駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

6月25日 直方にて

25日に直方駅まで行きました。
ここ数日は気温も高く、この日はあまり体調がよいとは言えず・・駅に着いてはひと休み。
だけど、とても階段を上がることができずにエレベーターを使うことにしました。
(数年前から閲覧してくださっているみなさんは、こんな状況を理解してくださると思います・・。)
正直、新しい駅舎になって、エレベーターが設置されていることはありがたいな・・そう思いました。
だけど、(私の気持ちと行動は矛盾していると思いますが)やはり旧駅舎の方に気持ちが傾いてしまいます。

7月から解体工事が予定されている旧駅舎。
20110625直方
その準備のためなのか、建物の周りは囲われていました。
20110625直方
九州ではこの駅だけ・・・三本柱のエンタシスが見えました。
20110625直方
やはりこのまま解体されてゆくのでしょうか。
20110625直方

2011年6月23日の西日本新聞の記事より。
市民の方々が市などに解体差し止めを求める仮処分を福岡地裁に申請。
駅舎保存をめぐる議論は法廷の場に移っているそうです。
20110625直方
旧駅舎の構造を図面に残すための調査では、古い柱に手おのやまさかりで削った跡や建築工事以外で付いた加工跡もあり、初代博多駅を移築した可能性もあるそうです。

西日本新聞のこちらのサイトで、関連記事を閲覧できます。

このブログ内での関連記事はこちらに⇒2011.05.03 「二つの駅舎」
地域住民のみなさんからこんなにも愛されている旧駅舎。
どのように言葉にしてよいかわかりませんが、みなさんの想いが伝わりますように・・
遠くからですが、そのように思っております。

 [ 2011/06/26 15:21 ]  空から見てるよ | TB(0) | コメント(12)
解体ですか?残念です。
直方駅のような古い駅を残すのは非常に難しいことですね。

 先生方や多くの市民が歴史的な価値があるといっても、建て直しの大義名分には勝てません。まず、法的に調査せねばならないから外れています。法的に文化財保護の網をかけるようにしないと残せませんね。玄関部分だけでも生かせたらよかったのと思います。いづれにしても、残念なことです、大阪でもこのようなケースが多いですよ。

 私がよくいう言葉に、解体はすぐできるが残すことは大変、JR富山駅もしかり。
 
 
[ 2011/06/26 16:45 ] [ 編集 ]
直方駅
福岡県だけでなく九州の文化遺産であれば、残るのでしょうが…。
旧駅舎、長崎街道の鉄道としての機能で東京行「阿蘇」号や京都行「かもめ」号が発着してこそ相応しい建築物かも知れませんね。
心情的に残して欲しいのは山々ですが、それには難問が多過ぎる気がしてなりません。
[ 2011/06/26 20:54 ] [ 編集 ]
TAKATAKATAKAさま
こんばんは
コメント、ありがとうございます。
確かに難しいことだと思いますが、このような状況の中でも多くの方々が旧駅舎保存に向けて活動を続けていらっしゃること・・それはたとえどのような結果になったとしても、次の世代へつなげてゆく「何か」を残すことになると思います。
これまでにも旧駅舎のことを何度か書いてきましたが、地域住民のみなさんがこんなに愛してくれる駅のことをお伝えしたくて 今回の記事を書きました。

萬世橋さま
こんばんは
>東京行「阿蘇」号や京都行「かもめ」号が発着してこそ相応しい・・
申し訳ありません、私にはそこのところがよくわかりませんでした・・。
[ 2011/06/27 22:42 ] [ 編集 ]
お体のお加減はいかかでしょうか。
暑かったりむしたりするのでお辛いことでしょう。
お大事にお過ごしください。
直方駅は7月から解体なのですね。
もう少し早く行っていれば見られたのでしょうか。
出遅れたことを後悔してます。
saraさんのようにきれいには撮れませんでしたが、来週あたりアップしたいと思ってます。
[ 2011/06/28 00:17 ] [ 編集 ]
実は…
こんばんは。
私自身が直方ゆかりの人間で、旧駅舎や駅前のモニュメントの存続を強く願う者の一人です。
東京や京都行の列車を例に出したのは、旧駅舎の佇まいが遠出の人を見送り、遠来の客を迎える「町の玄関」兼「汽車の発着駅」と思っていたからです。
一方、現在は多くの人が短距離移動で利用する「都市型の電車駅」の機能が求められる様に思いまして、(残って欲しい心情とは裏腹に、)頭では今の時代に即した拠点であるべきか?と考えます。
更に、旧駅舎移転の敷地と存続後の維持管理コストが大きなハードルになり、市だけでは負担が大き過ぎるかと…?。
でもやはり…、
直方に着いた時には旧駅舎に迎えてもらいたいですし、石炭記念館と併せて、歴史文化遺産として、門司港駅のような扱いが出来ないものかと密かに願っています。
[ 2011/06/28 00:31 ] [ 編集 ]
schnitzerさま、こんにちは
たくさんコメントしていただいてありがとうございました。m(_ _)m
先週末は本当に暑い毎日でしたね。
本当は金曜日に直方に行く予定だったのですが、動けなくて次の日に・・それからブログを拝見して、24日に旧駅舎にいらっしゃったことを知って、思わず「残念」・・そう思ってしまいました。
1日遅れてしまいましたが、私も旧駅舎を撮影してきました。
実は、私も旧駅舎が囲われていたことを知らなくて、 24日のschnitzerさまの記事を読ませていただいて「やはり7月から解体されるのかも。」と不安に思ったのです・・・。
(5月2日はこのような状態でした。http://sararuru17.blog80.fc2.com/blog-entry-1055.html#more
解体されるのはとても残念なことだと思いますが、関門を越えたところに住んでいらっしゃる方が、旧駅舎の姿をカメラに収めてくださること・・・それはきっと、旧駅舎も喜んでいると思います。
どのような運命であっても、一人でも多くの人がその存在を認めてくれたこと、そして、たとえその姿がなくなったとしても心に何かを残してくれたとしたら・・・うまく書けませんが、今まで生きてきた証し・・のような気がするのです。(これは人間も同じですよね。)

お気遣いありがとうございました。m(_ _)m
まだ本調子ではないのですが、来月からは無理をせずに仕事をしたいと思っています。

萬世橋 さま、こんにちは

詳しく書いていただきましてありがとうございます。
旧駅舎の過去、現在、未来(保存されたとして)の状況に関しましては、書いていらっしゃる通りだと思います。
でも、旧駅舎保存に向けて活動していらっしゃる方々も、それをおわかりになった上で、多くの方に呼びかけていらっしゃるのではないかと思っている私です・・。

私は直方出身ではないですが、いろいろと事情がありまして、旧駅舎にはいろんな想いを抱いておりました。(このブログのタイトルの最初の「駅」でもあります。)
旧駅舎への想いはたくさんありますが、私は地域住民ではありませんので、出すぎたことを書くのは控えておりました。
私は署名をすることと見守ることしかできませんが、(折尾駅の移築のこともありますし)良い方向へ進んでゆくことを願っております。
[ 2011/06/28 12:01 ] [ 編集 ]
急行阿蘇、特急かもめ
こんにちは。
台風の影響はいかがでしたでしょうか。愛知県は先週末あたりから夏本番を思わせる暑さです。
萬世橋様のコメントにつき、お節介ながら補足いたします。
1985年まで、筑豊本線を経由する優等列車があったのです。
急行“阿蘇”は1950年から1961年(C57牽引の客車列車)
特急“かもめ”は1968年から1975年(82系気動車)
Wikipediaの、“筑豊本線”の項に詳しく載っていますので、そちらをご参照ください。

新しい駅は、どこも概ね機能的で便利です。でも、あと100年間使い続けられるのか?私は“No”だと思うのです。
今更遅いですが、古い駅に手を加えて、使いやすいものにしていくという選択肢はなかったのでしょうか。
[ 2011/06/28 12:14 ] [ 編集 ]
鉄なおじさん さま、こんにちは
阿蘇号とかもめ号に関しましては、萬世橋 さまからコメントを頂いた後すぐに検索して調べさせていただきました。
私があのようなお返事をさせていただいたのは、旧駅舎の建築物そのものに対する歴史的価値について、過去に走っていた列車と駅舎保存に関する内容を兼ね合わせるのは(私としては)意味がよくわからなかったからです。
でも、2回目のコメントでその詳細を教えていただいたことにより、萬世橋 さまの旧駅舎に対するお気持ちを理解することができました。

>今更遅いですが、古い駅に手を加えて、使いやすいものにしていくという選択肢はなかったのでしょうか。

解体、保存に関しましては、数年前から話しがでておりましたので、いろいろと考えられていたのではないでしょうか。
(これは推測ですが、やはり難しい問題があったのではないでしょうか。)
[ 2011/06/28 16:25 ] [ 編集 ]
皆様の温かいコメント、心から御礼申し上げます。
伝統があり「長命」な列車名である「阿蘇」と「かもめ」を例に出しました。
ところでプラットホームの方は変化があるのでしょうか?。跨線橋から列車まで距離があることはバリアフリーの面では難がありますが、長い編成の「阿蘇」や「天草」に対応できたプラットホーム、いつまでも健在であって欲しいと願っています。
九州南部は既に梅雨明けとか、6月の晴れ間は日差しも暑さもひとしお、どうかご自愛下さい。
[ 2011/06/29 01:15 ] [ 編集 ]
萬世橋さま、こんばんは
今のところ、プラットホームはそのままです。
(上家の柱もレールのままです。)

雨が続くと少し怖いこともありますので、九州北部も早く梅雨明けしてくれるといいなと思っています。
[ 2011/06/29 17:35 ] [ 編集 ]
駅って公共性が物凄く高い場所なんで、やはり生活水準やその周辺開発に合わせて姿を変えて行くのも止むを得ないと感じます。古いものは確かに大切ですが、利用する側としては便利になったなーと思える駅が一番有り難い事かな。
今後も改築される駅舎も増えそうですし、今の姿を少しでも多く見て記録する事を心掛けてます。
先日、鉄博に初めて行ってきましたら丁度駅舎の水彩画展をやっており、この旧折尾駅も展示されてましたよ。
[ 2011/06/29 18:39 ] [ 編集 ]
line さま、こんにちは
>駅って公共性が物凄く高い場所なんで、やはり生活水準やその周辺開発に合わせて姿を変えて行くのも止むを得ないと感じます。

本当ですね。私も同じように思います。

鉄道博物館で駅舎の水彩画展・・
気になったので、HPを見てみました。
8月31日までなのですね。
(私は水彩画も好きなので、見たいなぁ・・。)
[ 2011/06/30 11:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。