駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

潮風号・・・4 和布刈公園にて

和布刈公園にて。きれいに撮影できなくてごめんなさい。m(_ _)m
みなさんだったら、きっと美しく撮影されると思うのですが・・・。
潮風号は、トンネルを抜けると緑の中を走って、関門海峡めかり駅に向かいます。
200905090122

そして、駅に到着する前に目にしたものは・・・EF30 1でした。
20090509016
右の画像を拡大したものは、こちらにあります。⇒http://cibisia.jugem.jp/?eid=666
20090509012  2009050901

お日さまの光を受けて・・・輝いていました。
IMG_7320  25

昨年までは小倉の勝山公園で保存されていましたが、本州と九州を結ぶ関門橋が見えるこの場所で、カラダを休めることになったEF30 1・・・。
私は、いちばんピッタリな場所なのではないかと思いました。
20090509013 20090509015

左に写っているのが 関門海峡めかり駅です。
20090509019

それぞれの駅は、小さくて可愛らしい感じです。   ここで・・・気がついたこと・・。
200905090135   20090509018

縦に三つあるランプ。↓の時は何も点いていないのですが、↑この時は赤い部分が点いています。最初、私は停車中に点くのかな?・・そう思っていたのですが、↓の様子からそうではないみたいですね。そして、黄色があるのも不思議・・・。
IMG_7390 潮風号めかりえき07

ホームで潮風号を待っている間に、左を見てみると・・・線路がずっと続いています。
昔はこの先も貨物列車が走っていたのですね。(^^)
200905090132 200905090132

そして、自分が立っているところからまん前を見てみると・・・・白い何かが・・。
拡大・・・「停車場中心」 これは、ホームの真ん中・・・ということなのかも・・。初めて見ました。
200905090123 200905090124

九州鉄道記念館駅に戻ってきました。
そこで、一番前の席に座っていた私は最初に降りて、運転士さんと少しだけお話しすることができました。(新聞の記事を読みました・・・・それをお伝えしただけですけれど・・・。)
「写真を撮らせていただいてもよろしいですか?」 すると、「どうぞ。」・・笑顔で仰ってくださいました。
私は、ディーゼル機関車のことはよくわからないのですが(電気機関車もですが)、運転席の前後にルーバーのようなものがあるということは、あの部分にエンジンがある・・・のかな・・・そう思いました。
本を見てみると、前の方にエンジン・・そう書いてあるのですが、後ろにもルーバーがありますよね。
200905090125
撮影させていただいてありがとうございました。m(_ _)m
(素敵なサプライズも・・・。)
200905090126

今回、私は1号車で座席指定券を購入しました。九州鉄道記念館駅⇒関門海峡めかり駅・・では、一番前でした。参考までに・・。↓
↓息子が写ってしまいました。
200905090136

潮風号グッズ。 渋くて、なかなかいい感じ・・ですよね。これだと大人もOKですよ。
潮風号グッズ01

こちらのキーホルダー、素敵でしょう?みなさんにプレゼントしたいくらいのキモチです。

潮風号キーホルダー
こちらは裏・・
潮風号キーホルダー02

本当は潮風号の美しい車体をお見せしたかったのですが、私の撮影技術の無さからその魅力をきちんとお伝えできなかったことが心残りです。
だけど、門司港からの潮風号の感動・・・乗車できたことだけでなく、EF30 1に会えたことも含めて あたたかい何かに触れることができたこと・・・もしもわかっていただけたとしたら・・・本当に嬉しく思います。
そして、私事なのですが、今回2ヶ月ぶりの乗車にあたって、忙しい中にレッスン後に駆けつけてくれた娘、レポートを放って荷物持ちに徹してくれた息子(帰りは事故のため遅くなってしまい、彼はほぼ徹夜でレポートを仕上げることに・・。)のおかげで・・・思い出に残る1日を過ごすことができました。

駅に、列車に、出会えたみなさんに、そして家族に・・・・ありがとう・・今、そんな気持ちです。
sara様こんばんは。

潮風号乗車記、楽しく拝見させていただきました。
お子様達の協力もあって、よかったですね^^
EF30は、初の交直両用の量産電気機関車としても有名でしたが、ステンレスのボディが当時なんでなんだろうと不思議に思ってました。

客車側面のランプも事実を知りたくなってきましたね。ちなみに他の車輌で側面ランプのオレンジ色を調べたら「車内非常通報装置が作動するとオレンジ色が点灯する」ということがわかりました。
潮風号もいっしょかもしれませんね。

キーホルダー欲しいです^^;
[ 2009/05/10 19:45 ] [ 編集 ]
こんばんは。
写真、全部綺麗ですよ。潮風号の素晴らしさがよくわかります。
EF30 1号機良いですね。まだ1号機は見たことがありません。
どういうわけか横川の鉄道文化むらにEF30が保存されてます。
信越線には全く縁のない車両だったんですけどね。
グッズも素敵ですね。私が行ったらきっと買ってしまうことでしょう。
[ 2009/05/10 21:54 ] [ 編集 ]
やっぱり鉄道さま、こんばんは
子供たちが一緒だったので、1日頑張ることができました。
そして、本当に楽しい思い出ができました。
EF30・・私も最初は何も知らなくて・・・いろいろ教えていただいて・・・そこから現在に至る・・そのような感じです。
ランプの件、ありがとうございました。潮風号も同じかもしれないですね。(^^)
キーホルダー・・・なかなか素敵ですよね。

schnitzerさま、こんばんは

いえ、本当に・・なんというか・・・潮風号が走っているところも、停車中も・・・カッコよく撮れてなくて・・・美しい写真は・・・もう、schnitzerさまにお願いするしかないです・・・。九州にいらっしゃったら、是非、潮風号をカッコよく撮影してください。m(_ _)m
EF30 1・・・完全な形・・・のままではありませんが、小倉にいた時よりもきれいになっていました。車体はピカピカ・・。
潮風号グッズ・・渋いので、大人が使っても大丈夫ですよ。( ^ ^ )Y 
[ 2009/05/11 21:13 ] [ 編集 ]
EF30といえば
大分駅隣接だった久大豊肥運転センターに3号機が動態保存されてたんですけどね
高架化に伴う移転の際に、解体されちゃいました。
でも完全にバラバラになるわけじゃなく、先頭部分(1エンド側?)だけカットされて
あとはバラバラって雰囲気だったんですが。どこかで保存されてるのかな?
[ 2009/05/12 00:14 ] [ 編集 ]
ぴんくのかばさま、こんばんは
もしかすると、こちら↓かもしれません・・・。
http://sararuru17.blog80.fc2.com/blog-entry-503.html
違っていたらすみません・・。m(_ _)m
[ 2009/05/12 20:36 ] [ 編集 ]
saraさま こんばんは。
レポート、ありがとうございます…写真も臨場感にあふれていて
とてもよかったです。
標示板のアップも嬉しいです。「弟分」という書き方が、この標示板の文章を書いた人の鉄道愛を感じさせて、すごくいいですね。
キーホルダーもレトロ…やはり乗りたくなります。
[ 2009/05/12 22:10 ] [ 編集 ]
★こんにちは。
★この青い可愛い牽引車、よく似たヤツが、昔、私の故郷の国有林の山深くまで線路が敷かれていて、材木をいっぱい積んで国鉄の駅まで運んでいたトロッコ列車とにているなあ、と思ってみていたら、やっぱり、キーホルダーにもトロッコと書いてありますね。懐かしい!
★高校の頃、御嶽登山の帰り、山中で道に迷って、偶然このトロッコ線路に出くわして、通りがかったトロッコの材木の上にのせてもらって、材木を縛ったワイヤーにしがみつきながら駅まで、たどりついた事があります。2~3時間の恐怖の体験でした。
[ 2009/05/13 12:44 ] [ 編集 ]
なるほど、小倉工場か
saraさん。プレートが外されてるので確定はできませんが
たぶん間違い無いでしょう。
謎解き、ありがとうございました。
[ 2009/05/13 13:12 ] [ 編集 ]
EF301・・・
綺麗にしてもらったんですね。昨年、勝山公園に会いに行った時は、かなり荒れていて可愛そうな状態だったんですが、良かったです。門司港は、おじさんの出身地、神戸と似た雰囲気があり大好きです。海峡ドラマシップ前に釣りに出かけたりも良くします。今度は、『潮風号』に乗って、綺麗になったEF301に挨拶に行ってきます。saraさん、素敵なお話と写真、ありがとうございます。
[ 2009/05/13 14:29 ] [ 編集 ]
小麦姫さま、こんばんは
ずっと読んでくださってありがとうございます。
お返事が遅くなって本当にすみませんでした。m(_ _)m

掲示板も見てくださってありがとうございます。
いつかきっと・・・また九州にいらしてくださいね。
そして、潮風号に会ってくださいね。o(*^^*)o

玉さま、こんばんは

お久しぶりです。ご無沙汰してしまってすみません。m(_ _)m
トロッコ列車との思い出・・・コメントを読ませていただいて、なんだか目に浮かんでくるようです。

キーホルダー・・・なかなかいいですよね。(^^)

ぴんくのかばさま、こんばんは

昨年の小倉工場まつり・・で展示されていました。
もしかすると・・・そうかもですね。(^^)

Katsuさま、こんばんは

勝山公園でのEF30をご覧になられていたのですね・・・。車体はきれいになっていますが、何もかもが元のとおりにはなっていないので・・・再会された時に、「あ・・」っと思われるかもしれません・・。実は、私も最初・・・ちょっとだけ・・・あっ・・と思ったのです。だけど、車体だけでもピカピカにしてもらえて、関門海峡の見えるこの場所でカラダを休めることができる・・・それだけでも幸せなのではないかなって・・・今、そう思っています。(^^)
門司港・・・そうですよね、神戸に似た雰囲気ですよね。
[ 2009/05/14 20:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。