駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

タイミング・・・

人生も・・運とかタイミングとか・・・
いろんなことに左右されて未来が変わってきますが
それは必ずしも人間だけではない・・・
そう思った私です・・。

機関車のパワーはこんなにすごいのに、力を落とさなければ
ならなかった理由・・・それはいったい、何?

それは・・・

架線の電圧降下があったからなのですね。
機関車がハイパワーでも、地上設備(変電所など)がそれに見合っていなかった・・
だからEF66と同じぐらいに力を落とさなければならなかった・・ということですよね・・。
そして、編成も長くなるので駅の待避線のことも課題になっていたとか・・。
地上設備の増強が間に合わない・・・ということだったのでしょうか・・。

EF200は21両。
EF500は試作機だけで量産はされなかった・・・。
これは・・・やはり機関車が誕生したタイミング・・というか
運命・・のようなものなのでしょうか・・・。
(もしも、もう少し先に生まれていたら・・・?)

でも、その後・・・改良されてEF210が誕生したのですね・・。
うまく書けないのですが・・・。
EF200のパンタグラフの形のことを気にとめていなければ
私は、何も気づかないまま・・・終わっていたかもしれません・・・。

車両のこと・・・
私はまだまだ知らないことがたくさんあります。
知らないことの方が多すぎて、どこからどこまでわかっているのか・・・
今の自分にはそれさえも確かではありません。
でも、これからも、どこかで見かけた1枚の写真や本からの発見、
そして、駅のホームなどで感じたことなどから
その先を、もっと、もっと・・・知ってゆきたいと思っています。




難しいですけど・・。
こんばんは^^

パンタグラフって、電車や電気機関車には無くてはならないものですが、意外と付いてるのが当たり前・・・ぐらいで終わることが多いですよね。
なんでもそうでしょうが、少し視点を替えて観察すると、意外なことに気がつくんですよね。そして、それがわかったら、また一つ詳しくなっていく・・正に趣味の世界だと思っています^^

私もsara様と同じように、「どうしてこうなんだろう・・?」っていうこと、いっぱいあります・・・書泉(本屋さんで鉄関係もいっぱいあります)なんか行ったら、いっぱい欲しくなっちゃいそうです^^;

[ 2014/10/04 22:12 ] [ 編集 ]
やっぱり鉄道 さま、こんばんは
コメント・・ありがとうございます。m(__)m
そうですよね・・本当に・・。
実際にでも、写真の中でも・・なのですが、前に見た時には「ひとまとまり」のような感じで受けとめてしまって、全体的に見て感じて・・・それで通り過ぎてしまったと思うのですが
、しばらくして何かの機会でまた目にした瞬間に目についた・・というか気になってしまうと、そこからが新たな興味の始まりになるのですよね・・きっと・・。
そして、また車両の歴史を知る・・。
知ることによりまた鉄道が好きになる・・・。
その繰り返しなのですね・・。(^^)

鉄道の本がたくさん置いてあるところに行ってみたいです・・。
できれば、機関車のことがたくさん書いてある本・・・欲しいなって思います・・。(^^)
[ 2014/10/05 17:03 ] [ 編集 ]
パンタグラフの映像、ほか
こんにちは、だいぶ涼しくなりすごしやすくなりました。お加減はいかがでしょうか。

パンタグラフの映像は自分のアルバムにはなかったので、ネットを探して見ました。

ttp://butsuma-tetsudou.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/03/13/img_0556.jpg

ED500の記事
ttp://www.ne.jp/asahi/hekkai/rail/extra/9th-spc/9th-spc30.htm

調べていませんが日立技法が閲覧できればもう少し詳しいことがわかるかもしれません。

幡生ではEF65が展示されるようですね。楽しみです。
[ 2014/10/05 22:10 ] [ 編集 ]
ONDA201さま、こんにちは
コメント、ありがとうございます。m(__)m
気温が下がってきて、今日は体調が少しいいです。(先ほど病院から帰ってきました。)

リンク先の映像を拝見しました。そうなのです・・この部分を近くで見てみたかったのです。
各部分の名称がわからないのでどのように書いたらいいのか・・・あの付け根の部分はどうして2本もいるのかな(1本では支えられないから?すり板が5枚で重い?)・・とか、今はどうして真ん中に1本だけで支えられるんだろう・・とか、いろいろ考えてしまいますね・・。(^^)
でも、ここから改良されたということは、この形にも何かがあったのかな・・。←独り言のようなことを書いてすみませんでした。

ED500の記事も読みました。
誕生したのが早すぎた・・・ということだけではなかったのですね・・。
読んでいて、驚いたことやいろいろと思うところもあったので、また後ほど掲示板かどこかで続きを書きたいと思っています。

幡生という場所がどこかも知らずに、青い機関車が展示されるというだけで下関へ・・そう思っていたのですが、調べてみると下関から電車で5分ぐらいみたいです・・。
それならば、頑張れるかもです。不安はたくさんありますが・・。
EF200のパンタグラフから、元気が出てきたのは確かです・・。v-21

ありがとうございました。m(__)m
[ 2014/10/06 13:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-