
まるっと一個、こんな感じで、ここがこうなって、ああなって・・って
説明を見ながら覗くんです。連結器の中を・・。
20151018

そして、また元に戻って見学のつもりが
ここでまたもや「蛍の光」が流れます・・・。
二週続けてホタルノヒカリを聞くことになろうとは・・・。(゚д゚)!

小倉工場まつりの記事はこれで終わりです。
次からは、鉄道博物館の記事に戻ります。

あっ!しまった!
つばめ(800系)のミニ新幹線を撮影していなかった!
とっても可愛かったんですよ。

485系 小倉工場まつりにて

485系 小倉にての続きです。

小倉工場に着くと、485系の周りにはたくさんの人が・・。
20151018

かなり傾いていますけど、ここではこれが精一杯でした。(^^;
あの白い看板のようなもの・・・
20151018

反対側に回って、パチリ・・・「485」
20151018

そして、n221kさまから教えていただいたこと・・。
先頭車の台車の先には、排障器がついているのですね。
この時、一週間前に行った鉄道博物館の103系の台車も
確かそうだった・・そう思いだして、頭の中でピタッとつながりました。
20151018

そして、同じ先頭車両の反対側の台車にはついていないけど
取り付けられるように、何て言うんでしたっけ・・枠みたいなのは
あるんですよね。←違ったかな?変な書き方かしら・・。
20151018

いつもは本の中で1人で、ああだ、こうだと悩んでいるのに
この日は、台車の見ながら、ここはこうって教えてもらえるのが嬉しくて
この場所でどのくらい見ていたのか、30分は経っていたような。

そうそう、パンタグラフなのですが、一つは赤だったのに
20151018

もう一つは、黄色だったんです。こちらは、門司駅から撮影したもの。20151018

お顔が写っているので、下の部分だけにしました。
485系の前で運転士さん、車掌さんが花束を持って記念撮影。
ここもたくさんの人で一杯でした。
20151018

最後に・・・。
撮り忘れがあると思うのですが、こちらを追うのも必死でした。
20151018

20151018

20151018

20151018

20151018

20151018

485系・・本当にお疲れさまでした。m(__)m

私は最後まで美しくは撮れなかったけど
走り切った後の台車をしっかりと見ることができて
本当に感謝しています。
ありがとうございました。

485系の記事はこれで終わりです。

小倉工場の記事は、あと少しだけ書きますね。
(全部を見る時間がなかったので、ちょっとだけ。)
 [ 2015/10/20 13:29 ]  車両のこと 485系 | TB(0) | コメント(4)

485系 小倉駅にて

485系 門司駅にての続きです。

小倉駅に到着しました。
小倉駅

小倉駅

小倉駅

そして、西小倉へ向かいます。
小倉駅

西小倉駅のホームにて。
気になるものがあったのですが、今回は485系のところへ急ぎます。
西小倉

西小倉から小倉工場までシャトルバスが出ていたのですが
485系のラストランということもあって、バス停にはたくさんの方が並んであって
スタッフの方が歩いたほうが早いかもしれないですね・・と仰ったので
地図をいただいて、西小倉駅から小倉工場まで歩きました。
 [ 2015/10/19 21:25 ]  車両のこと 485系 | TB(0) | コメント(4)

485系 門司駅にて

485系 門司港駅にての続きです。

ここは本当に門司駅?
・・そう思うほど、いつもの門司駅の様子とは違ったこの日。
門司駅

485系は、しばらくの間 ここに停車していました。
門司駅

門司駅

屋根を撮影しました。
門司駅


ヘッドマークは、にちりん、かもめ、有明、みどり・・。
ヘッドマーク

ヘッドマーク

 [ 2015/10/19 20:59 ]  車両のこと 485系 | TB(0) | コメント(0)

485系 門司港にて

お別れの日。
門司港駅のホームは、たくさんの人たちが待っていました。
(隙間ができたところに入りこんで1枚だけ撮影。)
10151018

運転士さんと車掌さんは、国鉄時代の制服で乗務されたそうです。

10151018


この後、485系は移動して九州鉄道記念館の近くに停車しました。
実は、この日は、前日から九州入りしてあったn221kさまと
撮影をご一緒するために、門司港で待ち合わせをしていました。
10151018 

813系+817系が到着しました。
そして、鉄道記念館へ向かいました。
10151018

正面玄関前、ちょっと斜めから・・。
10151018 10151018

ちょっと移動して、両手を少しあげて撮影してみました。
10151018 10151018

鉄道記念館にちょっとだけ入館して撮影。
車体側面だけですが、展示車両と記念撮影しました。
10151018 10151018

485系と581系。             鉄道記念館の上の駐車場から。
10151018 10151018

そして、もう一度門司港駅のホームでお見送りしました。
10151018 10151018

そして、今度は門司駅へと向かいます。

私は、列車を追うというのが初めてだったのですが
n221kさまの後ろをついて行かせていただいて
本当にろいろと勉強になりました。m(__)m

この後、門司駅⇒小倉駅⇒西小倉⇒小倉工場へと追いかけます。

実は・・
てっぱくで 蛍の光が流れるのを聞き
小倉工場でも蛍の光が流れるまでいたのですが
ここでも、半分・・見てない状態でした・・。
今回は、n221kさまと台車を目の前にして
そうなんです、485系の台車でお勉強させていただきました。
 [ 2015/10/19 14:15 ]  車両のこと 485系 | TB(0) | コメント(0)

いろんな思い

関東から帰ってきて
いろんなことを思いました。

だからこそ、今日、行ってきました。

20151018

明日、今日一日の出来事を
お伝えしますね。

そして、また大宮の続きに戻りたいと思います。

鉄道は、人の心も運ぶのですね・・。
 [ 2015/10/18 22:42 ]  車両のこと 485系 | TB(0) | コメント(0)

突然ですが、大宮から門司港・・

遠くに見えるの、わかるかな・・

3軸台車の前で・・・

・・追記しました。・・

最初に目に入ったのが、こちらの台車だったのですが
実は、この台車の説明が書いてあるパネルを見た時に
私は、いろんなことを聞きたくて、館内にいらっしゃるボランティアの方に
お聞きしようかどうしようかと、とても悩んだのですが
勇気を出して、「すみません、質問してもいいですか・・。」と
声をかけてしまったのです。
すると、「いいですよ。」と快く 一つ一つ丁寧に答えてくださいました。

TR73形3軸台車。 昭和初期の大型客車から使用され
振動が少ないので食堂車や展望車に使われていたのですね。

20151010

私、ビックリしたのが、当時、広軌狭軌共通に使えるように
長軸で巾が広くなっているのだとか・・。
そんな昔に、そのように考えて作られていたのかと思うと
驚いてしまいました。(でも、このように作られたのは
この台車までだそうですね。)

イコライザーを廃して軸バネ式を採用・・・・あ、本当だ・・。(^^)
20151010

鉄道に興味を持ち始めた頃に、台車の写真と本を見比べたりしていたけど
頭の中で一致しない部分がたくさんありました。
こうかな?それかな?そう思いつつも、やっぱり違っていたり・・。
なので、いつか車両を目の前にして、鉄道に詳しい方と
お話しをすることができたら・・・それが私の夢でした。
20151010

外側支持方式・・これもわかっていなかった私。
外側を支持するって、何を支持するんだろう?
パネルには、「二つのボルスタを結ぶアーチバーが外側になっている」
そのように書いてあったので、これはどこのことなんですかとお聞きすると・・
これ、なんですよね。本当、外側に出ている・・。
20151010

この時の感激、自分の中でクラッカーがパンパンって鳴った感じでした。
これなんです、こんな感動・・鉄道博物館に行ったら
今まで頭の中で一致しなかったものがピタッと重なるって・・。

TR73形3軸台車の前で、台車の構造だけでなく
当時のお話しもたくさんしていただきました。

続けて書きたいのですが、長くなるので、続きは次の記事で・・。

プロムナードで30分が過ぎてしまった・・

私のパソコン、応急処置して、やっと画像をアップロードしました。(汗)
明日はどうなるかわからないけど、書けるうちに更新します。

ここから入館・・そう思っていたのですが、そうではないことに気がついたのは
まだ、ずっと・・・先に進んでからでした。(^^;
20151010

わぁっ、広い・・・。 私は、ここでもう興奮気味・・。
20151010

なんて大きな動輪!(これだけでビックリ!)
ドイツの機関車の動輪なのですね。
軌道は、鉄マクラギが使用されていたそうです。
20151010

ニューシャトルの駅の方を振り返って見てみました。
20151010

そして、鉄道博物館へ向かう天井を見上げるとダイヤグラムが・・・。
(実際に書ける方って、すごいなぁって思います。)
20151010

床面には、新幹線の時刻表。
20151010

ゆっくり歩いていくと、台車がありました。
20151010 20151010

103系の台車。
パネルの説明を読むと、ディスクブレーキを採用したのは
103系が初めてだったのかな。
(国鉄初の新性能電車101系で採用された台車を改良し、ディスクブレーキを
装備していたことが特徴・・そう書いてあったので。)
20151010

修学旅行用の電車だったんですね。
20151010

運転室があって・・・気になったのはそのお隣・・・
20151010

また変なところに目がいってます。
下の方にペダルが二つ。そして、通気用?のルーバーみたいなの
風が出てくるのかな。(そんなことないですよね。)
20151010

飲料水って・・・この中に水が入っていたんですね。とてもレトロな感じです。
右は、折りたたみテーブルと書いてありましたが、足をたたんで
テーブルを壁にくっつけるのかな?
20151010 20151010

天井には扇風機があります。
シートに座って記念撮影・・そう思ってあたりを見渡したんですけど
息子の姿が見えない・・・。
実は、その時、息子はすでに博物館の入り口で、待ちくたびれて座っていました。(^^;
20151010

ここまでで軽く30分は過ぎていました。
20151010

さあ、ここからが本番だ・・・。
20151010

雑誌や、みなさんのブログでしか見たことがなかった鉄道博物館。
本当に、本当に、来てしまったんだという感動が
もう、胸の中から一気に爆発した・・・そんな瞬間でした。
20151010

ショック・・大ショック・・

私のパソコン、数ヶ月前から、おかしかったんですが
その度になんとか持ち直して、2ヶ月前には3日かかって
サポートセンターとチャットでやり取りしながら倒れそうなくらい
頑張って、これにて一件落着!・・・で、快適に使っていたのに
今日、またおかしくなってしまって、今回はマイピクチャどころか
コントロールパネルが開けないっていうよりも、真っ白け!

ネットには繋がるので、こうやって文章は書けるんですが
画像は一切扱えない状態になってしまいました。
悲しいを通り越して、もう、ショックです。

Windows8.で購入して3年目、8.1にアップデートしてまだ数ヶ月。
これまでに何回トラブルがあったことか・・・
その度に、ボロボロ~になるほど取り組んで、これで直った!そう思って
数ヵ月経ったら、またこの繰り返しどころか、もっとひどくなる・・みたいな。
(このPCが私と相性が悪いのか・・。)

こんなこと、思っちゃいけないけど(書いちゃいけないけど、
でも前に別ブログで書いたか)Windows7に買い替えたい。
そう思うほど、ストレスが・・・(涙)
特に今、鉄道博物館の記事を書くことが私の一番の幸せなのに~。

明日、また購入したお店に持って行くことになりそうで
でも、記事が書けないのはすっごく辛いので
夫がパソコン(←Windows7)、貸してくれたら、取り急ぎSDカードから
そっちのパソコンにデータだけ取り込んで、編集してブログの管理画面に
アップロードして、私のパソコンで記事が書けるようにしたいなと思っています。

でも、お店に持って行ったら、今度はこのパソコン、終わりですって
言われそうで怖い・・・っていうか、もう私、こんなにパソコンで苦労したのは初めて・・。
前のソニーのVAIOがあまりにも順調だったから、特に・・。
もう、本当に悲しいです・・・。
 [ 2015/10/16 15:00 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(0)

憧れの場所を通って目的地へ・・・

「歩道を歩きながら元気になる」の続きです。

歩き続けて目にしたものは・・・
20151010

ここに来て、本当に大宮なんだと思った私でした。
東日本旅客鉄道株式会社と日本貨物鉄道株式会社。
二つの会社が同じ場所にあるということですよね。
実は、私、今まで「大宮総合車両センター」と「大宮車両所」と
二つの呼び方があるのかなと思っていたのですが
こちらを見て、やっと頭の中がクリアになったというか・・。
(何となく、わかりました。←今頃になって・・です。)
20151010

そして・・・
あー、いた、いた!ここにいたんですね。(^^)/
会えて嬉しい。 やっぱり歩いてきて良かった。
20151010

素朴な疑問です。
こちらのEF58は、いつも「つばめ」のヘッドマークをつけているのでしょうか。
(綺麗だなと思ったものですから。)
20151010 20151010

水きり・・上から下にかけて幅が狭くなっているんですね・・。
20151010

何枚かのうち、ちゃんと写っていたのはこちらだけ。
でも、何とか見えます。
後ろの壁には、いろんな線やスイッチが、むき出しになっているのかなって
思っていたけど、シンプルな感じ。
向かって右にあるハンドルみたいなの・・・何なのかな?
長椅子のようなものがあるけど、人が座るためのもの・・ですよね。
20151010

EF58の運転席も見たかったけど、他の方が撮影されそうだったので
ここからパチリと1枚だけ撮って、先に進みました。
EF58、なかなか男前ですね。(^^)
20151010

もう、あと少し・・・。
20151010 20151010

夢じゃないよ、本当だよ・・。
20151010

歩道を歩きながら元気になる

「大宮駅の改札を抜けた後・・さあ、どうしよう・・」の続きです。

歩道を歩いていると、「あっ!」 可愛いもの、発見!
20151010

0系です!可愛い、可愛い、可愛すぎる・・。
なんて素敵な・・。この時点で、ここに住みたくなりました。
歩道を歩いているだけで、元気が出てくるではないですか・・。
20151010 20151010

しばらく歩くと、門があって、その奥、ずっと遠くに見えるあれは
そう、トラバーサーですよ・・ということは、ここは大宮工場なんだ・・・
そう思うと、胸がドキドキしました。
20151010

本当なら、5月の第四土曜日に来たかったところです。
大宮鉄道ふれあいフェアと鉄道博物館をセットで見学したかったな・・。
でも、この場所に来れただけでも良かった、今はそう思わなくては。
鉄道博物館まで、1.3km・・・。
20151010

壁にパネルが並んでします。
20151010

大好きなE259系だ。
近くで見ることができないかもしれないから、このパネル・・撮影しておこう・・。
それにしても、可愛い顔だなぁ・・。(^^)
20151010

あれ、黒いものが見える・・。
20151010

わーっ!D51だ・・。 あまりの大きさにビックリ!
20151010

ここで撮影していると、「こちら側からも見れるよ。」と
息子が声をかけてくれたので・・・
20151010

行ってみました。
20151010

何もかもが大きくて、見とれていた感じです。
他には誰もいなかったので、しばらくの間、ここで しゃがみ込んでいた私でした。
20151010

歩いていたのは私たちとその後ろの方に、お二人ほど・・。
みなさん、きっとニューシャトルで移動されたんですね・・。

あと少し歩きます。

大宮駅の改札を抜けた後・・さあ、どうしよう・・

「品川から大宮へ・・・」の続きです。
大宮駅の改札を抜けて、即、息子が言ったのは・・
「朝ご飯、まだなんだけど。」
そうでした、朝ご飯食べるの・・完全に忘れていました。
でも、私は食欲ないし(早く鉄道博物館に行きたいし・・←本心。)
とりあえず、ニューシャトルの手前ぐらいにあったカフェのようなところで
息子にはサンドイッチとサラダとコーヒーを注文。
私はコーヒーに持参した粉ミルクを投入。
(いい歳して、まるで赤ちゃんかよって感じですよね。)(^^;

ここで一つ悩みました。
ニューシャトルに乗れば、歩かなくていいし、早く着く。
でも、それだと、てっぱくに行くまでに見たいものが・・見られない。
20151010

私が悩んでいると、「歩けるんだったら、せっかくだから歩こう。」
息子がそう言ってくれたので、歩くことにしました。
20151010

目の前に懐かしい看板が・・。
(その昔、息子が四谷大塚の通信講座を受けていたんです。)
・・・そして、その向こうを見ると、てっぱくへの「ご案内」が見えました。
20151010

このままずっと真っ直ぐでいいのかな。
あ、そうか、ニューシャトルが通るこの下を歩けばいいんだ。
20151010

ちょっと振り返ってみる・・。
20151010

鉄道博物館まで、1.4km・・・。
20151010

夢は、もう すぐそこにある。
だから、頑張って歩きます・・・。

品川から大宮へ・・・

体調が良ければ、早朝から出発して大宮で機関車を見る予定でした。
でも、やはり朝が悪くて、10時の入館までに到着できるように品川から出発しました。
20151010

一応、自分で乗り換え案内で調べたんですけど、あれって・・カーナビと一緒で
表示されるすべてが同じ条件で出てくるんじゃないんですよね・・。(^^;
不安になった私は、駅員さんに聞いて、5番線(確か・・)に行きました。
今思えば、心身ともに混乱していたのかも。

ちょっときつくなってきたなぁ・・・そう思っていたところへ
元気になるようなものを発見。
20151010

初めて見た、こちらの車両・・。(当たり前ですよね、ここに来たのは初めてだから・・。)
20151010

なんか、こう、おでこが可愛い。
20151010

そして、大宮駅に到着。
すると、向かって左の方から青い機関車が走ってきたのですが
実は、私・・今の今まで桃太郎・・そう思っていたんですけど
よく見ると・・・ですね、前照灯の形が違うような。
20151010

拡大してみました。
EH200・・って見えるんですけど・・・。(EH200 901 ??)
20151010

帰る時に思ったんです。
行く時も、グリーン車に乗れば良かったって・・。
そうすれば、あんなに楽だったんだって・・。
20151010

本当は、大宮駅のホームで1~2時間ほど車両を見たり
撮影したかったです。(憧れの地なのに・・・。)
20151010

でも、開館と同時に入りたいから、急がなくては・・。

余談・・・
でも、どんなに急いでも、私には1日では時間が足りなかったんです。
そうなんです。
閉館までいたのに・・・全部を見学することができなかったんです。

ちょっとだけ・・トレインビュー?

初日(9日)に、東京駅の駅舎を少しだけ撮影しましたが
先に鉄道博物館関係の記事から書いていこうと思います。

2日目の朝に撮影。
ホテルの部屋の窓から少しだけ・・電車が見えることがわかりました。
11階からです・・。(^^;

車両のお顔に柱が入ってしまったけど、私には2両目のお腹が気になりました。
上と下に窓があるような・・。
もしかするとこちらも2階建てなのかも・・。
20151010

そして、E259系の姿が見えました。
20151010

今回の旅の間に、ガラス越しではなく 近くで見ることができたら・・・
そう願いながら、部屋を出た私でした。
20151010

ちょっとだけでも、お部屋から車両を見ることができてよかったです。

人と人・・そして、駅・・・素敵な想い

13年ぶりに再会した友人とは
東京駅で会いました。

初めて会う知人とは
品川駅で会いました。

ほんの少しの時間しか お話しができなかったけど
二人とも、私にとって一番大切な日が
2日目の鉄道博物館での見学・・・
それをわかってくれていたので

今日、疲れてしまって、明日がダメになったら
大変なことになるからと
1時間ぐらいで、お別れしましょうねと言ってくれました。

本当は浅草で会う予定だったのに
私の体調不良で二人を振り回してしまって・・・
なのに、私の一番大切な想いを
何も言わないのにわかってくれていたこと
それが嬉しかったけど申し訳なくて・・・

だからこそ、2日目は頑張って鉄道博物館へ行かなくては!
そう思いました。

短い時間だったけど、私の大好きな駅で会うことができて
そして、その場所でこんなに素敵な想いを残すことができて
私の胸の中は温かいもので一杯になりました。

20151009

東京に向かって・・・

出発8日前に、ひどく体調を崩してしまい、友人、知人と予定していた計画も
ほとんど白紙状態で新幹線に乗車しました。
2015 1009 関東行き01

バッグの中には、いつでも病院に駆け込めるように、点滴を受けた時の状態が
わかるよう、かかりつけの病院でもらった診療明細書と保険証を入れて・・。
お医者さまからは、一週間経って、症状が悪くならなければ行ってもOKと
言われていたので、後は私の気力が大事・・。
2015 1009 関東行き02

そして、初日の夕方までは息子と一緒だから、
(息子は友達と会う約束があったので)
とにかく目的地に着くことだけを考えていました。
2015 1009 関東行き03

何もかもの計画を白紙にしていたのに、友人、知人から
到着したら品川まで行くから連絡してとメールが入り
申し訳ない気持ちが一杯になったけど
その言葉に甘えて、頑張ろうって思いました。

2015 1009 関東行き04

新大阪まではちょっときつかったけど、その後デッキで
体を少し動かしたら・・だいぶ楽になってきて
少し、元気になったような気がしました。
2015 1009

そして、また・・一つ、二つと・・・気持ちがまるで新幹線のように
前に進んでいくようなお知らせがあって
窓の外を覗くのが楽しくなりました。
本当に、ありがとう・・・。

2015 1009

今回の出来事は、きっと神様が教えてくれたんだと思います。

2015 1009

明日は何が起こるかわからない・・だから、行ける時に
行きたい場所へ早く行きなさいって・・・。(^^)

2015 1009

あ、見えたよ・・。

2015 1009

桃太郎が見えた。

2015 1009

到着する前に、ちょっとでも食べておかないと動けなくなるから
少しずつ小分けしてあるお弁当を選びました。
(私が無理な時は、食欲旺盛な息子にお願いしようと思って・・。)

右上に、「ふぐの骨にご注意ください」との注意書きが・・。(^^;
2015 1009

どれが ふぐ なのかわかるかな・・・?
2015 1009

まるでクイズみたいですね。(^^)

品川・・




東京・・

疲れきってるけど、帰りたくない・・


まだ、東京です。
コメントのお返事遅れてすみません。m(__)m
プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-