駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

旧新橋停車場 その2 プラットホームとレール

パネルには、プラットホームの構造が書いてありました。
新橋旧停車場 新橋旧停車場
手前に見える透明の(箱みたいな)中を覗いてみますね。
新橋 旧停車場

プラットホームは、「盛土式石積」という構造で作られていて、両側面の真下には
溝状に地面を掘って基礎石を敷詰め、その上に切石を石垣のように積んで土留め壁が作られ
内側には土が詰められていたそうです。
旧新橋停車場 旧新橋停車場

こちらにホームの石組みと基礎石組みの画像がありました。

↓この角度から見ると、ビルの中にすっぽりと入り込んでいるみたいですね。
旧新橋停車場

そして、こちら・・・0哩標識。
旧新橋停車場

向こうのほうの半分は、レールの頭だけしか出ていませんね。
当時は、マクラギやレールの台座は、小石や砂の混じった土を被せられていたそうです。
旧新橋停車場

レールは、双頭レール・・・。締結装置の形がすごい・・としか表現できない私です。
そして、ここで気がついたのは、小さな板のようなものが取り付けてあること。
旧新橋停車場

レールの内側にはないのだけど、外側にだけついていますね・・。
旧新橋停車場 P1010677 11

私も昨日立ち寄ってきました
sara様

 一週間違いでスレ違ったようです。
企画展の”正岡子規と明治の鉄道”、”トレインマークの誕生”、汐留の変遷”、首都・東京の形成”などのパンフレットを仕入れてきました。

 双頭レール、刻印を見ると薄く不鮮明ですがどうも73年製のようでした。C°がC° LIMDのように見えました。

[ 2010/04/12 16:46 ] [ 編集 ]
TAKATAKATAKAさま、こんばんは
お疲れさまです。m(_ _)m
企画展をご覧になられたのですね。私も見たかったです・・。
実は、私が訪れた時は休館中で、中に入ることができませんでした。
そして、本当にすれ違ってしまいましたね。残念です・・。(^^;

撮影してきたパネルをもう一度確認してみました。
写真のレールは、1873年にイギリスのダーリントンで作られたと書いてありました。(^^)
[ 2010/04/12 21:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。