駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

折尾駅、移築復元へ

今日の新聞から・・・
折尾駅 2009062601

折尾駅 2009062602

過去記事ですが、よろしかったら・・・どうぞ・・。
折尾駅・・・その1←駅舎
折尾駅・・・その2←待合用の円形ベンチの写真はこちら
折尾駅・・・その3←折尾名物「かしわめし」
折尾駅・・・その4←通路の素敵な絵
折尾駅・・・その5←立体交差駅
折尾駅・・・その6
折尾駅・・・その7
折尾駅・・・その8
折尾駅・・・その9



いろんな想いを書いてしまいそうなので・・・申し訳ありません・・・私の気持ちは過去記事
「折尾駅・・・その1」に・・。
 [ 2009/06/26 22:30 ]  折尾駅 | TB(0) | コメント(9)
こんばんは!
折尾駅、と言えば「かしわめし」ですが(笑)
こちらで何度も駅舎の写真を見せてもらって、洋館好きのベルニナとしては、いつかは行ってみたいと思っていました。
今年の秋からいよいよ解体されるのですね..
去年の秋、九州へ行ったときに無理をしても折尾まで出かけておけばよかったなぁ..と悔やまれます。

この建物も駅舎ですから(当たり前ですが)、できれば門司港駅のように、その場所で、そして駅として利用され続けるのが一番だと思うのです。
でも、利便性などを考えると、建て替えも仕方のないことなのかも。
他の場所であれ、再びこの駅舎がよみがえるというニュースは、とっても良い知らせですね(^^)
どんな場所に移築され、どんな形で公開されるのか、とっても気になります。
が、新しい場所に復元されても、やはり「駅」として、人々が行き交い、ここから旅立ち、ここへ帰ってくる、そんな場所であってほしいなぁと思います(^^)

良いニュースをどうもありがとうございました!!
[ 2009/06/27 00:30 ] [ 編集 ]
ベルニナさま、おはようございます
コメント・・・本当にありがとうございます。
「折尾駅・・・その1」の時もそうでしたが、今回の記事にコメントを残してくださったこと・・・心から嬉しく思っています。

いよいよ解体されてしまいますが、どのような形でも残ってくれるというのは本当によかったなと・・。
私にはもう一つ・・気になる駅舎があります。「折尾駅・・・その1」のコメントのお返事にも書いている駅です。
折尾駅移築、復元のニュースからこちらも良いほうへ進んでくれるといいなと・・・思っています。

折尾駅・・夕暮れ時の駅舎は、とても素敵で・・・本当のことを書いてしまうと・・ベルニナさんが撮影された折尾駅を拝見したかったです・・。←こんなことを書いてすみません。m(_ _)m
だけど、移築、復元されたら撮影にいらしてくださいね。(^^)

(SL人吉号、潮風号、折尾駅・・・そして、次へ繋がることを願っている私です・・。)
[ 2009/06/27 08:30 ] [ 編集 ]
こんにちは。
折尾駅、気になっておりましたが、まだ1度も降りたことがありません。
10月までは見ることができるのですね。
コースに組み込まないといけません。
移築後だと興味が半減してしまいそうですからね。
現役中に訪れたいです。
[ 2009/06/27 15:57 ] [ 編集 ]
saraさま こんばんは。
情報ありがとうございます。
とても素敵な駅ですね…円形ベンチ、煉瓦のアーチ…写真見せていただいて、ホームの上家(saraさまの記事で覚えた言葉です)を支える柱もいいなあと思いました。
皆から愛されている駅、この後も残され続けていってほしいです。いつか九州に行くことができたら、ぜひ会いにいきたいです。
[ 2009/06/27 20:11 ] [ 編集 ]
sara様おはようございます。

鉄道は利便性を求められます。そして儲からなくてはなりません。そこが、私たち鉄にとっては良いような悪いようなところですよね。
国鉄時代の古い車輌は最新鋭の省エネで速い車輌に変わりました。駅などの設備もそうなんでしょうね。しかしその反面観光用としてSLが各地で走っています。確か奈良駅も移築されたとか。折尾駅も貴重な駅だと思います。部分的でも保存されることになりそうで良かったですね。
昨日も一緒に撮影された鉄の方と話をして思ったのですが、私が子供の頃、国鉄の車輌は旧型から新型へ以降の時期でした。
そして、今当時の新型がJRの新型に移行中です。そして私が老後の頃?には今全盛の桃太郎や金太郎も貴重な存在になってるかもですね。
最近よく思うのは撮れるもの、見れるものはその日のうちに・・・と考えるようにしています(なかなか難しいですが^^;)。
[ 2009/06/28 07:03 ] [ 編集 ]
schnitzer さま、こんばんは
お返事が遅くなってすみませんでした。m(_ _)m
10月までには、こちらにいらっしゃるのですね。
折尾駅、是非コースに組み込んでください・・。m(_ _)m
駅舎やレンガ造りの通路・・・見て頂きたいです。

小麦姫さま、こんばんは

お返事が遅くなってすみませんでした。m(_ _)m
過去記事も見てくださってありがとうございます。m(_ _)m
どんな形でも残ってくれること・・・うれしいです。
九州にこられたら、是非見にきてくださいね。

やっぱり鉄道さま、こんばんは

折尾駅・・本当によかったです。(^^)
もう一つの駅も気になるところですが・・・。
そうですよね、桃太郎も金太郎も・・・そうなってしまうのでしょうね。
だからこそ今を大切に・・いろんな意味で感じました。
[ 2009/06/28 20:56 ] [ 編集 ]
寂しいですね。
sara様

 相変わらずのご健筆、元気の源、なによりです。
折尾駅の整備事業、せめてもの良心が移築復元、まづは良かったです。北九州には古い、歴史を語り継ぐ駅舎、ホームが多く見られます、大阪にも東京にも利便性の向上、都市開発と云う名の破壊現象によって簡単に消滅しつつあります。産業遺産と云う名の駅舎などは、人間でいえば生きてる老人(中期高齢者の私もその一人かな)の青年時の姿でその時代には最先端の利便性を誇っていたものです。現在では利便性が悪い、など言われますが当たり前のことで、駅の生きざまなどを将来の子供たちにも残しておくだけの余裕がほしい。価値判断を今、この瞬間に短絡的にしてはいけないようにも思います。

私のいつも言ってる言葉は、壊すのはいつでも出来るが元には戻せないよ。残す事の方が難しい。とは言いながらも現在の雄姿を一度は見ておきたい駅ですね。
[ 2009/06/29 10:25 ] [ 編集 ]
今回は、折尾駅・・・
過去分のsaraさんのブログもしっかり拝見しました。
しかし、複雑な構造は、やっぱりややこしい(笑)
おじさんは。神戸駅・東京駅・門司港駅などを身近に感じてきました。何と言うのか歴史ある駅には
ある種共通の「臭い」を感じてしまうんです(変態?)
「折尾駅」きっと同じ臭いの気がします。ここは一番、「折尾駅」の臭いとついでにかしわ飯の臭いを嗅ぎに行って参ります・・・かしわ飯が本命かも?(笑)
[ 2009/06/29 18:46 ] [ 編集 ]
TAKATAKATAKAさま、こんばんは
>駅の生きざまなどを将来の子供たちにも残しておくだけの余裕がほしい。価値判断を今、この瞬間に短絡的にしてはいけないようにも思います。

貴重なご意見を頂きまして、本当にありがとうございます。m(_ _)m
そして、壊すのはいつでも出来るが元には戻せない・・・
私も同感です。
難しいこととは思いますが、古いものと新しいものが共存できる都市計画を・・・そう願っている私です。
(本当は、息子にそちら方面に進んで欲しかったのですが・・。)

折尾駅・・・TAKATAKATAKAさまにも見ていただきたいです・・。
これからも暑い日が続きますので、お体、お大事になさってくださいね・・。


Katsu さま、こんばんは

折尾駅・・・是非、いらっしゃってください。
昨年までは私もわりと元気でしたので、週末ごとに折尾駅で撮影していました。
かしわ飯・・とても美味しいのですよ。
そして、3番のりばにあるうどんやさんのおうどんは最高です。
本当に、いつか折尾駅にきてくださいね。
[ 2009/06/29 20:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。