駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボディマウント構造の・・・(・・?!??・・・もしかするとフサギ板?

2010年5月17日の記事の中で、「500系はボディマウント構造」・・そのように書いていました。(5月の半ばに図書館で借りてきた本の中に書いてあったので・・。)
ところが、コメントにて「ボディマウント構造は200系だけ。」という情報を教えていただきましたので、その後いろいろと調べてみると、ある本には「ボディマウント構造の車両は200系だけしか存在しない。」そのように書いてあって、しばらくの間(今もですが)(・・?!??・・。
ただ、こちらの本にはボディマウント構造と通常の車体構造の比較図と解説があり、ボディマウント構造と区別がつきにくい車体側面や底面をフサギ板で整形する手法のことも書いてありました。
ここで私が一番気になったのが フサギ板の設計のことなのですが・・・・こちらは2種類あるらしいのですね。
一つは、100系、300系のように車体側面と連続していないもの。
もう一つは、500系、700系、N700系、800系のように車体側面との連続性を持たせた形にしているもの。
なので、ボディマウント構造との区別がつきにくい・・・ということで・・・このように説明してあるこちらの本に書いてあることが本当なのかな・・・つまり、500系はボディマウント構造ではない・・・そう思ってしまったのですが・・・。

実際に見たことがないのでついつい本で調べてしまう私ですが、いろんな情報の中で たまに立ち止まり振り返り・・・(・・?!??・・・わからないままの時もありますが(わからないままの方が多いかも)これからも気がついた時には記事にしてゆきたいと思っています。

それから・・・
今回の記事で2冊の本を比較したような記事を書いてしまいましたが、私も実際に車体の構造を見たわけではなく、どちらが正しいのかわからないので2冊の本のタイトルは伏せております。
もしも読んでみたいという方がいらっしゃいましたらお手数ですがお知らせください。

だけど・・・いつも閲覧してくださっているみなさんはお気付きかも・・・・。(^^;

最初の1冊は過去記事のコメント欄のリンク先に、後の1冊はもう一つのブログに・・・。
調べてみました
「500系はボディマウント構造ではない」と言った張本人です(^ ^;;
あれから本屋さんでいくつか新幹線関係の本を見てみました。本によって、ボディマウント構造と書いてあったり、なかったり・・・。
そこで、本棚の奥から、「鉄道ピクトリアル」の「新車年鑑1996年版」をひっぱりだして見てみると・・・

500系は「セミボディマウント構造」

と書いてありました。
「セミ」って何?ですが、とりあえず、JR西日本の人が書いているので、間違いないでしょう。

お騒がせして申し訳ありません。
700系、N700系については、もう少し調べてみます。
[ 2010/05/29 00:57 ] [ 編集 ]
AKKUNさま、こんにちは
過去記事、そして今回の記事にもコメントを残してくださいまして本当にありがとうございました。m(_ _)m
私の書いた記事の中で、「違うんじゃないかな・・。」そう思われた時には、遠慮なく書き込んでいただけるとありがたいです。

実は、私も前回の記事でコメントを頂いてから、ずっといろんな本で調べていました。そんな中で、記事中に書いている本と出あいまして・・やはりAKKUNさまから教えていただいたことが正しいのでは・・・そう思いました。

>500系は「セミボディマウント構造」
>「セミ」って何?
私も気になります。
車体側面との連続性を持たせた形にしているもののことをそう呼ぶのでしょうか・・。
だけど、ボディマウント構造とは「床下機器を吊るのではなく、底面に左右に渡した梁の上に載せている。」状態のことらしいのです。その構造の車両は200系だけらしくて、他はみんな吊り下げてフサギ板でカバーしてあるだけなので・・・ボディマウント構造ではないような・・・。
でも、カバーをすることで床下を平滑にする・・なので雪がつきにくくなったりするから結果的にはボディマウント構造と同じような効果が得られる・・・??

長々とお返事を書いてすみません。m(_ _)m
だけど、同じ趣味を通して・・一つの記事の疑問から、このようにお互いが違う場所で調べてやり取りできるブログのすばらしさを心より感じております。
時に、日々の忙しさや大変な毎日に「ブログもそろそろ卒業かな。」・・・そう思う時もありますが、もう少しこのような状態で記事を書き続けてゆけたら・・・そう思いました。
我儘で拙い記事ばかりの鉄道ブログですが、更新が滞る日が訪れても、これまでの過去記事はすべて残せるように・・・そんな気持ちで大切にしたいと思っています。
本当にありがとうございました。m(_ _)m
[ 2010/05/29 17:10 ] [ 編集 ]
saraさまこんばんは
私の早とちりなコメントに対して丁寧なレスをいただき、恐縮です。

おっしゃるとおり、JR東日本のE2系などでは、床下機器に連続したカバーを設けることで、着雪対策や防音対策を行っていますよね。こうすれば、わざわざ保守性の良くないボディマウント構造をとる必要はないわけです。
500系は、床面全体をカバーで覆うのではなく、梁の上にカバー付きの機器を載せているだけなので、「セミ」ボディマウントなのかな、と想像しています。

>「ブログもそろそろ卒業かな。」・・・
いえいえ、まだまだこれからも続けてください。マイペースでかまわないと思います。別に誰に対しても義務とか責任とか負っているわけではないですから。本当にこのブログは、自分の知識を再確認する意味でも、勉強になります。今後ともぜひご一緒に勉強させていただければ、と思います。
まず、自分のブログを更新せねば・・・子供が成長するにつれて、鉄道旅行がしにくくなってます(^ ^;
これに懲りずに、今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2010/05/29 23:57 ] [ 編集 ]
AKKUNさま、おはようございます。
こちらこそ、お忙しい中丁寧なコメントを残していただきましてありがとうございました。m(_ _)m

>床下機器に連続したカバーを設けることで、着雪対策や防音対策を行っていますよね。

そうですよね、最初に200系でボディマウント構造が採用されたのはこのようなことからなのですよね。

>こうすれば、わざわざ保守性の良くないボディマウント構造をとる必要はないわけです。

そういえば、200系の検修をするにはボディマウント構造に合わせた設備が必要になるけれど、フサギ板でカバー・・となると床下機器の脱着方法はボディマウント構造ではない車両と同じなので、地上の検修設備に対する影響が少ない(コストも抑えられる)・・・本にもそう書いてありました。

ブログ・・・ずっと続けてゆきたい気持ちは(いつも)あるのですが、仕事と体調面に不安を感じた時に「そろそろ卒業かな・・。」という思いがでてきます。
ただ、私の場合・・知識が無いのに車両のしくみが気になってしまうので、1人で本とにらめっこしていると今回のように間違いに気がつかないまま記事を書いていたり、偏った考えになってしまって・・・。なので、これからは記事・・というよりも「公開鉄道ノート」・・・そのような感じで書き残していこうかな・・・とも考えています。(これまでよりももっと中途半端なまま書いてしまうかもしれませんが・・。)

できることならば、車両を目の前にしてみなさんとお話しができたらいいな・・・そう思ったりします。(台車はこうなっているんだ・・とか床下機器を見たりとか・・・屋根の上とか・・。)

今は大変な時期ですよね。だけど、子供さんがもう少し大きくなられると、今度は旅行がもっと楽しくなってきますよね。
是非、ご家族で九州にいらっしゃってください。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m
(そんな私は、今日・・仕事でした。)
[ 2010/05/30 08:33 ] [ 編集 ]
こんばんは。
先週、九州にお邪魔いたしておりました。
残念ながら国鉄色の415系に出会うことができませんでした。
その代わりに国鉄色のキハ65と58を見てきました。
追々、ご紹介させていただきますのでお時間があるときにでもお越しくださいね!
[ 2010/06/05 00:24 ] [ 編集 ]
schnitzerさま、こんばんは
お疲れさまです。m(_ _)m
お忙しい中、コメント・・・ありがとうございます。
ここのところ少し体調を崩しておりまして、ちょっとだけ大人しくしております。
キモチはv-234なのですが、カラダが動きません~v-406。早く回復したいと思っています。

お知らせをありがとうございます。
九州のお写真と記事を楽しみにしております。
国鉄色の415系は、また今度こちらにいらした時に撮影して下さいね。v-212
[ 2010/06/05 16:51 ] [ 編集 ]
ご無沙汰しています
こんばんは。
少々ご無沙汰していました。

ボディー・マウント構造は、200系登場時に盛んに言われてましたが...

新幹線関係は、出ている本も多いですから...
図書館なんかで本を調べてみたらヒントが出てくるかもしれませんよ。

気長に行きましょう。
[ 2010/06/05 22:40 ] [ 編集 ]
虎 さま、こんばんは
コメント、ありがとうございます。m(_ _)m
そうですね、いろんな本で調べてみますね。v-456

それから・・・
新幹線の過去記事とお写真が復活してあったので、とてもうれしく思いました。
500系の美しい姿をまた拝見させてください・・。
(イベントの記事からも勉強させていただいております。)
素晴らしいお写真と記事・・ずっとずっと残してください・・。お願いいたします。m(_ _)m

私も細々(これからしばらくの間は撮影にも行けませんし、本当に細々・・)ですが、続けてゆきますので・・。
悲しいけれど、文章ばかりのブログになってしまうかも・・です。i-229
[ 2010/06/06 17:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。