駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

途中ですが・・・

京都鉄道博物館の記事の途中ですが
今日は週末なので、ちょっとひと休み・・ということで

私の今の気持ちを少しだけ・・


おみやげ12

このブログを通して知りあえたみなさんとは
関門を越えてでないと・・なかなかお会いすることができなくて

もう少し近かったら、イベントなどでも撮影をご一緒できるのになぁ・・と
たまに思うことがあります。

でも、遠くだからこそ・・自分の近くでは見られない車両や
思いがけなく走り出した列車のことを教えあったりできる・・
そんなこともあるんですよね・・。
おみやげ1

目の前に見える本物のレールと
見えないけど、伝える気持ちが繋がるレール・・

その二つが同じように輝いて見える時

ああ、鉄道って素敵だなぁと・・改めて思う私です。

おみやげ1

おみやげ1
 [ 2016/11/26 20:42 ]  素敵な駅の掲示板 | TB(0) | コメント(2)
点と線
おはようございます

松本清張先生の小説のタイトルですが、まさに鉄道でしたよね。
人という点をつなぐ線が鉄道と考えています。遠く離れた知り合いをつなぐ線であることは勿論ですが、見知らぬ人と人をつなぐのも鉄道(特に長距離列車ですが、ほんの“ちょい乗り”の山手線であっても…)の持つ特徴。
更に…、
時には線がいくつかできるとそれがやがては“面の様な人とのご縁”になっていくことも…。
ちょっと飛躍し過ぎかも知れませんが、松本零士先生の“銀河鉄道999”は、鉄道好きの可能性の“宇宙的拡がり”を感じさせてくれる気がします。そうとう大げさ?。
[ 2016/11/27 11:35 ] [ 編集 ]
萬世橋 さま、こんにちは。
宇宙的拡がり・・いえいえ、大袈裟ではないですよ。(^^)

>人という点をつなぐ線が鉄道と考えています・・

本当ですね、私もそう思います。
車だと自分で運転するので、全てが自分の意志だけで進んでいくような気がするのですが
鉄道は、自分が目的地まで行く間に、見えない部分の人の力をたくさん集めたレールの上を
走っていくような気がするんです。
それは、実際に列車に乗っている時もですが、それだけではなく
鉄道を通して、いろんな情報を伝え合う時にもその繋がりを感じるような・・。
点と点が線になる・・
人と人との繋がりもそう、そんな気がします。
[ 2016/11/27 13:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-