駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

安全を守る・・・(レールから・・・)

前回の記事で、たくさんのコメントを頂きましてありがとうございました。m(_ _)m

「線路に取り付けられているものには、必ず何か意味がある。」昨年頂いたコメントから、私はそれまで以上に線路のことが気になっていました。

レールの中に何かある・・・そう思っていた私でしたが、本で調べても載っていなくて、検索しようにもこちらのアングルのようなものの言葉がわからず、前回はわからないまま記事にしてしまいました。(写真をクリックすると拡大します。)
クリックすると拡大します。

歌の歌詞にも使われている有名な神田川。聖橋のアーチの下には電車(丸の内線?赤いから・・?)が通り過ぎ、緑の上のオレンジ色の電車がよく映えて、素敵な光景だと思いました。
ずっと向こうに・・・見えているのは、丸の内線の電車でいいかな?

だけど、こう見てみると川がすぐ近くです。安全に安全を重ねる・・それはレールもお手伝いしているのですね。本当にさりげなく、列車が走るその下で・・・。

よく見てみると・・・ 本当に川が近いですね。

ここから先は、軌道のことにお詳しい レイルエンヂニアリングのoomatipalkさまからのコメントを参考に(記事を書かせていただくことをご了解の下に)進めてゆきたいと思います。
これは、脱線防止ガードというもので、脱線を防止するためのレール なのだそうです。半径250m未満の曲線や、 脱線した際に非常に危険が予想される箇所(踏切含む)に敷設されていて、本線レールとの距離は65mmが標準で、最近は主にアングル材が使われているということです。
わかりました・・・それで御茶ノ水のレールにはアングルが使われていたのですね。
御茶ノ水のレール
そして、安全のために同じようにレールに取り付けられているものについては、他に安全レールというものあり、それは 脱線してしまってもそれ以上の被害を最小限にするためのレールで、都合上脱線防止ガードが設置できない場所に敷設されているそうです 。本線レールとの距離は180mmまたは220mmで、古レールが用いられているそうです。←そうなのですね、ここでも古いレールが使われている・・・レールってすごいですね。列車の重量を支えて頑張った後には、このようにしてまた別の形で安全のために役立っている。線路はさりげないです・・本当にさりげなく優しいです。)

雪の多い地域では、隙間に固結した雪がつまって 逆に脱線の原因になってしまうので、安全レールを線路の曲線外方に設置されるということなのですが、申し訳ありません・・・私にはまだよく理解できていないので、詳しく知りたい方はoomatipalkさまが優しく丁寧に教えてくださると思います・・・・すみません、このように書いてもよろしかったでしょうか?m(_ _)m

そして、もう一つ・・・橋上ガードレールというものがあります。これは、曲線橋梁や、200m以上の長大橋梁に設置され、あとは安全レールと同じだそうです。
橋上ガードレール・・・こちらは、oomatipalkさまの「城東貨物線 - 赤川橋梁」(←こちらをクリック)の記事にわかりやすいお写真があります。m(_ _)m


2008年2月5日☆追記
oomatipalkさまがガードレールについて記事を書いてくださいました。
いろんなガードレールのお写真と詳しい解説で、私もとてもお勉強になりました。
よろしかったらこちらの記事もご覧になられてみてください。m(_ _)m


御茶ノ水で撮った写真から、また一つ・・線路のことを知りました。
そして、そのレールから・・・安全を守るためのいろんなことを教えられた私です。

私の疑問に向き合ってくださったみなさまに、心から感謝いたしております。
そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

そして・・・・・・
東京に行っても、線路だけ!の写真を撮っていた私です。
左は、東小金井で・・・・右はたぶん・・E231系のおなかだけ写真を撮ったところ・・・
「線路だけ!」を撮っていてはどこなのかわからないですよね。(まだたくさんある・・。)(^^;
それにしても、ここまできても線路を撮るなんて・・・私は下ばっかり向いているのかな?
そうそう、台車だけ!なんていうのもあって、それが何の車両かもわからないのですよ。
本当に台車だけ!なんです・・
東小金井の線路 ここはE231系の写真を撮ったところだと思うけど・・・




 [ 2008/02/03 22:07 ]  線路のことから | TB(1) | コメント(9)
こんばんは。

前回『防護レール』と言いましたが、正式にはsaraさん達のおっしゃる通り『脱線防止ガード』ですね、すいません・・・。
『防護レール』は愛称、と言うことでお願い致します(←言い訳ですけど・・・
古いレールにも、こうやって重大な使命を背負ってると思うと、素敵ですよね。
地元の京阪ではもアングルが主ですが、古いレールは踏切にちゃんと使われていますw

下ばっかりでも、色々と発見があると思いますよb
それに、転びにくいという点では『安全』ですかね・・・。

今回も素敵な記事でしたね♪
[ 2008/02/03 23:53 ] [ 編集 ]
こんばんはー(^o^)/
なるほどー。防護用のレール...そういうのもあるんですね。
一緒に勉強させていただいているベルニナですv-290

写真の聖橋の下に見えている電車、丸の内線で正解ですよ♪
(全然関係ありませんが、今日の昼間も乗ってきました..笑)
丸の内線と言えば、この路線の車両には(電車のくせに)パンタグラフがないの、ご存じですか?(^^)

また煽ってしまったかな?...(^^;)
[ 2008/02/04 00:30 ] [ 編集 ]
こんばんは、ご紹介ありがとうございました
パソコンの中の写真を調べなおしたら、
ガードレールの素材が集まりそうだったので
また明日にでも記事にしてみますね

また上記でベルニナさんがおっしゃっている物
私のblogの17番目の記事に答えがあります
またご興味があれば覗いてみてください♪
[ 2008/02/04 01:10 ] [ 編集 ]
38度線で途切れていた2本のレールも再び繋がり、釜山からユーラシアを横断してポルトガルまで鉄の道が復活しました。
今はまだ旅客列車は走れませんが、東京発のぞみ博多経由ビートル釜山経由ロンドン行きの切符など販売される世の中に早くなって欲しいですね。
日本から韓国まで海底トンネルでも掘れば、ヨーロッパまで鉄道で行けるのも夢じゃなくなるかも。生きてるうちには無理か。
[ 2008/02/04 15:37 ] [ 編集 ]
221系さま、こんばんは♪

いえ、いえ、私こそ何もわからないまま記事を書いてしまってすみませんでした。
今回の記事は、oomatipalk さまから助けていただいて書けたのです。(安全を守るための3つのレールの名前も説明もすべてoomatipalk さまから教えていただいたことなのです。本当にありがたいです。)
実は、私・・ずっと前から踏切にはどうして別のレールが付いているのかなって ずっと疑問に思っていて、その写真もいつか載せようと思っていたのです。だけど、今回のことでやっとわかりました。一つの疑問が、もう一つの疑問も解き明かしてくれたのです。私にとっては、とても大きな出来事でした。
私の疑問に向き合ってくださったこと・・・とても嬉しかったです。
本当にありがとうございました。m(_ _)m

そうですね、下を向いていると・・違った意味でいいことがあるかもしれないですね。( ^ ^ )Y 



ベルニナさま、こんばんは♪

私もみなさんに教えていただきながらお勉強しています~。o(*^^*)o
御茶ノ水の写真から、いろんなことがわかってよかったです。
一つ一つ知ってゆける喜び・・・とても嬉しくてたまらない私です。レールがまた近く感じました。
丸の内線でよかったのですね!ホッとしました。我が家には約1名・・・オレンジ色の電車をいつも利用していた家族がいるのに、おまけにこの場所はよく知っているのに・・・聞いても「路線図見ればわかるだろ~。」って教えてくれなかったんですよ。( p_q) 昨夜、赤だからきっと丸の内線!そう思って書いてしまいました。(笑)

パンタグラフが無い??ビックリしてしまったのですが、oomatipalk さまのコメントにヒントが・・・私も先ほどお邪魔してきました。たぶん・・・こちらだと思うのですが。
http://oomatipalk2.blog91.fc2.com/blog-entry-17.html
すごいです~・・・初めて知りました。



oomatipalk さま、こんばんは♪

本当に、本当に・・・お忙しい中ありがとうございました。m(_ _)m
わからなかったことをみなさまから教えていただいて、そして更にoomatipalk さまから詳しく説明していただいて・・・その結果、記事が書けて本当に嬉しかったです。
また一つ線路に近くなれました。
それは、祖父に近づくことでもあるような気がして・・・。線路を知ることが、私の知らない祖父の何かを感じ取ることができる一つの手段でもあるような・・・そんな気もするのです。
安全を守るためにレールが列車の下でそっと・・頑張ってる・・そして、そのレールを守り続けているのは保線のお仕事をしていらっしゃる方々なのですよね。
そう思った時に、祖父の姿を重ねて胸が熱くなります。
車両や駅もですが、これからもレールのことを気にしながら気が付いたことを調べてゆきたいなと思っています。

新しい記事を楽しみにしております。( ^ ^ )

ベルニナさんのコメントのお返事で、パンタグラフのことに関連した記事をリンクさせていただいたのですが、こちらでよろしかったでしょうか?
(私も先ほどお邪魔させていただきました。)m(_ _)m




line さま、こんばんは♪

コメント、ありがとうございます。( ^ ^ )

>釜山からユーラシアを横断してポルトガルまで鉄の道が復活・・
東京発のぞみ博多経由ビートル釜山経由ロンドン行きの切符・・・コメントを読んでいるだけでワクワクドキドキしてしまいます。
だって、東京・・博多・・ロンドン・・・想像してみるだけで震えてきますね☆彡  
本当に、レールは夢を繋いでくれるかもしれませんね。

日本から韓国まで海底トンネル・・・これもいいですね。
だけど、何年ぐらいかかるのかなぁ・・・。( ^ ^ )

先日は、クイズ・・とても楽しかったです。
(あっ・・あれはクイズではなくて音楽のお話しでしたね。)
[ 2008/02/04 17:36 ] [ 編集 ]
脱線防止ガードの件ではあまりお役にたてなくて申し訳ありませんでした。これからも広く浅く、中途半端ではありますが、拙い知識を搾り出してご協力したいと思います。
丸の内線のほか、銀座線も第三軌条を使ってる路線でして、昨年映画になった浅田次郎さん原作の『メトロに乗って』では軌条の切れ目で起こる一時的な車内灯の停電がタイムスリップの効果をあおってましたね。今は電気は消えなくなりましたが、小さい頃は、これが怖くて泣いたそうです。一応私にもそんな時期があったんです。
[ 2008/02/04 22:51 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/02/04 22:56 ] [ 編集 ]
swallow angel さま、こんにちは♪
今回のことで、swallow angel さまからはとても大切なことを教えていただいたのですよ。
私は、この光景を見た時には美しいということしか考えていなかったのです。swallow angel さまが教えてくださったように、神田川のすぐそばで、崖っぷちになっている・・・それを書いていただいて初めて他の写真(上から3枚目と4枚目)で確認したのです・・・すると、本当に・・。そのことがわかったからこそレールのアングルの意味を深く理解することができました。みなさんお一人お一人の素晴らしい知識を分けていただいて、勉強させていただいている私です。これからもどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m
昨日も・・はしご・・運転台・・で、私の疑問がまた記事になりそうです。(だけど、これは私に知識が無いだけで、みなさんだったらたぶん、すぐにおわかりになりそうです。(^^;)
電気が途中で消える・・・関門のデッドセクションのようですね。
メトロといえば・・・子鉄は、地下鉄が好きというか、結構迷わずに移動するのですよ。彼女は私の「ナビ」です。その反対に私と息子は悲しいほど方向オンチです。(笑)
[ 2008/02/05 10:12 ] [ 編集 ]
匿名さま
コメント、ありがとうございました。
PC、無事だといいですね。( ^ ^ )
[ 2008/02/05 10:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ガードレール
saraさんの書かれた記事(その1 その2)において、 線路のガードレールについてのお話が出たので 向こうのコメントで説明をさせていただいていた...
プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-