駅・・・素敵な想い

私のちいさな鉄道ノートです・・・海とレール・・・そこには深い想いがあります・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

明治時代の客車のお話・・・の続き

九州鉄道記念館・・・。
息子が撮影した携帯画像を見ていると、気になる1枚が・・・。
思わず、「ねぇ、これ、何?どこを撮ったの?」私の中のアンテナがブルブルって震えました。
明治時代の客車チブ37 携帯画像より

「畳の椅子になっていた車両の窓の内側についてたけど・・。珍しいから撮ってきた。」
もしかすると、これは鎧戸・・・。
明治時代の客車チブ37 携帯画像より

私は過去にそのことを記事に書いていたのですが、当時は調べるだけで自分では確認していなかったのです。当時はまだまだ観察力が乏しかったのですね。反省・・。
2006年の記事と写真はこちらです。⇒http://sararuru17.blog80.fc2.com/blog-entry-35.html

それから・・・大宮の鉄道博物館の展示車両を調べていると、「モニター屋根」という言葉がよく出てくるのです。
どんな意味があるのかなと思って調べてみると、屋根の棟の部分を開いてそこに一段高く小屋根を設ける形式で、明かり取りや換気をよくするため・・・そのように書いてありました。

そして、今回・・・九州鉄道記念館の明治時代の客車チブ37の屋根の方ももう一度見てみると・・・(天井の画像はこちら。


こちらもモニター屋根・・・でよいのかなと・・・思っている私なのですが・・・。

私が知らない時代を走っていた展示車両。
これまでにも数回訪れて見学していたはずなのに、気がつかないところがありました。
時間をかけてじっくりと観察すれば、もっともっと「あっ!」と思うような発見がありそうな気がします。
いえ、その前に・・やはり普段から本やいろんな資料で調べていれば、見学している時にピピピ・・・とアンテナが動いたはず。
そう思うと、大宮の鉄道博物館に行くまでには、もっと頑張ってたくさん調べなくてはならないなって思いました。
だって・・・また今度・・ってすぐには行けないから。
充実した2日間(←これで本当に足りるのか・・。)を過ごすためにも、後悔しないためにも、いろんな情報を集めなくては・・今、心からそう思っています。

なんだか話しが逸れてしまいましたが・・・
今回の記事中の明治時代の客車のチブ37は、近いうち(冬がくるまえに)にまたしっかりと見てきたいと思っています。
その時に、レールの上を颯爽と走る機関車を撮影できたらいいな・・・そう思ったりしているのですが、どうなることやら・・。

昔みたいに、駅で飛び跳ねてルンルン♪・・の写真をアップできるように
気持ちだけでも元気になりたい私です。
飛び跳ねてルンルン??・・・って歳でもないだろうに・・爆!
いえ、いくつになっても青春しなくちゃダメです!
好きな趣味に没頭している時は、少年・少女気分ですよね・・。(汗)

 [ 2010/09/18 18:28 ]  九州鉄道記念館 | TB(0) | コメント(6)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/19 01:13 ] [ 編集 ]
匿名さま、こんにちは
コメント、ありがとうございます。
「モニター屋根」私も初めて知りました。
サンフランシスコのケーブルカーにもあるのですね。(^^)
鉄道博物館専用のノートを作った時のことです。本を見て展示車両を調べていると何度も出てくるので、(・・?!??・・・←何だろう??。
それで、雑誌の写真からピックアップしてみると、全て二重屋根になっていたので、一つ一つ検索してみると「明かり取り」「換気用」の二つのことが書いてあったのです・・もしかすると他にも何か意味があるかも・・。(^^;
今度はもっとじっくりと観察してきますね。( ^ ^ )Y 

かもめ・かもめ・かもめ・・・見てみたいですよね。
私もお休みであれば見に行きたいです。撮影したい・・。
ミニかもめ(885系)も可愛いですね。車体の側面の下部に黄色いラインが入っているところも細かい・・なんて思ってしまいました。
長崎駅にも行きたいなぁ・・。

鉄道博物館では御料車にまつわる展示が始まるのですね。
見たいなぁ・・。実は、御料車初代第2号は、九州鉄道が明治24年にドイツから輸入した貴賓客車で、小倉工場で組み立てられたらしいのです。
ドイツ製なので、デザイン的にヨーロッパ調のデザインで飾り金具のついた二重の丸形屋根、車体の前後にはオープンデッキが設けられ、片側の両隅部には曲面ガラスが取り付けられているということで、御料車の中でもいちばん気になっている車両です。九州鉄道記念館の2005年のガイドブックの中では当時の写真で紹介されていました。

鉄道博物館の公式ガイドブックがあるのですね。(行った時に見てみます。)
過去の企画展のパンフレットも販売してあるのですか??それは嬉しいです!!(300~500円というのもうれしい・・。)
中央線や新幹線がありましたよね。是非購入したいと思います。
携帯の情報サービス・・知りませんでした。

たくさん教えていただいてありがとうございます。
鉄道博物館見学・・・私にとっては、これまでの人生の中でも最大のイベントなので、全てに頑張りたいと思っています。←チカラが入りすぎてる??でも、今はもう生きがいに近い(笑)状況です。この夢があるから「今」なんとか頑張れている・・・家族も認めているような日々です。

本当にありがとうございました。m(_ _)m
[ 2010/09/19 10:50 ] [ 編集 ]
モニター屋根と言うんですね。私の世代だとダブルルーフ車とか呼んでました。
少し前まで、お召し編成の中で見られました。今も残ってるのかも知れません。やはりメンテナンスとかの問題で平屋根が主流になったのですかね。
[ 2010/09/19 18:51 ] [ 編集 ]
チブ37は車内の写真を今回初めて撮ってきました。
長距離乗るのは辛そうですね(笑)
"駅で飛び跳ねてルンルン♪"お気持ち、良~く分かります。
体調を整えて大宮でルンルンしてくださいね!
[ 2010/09/19 23:51 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/20 00:31 ] [ 編集 ]
lineさま、こんばんは
鉄道博物館の展示車両の記事を読んでいると「モニター屋根」という言葉がたくさん出てきたので
ついつい気になって調べてしまいました。
お召し編成の中で見られたのですね。

二重になっていると、やはりメンテナンスは大変ですよね。(^^;

schnitzer さま、こんばんは


本当ですね、ずっと座っているとお尻が痛いかも・・。(^^;
可愛い座布団が欲しくなってしまいますね。

今、大宮に行くことだけを楽しみに生きてる・・・←(大袈裟ですが本当・・)そんな感じです。

匿名さま、こんばんは

リンク先を拝見させていただきました。(図録も見ました。)
見ていると、本当に早く行きたくなります。
教えていただいてありがとうございました。m(_ _)m

リンクの件、了解いたしました。
ありがとうございます。
よろしければ私のブログにもリンクさせてください・・。
[ 2010/09/20 21:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

sara

Author:sara
885系・白いかもめ

訪問してくださった方へ
管理人は鉄道に関しての
知識はありませんが
車両の仕組みや線路のことが
知りたくて・・・
このブログで記事を書いています。
何かお気付きの点がございましたら
ご指摘していただけると助かります。 
カンカンカン・・・☆彡  
コメント・・ありがとうございます
FC2カウンター
ブログ内検索

掲示板
       線路の中のちいさな命です。
はやぶさ・・・いつまでも・・・
私の夢・・・はやぶさ

IMG_64132121  12

IMG_6466  12
いつまでも・・・
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。