駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パンタグラフのこと(電気機関車)  空気碍管 5

 空気碍管 1 、空気碍管 2、 空気碍管 3 、空気碍管 4 の続きです。
前回の記事の終わりにも書いていましたが、私の間違ったままの推測も含めて
これまでの考えを少しだけまとめてみます。
(ごちゃごちゃになった頭の中を整理する・・・そのような感じです。)

まず最初に・・・空気碍管 2の中で、私は
EF81のパンタグラフのほとんどがPS22だけど300番代は PS22A そして、450番代は FPS22E・・・
450番代機は、耐雪装備省略で空気碍管が1本だけになっているので、きっと300番代も同じ理由で1本なのだ・・。
たぶん、パンタグラフの空気碍管は、PS22は2本、PS22AとFPS22Eは1本で、パンタグラフごと付け替えられたのだと思っていました。
ところが、その後 ある方から 301、302号機のパンタグラフは最初からPS22Aだった・・・
それが「鉄道ファン1989年8月号」に書いてあるということを教えていただいて、急いでバックナンバーを取り寄せました。
そして、交流・交直流電機出生の記録に「従来のPS22パンタグラフからPS22Aに移行し・・・。」という箇所を目にし、ページの上部に掲載されていた空気碍管が2本ついている300番代の写真を見て、当時はPS22Aも空気碍管は2本だったのだと確認・・・。

ここで冷静に振り返って、空気碍管 4でも触れていました 2007年に富山機関区に移動した453、454、455号機の空気碍管は2本になった・・・ということは、450番代のFPS22Eもそうなのかも・・・。
もう少し考えて・・・そうです、400番代・・。400番のパンタグラフはPS22です。
九州に移動してしばらくの間は、空気碍管が2本でしたがその後1本に・・・。
・・・・ということは、パンタグラフによって空気碍管の本数が違うのではなく、つけたり外したりできるのではないかなと・・・思いました。

次では、空気碍管 3 での3つの疑問に触れてみたいと思います。

今回の記事を書くにあたって、感じたことを二つほど書きたいと思います。
一つは、情報を教えていただけるありがたさ・・・でした。
1枚の写真、そしてどんな小さなことでも、調べ続けてゆけばつながるのだということ。
点と点が線になる・・・それはまるで過去から現在へとつながる光のようにも思えました。

もう一つは、鉄道雑誌は大切に保管しておくべきだということ・・・。
今回、EF81 300番代のパンタグラフのことを調べるにあたって、私はいろんな本を探し、ネットでも検索しましたが、出生当時のことを詳しく書いてあるものはありませんでした。
そして、半ば諦めかけていたところに(これまた教えていただいたのですが)いちばん欲しい情報が記載されてあったのが約20年前の鉄道雑誌・・・。
ずっと保管されているだけでなく、どの年代の何月号にどのような記事が掲載されているということを把握してあったのが本当にすごいと思いました。

余談
今回、私は交通文化社さんから古書を取り寄せるという形で入手しましたが、とてもきれいな状態、梱包も丁寧、そして振込み後の入金確認と商品に関するメールも届き、ネット通販とは思えないほど細やかで丁寧な対応でした。
これからもまた利用したいと思っています。
鉄道を楽しむ姿勢が素敵です!
不躾に失礼いたします。先日は弊社よりお買い上げありがとうございました。交通文化社代表の星と申します。偶然私どものことをお取り上げ頂いていますのを発見いたしまして、突然お断りもなくこのような形でコメントさせていただきました。ご容赦ください。ブログを拝見いたしましたが、内容が本当に専門的で、視点もまたユニークで楽しくも「なるほど」と何度もうなずきながら読ませていただきました。「空気碍管」など私もよく知らないことでしたが、小さな疑問にもとことんまで調べてみようとされる姿勢、そして何より鉄道という趣味を自分のペースで楽しんでおられるお姿が目に浮かぶようで本当に読んでいて気持ちが朗らかになってまいりました。ぜひ今後も様々な疑問にチャレンジされまして、私もこのブログで一緒に勉強させていただきたいと思います。
[ 2012/04/08 23:23 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。m(_ _)m
思いがけないコメントを頂きまして、今・・大感激しております。
実は、私なのですが・・興味はあるものの鉄道に関する知識がほとんど無いので
少しでも疑問に感じたことをブログで記事にしています。
(車両の屋根と足回りが好きというか・・・気になるのです。特に電気機関車に惹かれます。)
最近は、体調の関係であまり更新することができませんが
これからも細々と記事を書いてゆきますので
よろしければ また閲覧していただけると嬉しく思います。
コメントしてくださって、本当にありがとうございました。m(_ _)m
ブログを続けてゆく励みになりました。
[ 2012/04/09 22:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。