駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

関門海峡らいぶ館(旧JR九州本社ビル1F)

前回の記事の続きです。
門司港に行くたびにいつも気になっていた建物でした。
2011年7月30日 門司港

実は、この日(7月30日)もいつものように外から眺めるだけのつもりでした。
(昨年までは閉まっていたので・・。)
2011年7月30日 門司港

この建物は三井物産が昭和12年に門司支店として建設した建物で、当時は「九州一の米国式高層オフィスビル」と呼ばれました。
そして、戦後の昭和24年、旧国鉄が買収、民営化後はJR九州が本社ビルとして使用しました。
2011年7月30日 門司港 2011年7月30日 門司港

黒花崗岩で作られた「門」の字の表玄関・・・(本当ですね、「門」に見えます・・。)
2011年7月30日 門司港

玄関上を飾る浮き彫りは、「海の女神」。これらは竣工時のままだそうです。
2011年7月30日 門司港

ここで、「あ!玄関が開いてる。」・・・
「関門海峡らいぶ館」どうぞご自由にお入りください。入館無料。 入ります!
どうやら今は資料館のようになっているみたいです・・。
2011年7月30日 門司港

誰もいないけど・・本当にいいのかな。(でも、ご自由に・・って書いてあったよね・・。)
そして、入り口には、存在感のあるのっぽの時計が・・・。
2011年7月30日 門司港

お名前は、らいぶのノッポ君。
2011年7月30日 門司港

うまく表現できないけれど・・文字盤や振り子を見ていると、深みというか重みを感じます。
2011年7月30日 門司港 2011年7月30日 門司港

私がウロウロしていると関係者の方が出てこられて、こちらの施設のことを説明してくださいました。
「関門海峡らいぶ館」は、関門海峡の航路、船舶などをライブ映像で確認しながら海の安全を学ぶための施設です。
関門海峡に設置したライブカメラを操作して海峡の地形や標識、船舶を見たり、船舶自動識別装置によって船舶の国籍や長さ、行き先などを知ったり、電子海図で海底の地形を想像したり・・。
そして、海の専門家である職員の方が常駐しているので、疑問に感じたことや知りたいことがあればすぐに教えてもらえるそうです。
2011年7月30日 門司港

入り口から入ってすぐに見えるのは、「操船シミュレーション映像コーナー」
実際に船に乗って海峡を進むような感覚が楽しめるほか、船舶の旗なども見ることができます。
2011年7月30日 門司港

こちらは、「らいぶ体験コーナー」
関門海峡の主要地点3ヶ所に設置したライブカメラの映像で、海峡の東部、西部、中央部をカバー。
海域内を航行する船舶の動きや、港湾・航路の状況などをリアルタイムで見ることができます。
2011年7月30日 門司港

建物の内部は昔のままだそうです。そして、玄関のJRの看板をそのままにしているのは、建物の歴史をそのまま伝えた方が良いだろうというお考えからだそうです。そのお話しを聞いた私は、「本当ですね、私もそう思います!」と大きく頷いてしまったのでした。
2011年7月30日 門司港

落ち着いた雰囲気の休憩スペース。こちらでは、コンサートが開かれることもあるそうです。
2011年7月30日 門司港

よく見ると、ピアノカバーとカーテンの布がお揃いなのですよ。とても素敵だなって思いました。
2011年7月30日 門司港

この日は本当に時間が無かったので、また今度ゆっくりと訪れたいな・・・そう思いました。
(これから先、2階にも展示予定があるそうです。)

今回、建物の中に入ってみて、また少し気になったので検索して調べてみると・・・
http://kyushu.yomiuri.co.jp/entame/railway/news/20100520-OYS8T00610.htm

JR側は解体する予定だったのですが、「歴史的な価値があり、保存したい」とする市側が05年、門司区内の市有地と等価交換して土地・建物を取得したのですね。
これまでにもジャズコンサートや絵画展の会場として数回使用後、一部を補強工事すれば常時活用できると分かったことから常設施設に整備することにし、ギャラリーと音楽ホール、門司港歴史資料室を1、2階部分に設けて開館。市民や観光客の利用状況・反応などをみながら、民間店舗のテナント誘致も含め、ほかの階の活用法を検討するということで、これからの門司港レトロの観光拠点の一つとして賑わってくれるといいですね・・。


ずっと気になっていた建物・・・
中に入ってみたいなと思っていた建物・・・
そして記事を書きながら
「素敵な想い・・。」を感じた私でした。

九州、そして門司港へお越しの際は、是非お立ち寄りくださいね。

こんにちは。
わー、この建物の中に今は入れるのですね♪
いいなぁ~(^^)
昔のままに保存されているのですね。
ちょっとアールデコっぽい雰囲気でしょうか。
スッキリしたデザインからそんな印象を受けました。
昔の建物の良いところは、最近のオフィスビルと違って、天井が本当に高い!
空間が広くて気持ちが良いですよね(^^)
門司港にも名物や見どころがどんどん増えていますね!
今度門司港へ行くチャンスがあれば、必ず立ち寄ってみたいです♪
[ 2011/08/14 14:33 ] [ 編集 ]
ベルニナさま、こんばんは
旧三井物産門司支店から旧JR九州本社ビル・・そして関門海峡らいぶ館・・。
歴史ある建物がこのような形で活用されてゆくのは
とても素敵なことではないかと思いました。(^^)

建物は1階のこちらの部屋しか見ていないのですが、なんとなくアールデコっぽいような・・・でも、そうでもないような・・・ちょっと不思議な感じでした。(^^;
(2階がどのようになっているのかが気になっています・・。)
天井が高いと本当に気持ちがいいですよね。
(とても居心地が良かったです。)
いつかまた門司港にお越しの際は、是非お立ち寄りくださいね!
[ 2011/08/14 22:54 ] [ 編集 ]
あのビルの中はこのようになっていたのですね。
私が訪れた時はしっかりとドアが閉まってました。
次回は是非訪れたいと思います。
素敵な空間ですね。
[ 2011/08/16 00:03 ] [ 編集 ]
schnitzer さま、おはようございます
実は私も毎回チェックしていたけれど、いつも閉まっていたので今後どうなるのかなと気にしていたのです。
今回、このような形で建物が活用されてゆくことがわかって安心しました。

オフィスビルの中がこのような素敵な空間だったのですよね。
(私もこんな空間で仕事がしたい・・なんて思いました。)

schnitzer さまがいらっしゃる頃には、2階フロアもご覧になれると思いますよ。(^^)
また九州にいらしてくださいね!
[ 2011/08/16 09:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。